FC2ブログ
『殺意のエトワール』

GM:菊池たけし/鈴吹太郎/田中信二

【アブソリュート】
PC1:ピアニィ・フェリタニア/大竹みゆ(TRPGサークル「ルティナス」部長)
PC2:アル・イーズデイル/矢野俊策(F.E.A.R.)
PC3:ベネット/大畑顕(F.E.A.R.)
PC4:ナヴァール/鈴吹太郎(F.E.A.R.)

【ファントムレイダーズ】
PC1:ナーシア・アガルタ/小暮英麻(声優)
PC2:カテナ・アウレア/久保田悠羅(F.E.A.R.)
PC3:ゼパ・フリンジコルト/長田崇(F.E.A.R.)
PC4:アンソン・マンソン/菊池たけし(F.E.A.R.)

さて、前代未聞かどうかは知りませんが、別シリーズのパーティー同士がPC戦闘を繰り広げるお話です。……なんか違う気がするけど、まあそんなお話。

要するに、『サガ』第2巻のラストで、ゴーダ伯が「バルムンクの首領はピアニィだ!」と断言して、ピアニィがスゴく悪い顔でほくそ笑んだりするもんだから(挿絵のことね)、ファントムレイダーズがフェリタニアに殴り込みをかけた……と、そういうことです。
で、その前段のお話が第5話で、対決が第6話になるという構成です。

セッション自体は、大竹さんのひとことでシナリオがうっちゃられてしまうという(GMにとっての)悲劇が起きたりと、いろいろあったわけですが、注目ポイントはやはり第6話ですね。

結果は……、まあ一番良い収まりかたかな……とは思います。
ちょろっと気になったポイントとしては、ナーシアの行動原理はあくまでも「ロッシュだけ」なんですよね。彼女が、「メルトランドの王はスリス」と『ブレイク』で繰り返してたのは、「スリスがメルトランド王であるべき」というのではなくて、「スリスがメルトランド王でないと困る」(ヒースから竜輝石を託されたからって、いきなりメルトランド王とか言われても困る)という認識なんですよね。そのへんが自分の中で整理できてなくて、ちょろっと違和感を覚えてました。
結果的には、P.368のナーシアのひと言で納得できたわけですが。

これで、『ブレイク』続刊はしばらくお休み……かな? 場合によっては、無印に取り込まれて、このまま永遠にお休みですね(笑)。

それにしても、第5話、GMとプレイヤーが力を合わせてセッションを作っていくというのは、まさにこのことか……と、感心させられました。こういうリプレイは貴重ですね。

あと気になったこととして、無印以外の2シリーズは、ちゃんとサブタイトルがあるし「ファントムレイダーズ」とか「黄金の狼」というギルド名も認知されてるんですけど、無印のパーティーに「アブソリュート」というギルド名があることを覚えてた人、どれくらい居るんでしょう?(笑) 一般には、「フェリタニア・パーティー」で通っちゃってるし、サブタイも無く『無印』と呼ばれるのも、なんだか寂しい感じがします(笑)。
2009.09.23 Wed l ARA l コメント (0) トラックバック (0) l top
『フレイムレギオン』

GM:鈴吹太郎
PC1:ナーシア・アガルタ/小暮英麻(声優)
PC2:カテナ・アウレア/久保田悠羅(F.E.A.R.)
PC3:ゼパ・フリンジコルト/長田崇(F.E.A.R.)
PC4:アンソン・マンソン/菊池たけし(F.E.A.R.)

ちょっと待て、そんな展開か。面白過ぎる(笑)。

相変わらず、社長はやりたい放題ですなぁ。しかし、バルムンクとしてもそっちの方向に話を持っていくのは筋としておかしくないし、ゴーダ伯の立場的にも願ったりの状況ではあるでしょう。ただ、リシャールの立場は微妙かなぁ。
いずれにせよ、無印第3巻はかなーり面白い展開になりそうです。P.371の挿絵の○○○○(←多大なネタバレを含むので、いちおう伏せておきます)がめっちゃ悪い顔なのが面白いです(笑)。

で、セッションの内容ですが、相変わらず社長のギミックが素晴らしい。モブの使いかたが洒落になってないというか、そのうち1万人とかの軍隊をエネミーで出してくるんじゃないかと思えてきます(笑)。

今回はゼパ様が縦横無尽の大活躍で、こういう力(数)で押してくる敵を相手にする場合は、盾役が本当に重要なんだな……と、あらためて教えてくれるセッションです。
一方で、ナーシアの過去が徐々に暴かれ始めました。彼女もメルトランド王家の血を引いているわけで、正統はあくまでもスリスですが、スリスがフェリタニアに亡命した今となっては、ピアニィとも何らかの形で対峙せざるを得ない状況が近づいてきているでしょう。フェリタニア(正確にはスリスが)がレイウォールに、「メルトランドをやるから旧アヴェルシア領を返せ」なんて言ったもんだから、メルトランド支配を正当化する上で、グラスウェルズにとってフェリタニアとスリスは邪魔な存在でしかない。

そういうわけで、あとがきにもありましたが、無印3巻収録の第6話は、かなり面白いことになりそうですよ!
2009.07.20 Mon l ARA l コメント (0) トラックバック (0) l top
『貧乏姉妹の挑戦』

GM:丹藤武敏
PC1:フレア・コロローナ/妹尾絵美(富士見書房)
PC2:セレネ・コロローナ/藤井忍(ゲームライター)
PC3:ドル・ジャマダル/鈴吹太郎(F.E.A.R.)
PC4:ユーノス・ローリングスター/田中信二(F.E.A.R.)

ARAの新リプレイシリーズです。『サガ』シリーズはアルディオン大陸で展開していますが、『レジェンド』シリーズはエリンディルに戻っての冒険(?)です。舞台がクラン=ベルということで、ほんの一瞬だけどウェルチも登場。それと、『ふぃあ通』でも言ってましたけど、「あの人」が縦横無尽の大活躍です(笑)。

物語は、落ちぶれた元セレブの双子のお嬢様が、借金返済のためコロシアムで戦うというもの。いわゆる「冒険」ではないという点で、これまでのリプレイとは少し雰囲気が異なります。「コロシアム」という場所がら「ルールの下に戦う」という制約がある一方で、その「ルール」が戦闘に通常のセッションでは有り得ない「味」をもたらしている点も面白いです。

一般的なセッションに見られる「情報収集」とか「謎解き」みたいなものは無く、第1巻ではただひたすらに戦うことで物語が進んでおり、あえて言うなら「ストーリーのあるダンジョン攻略」のイメージに近いですね。商業リプレイではやはりドラマ性のあるシナリオが好まれるように思いますが、この『レジェンド』は昔ながらのベタなセッションのノリに近いです。
借金返済……という物語背景はありますが、これはあくまでも「戦う理由」を作るための「ひっかけ」に過ぎず、このリプレイの面白さは各戦闘に仕組まれた様々なギミックにあります。これはもう読んでいただいたほうが早いんですが、なかなかバランス良くなおかつ「楽しい」仕上がりになってます。

ただひとつ気になることとして、とくに会話のスピード感など、文章がセッションの盛り上がりに追いつけてないな……と感じる部分が多々あります。どうにも冗長な表現が多く、このあたりをもう少し整理できると、散りばめられた様々なギミックがもっと生きてくるように思います。
このリプレイ、見どころが戦闘シーンに集中してるので、どうしても余計に気になるんですよね。

それにしても、この双子はどう見ても「あの双子」なんですが、『星を継がない者』でドラマをやるときは、フレアの声はこじまめで決定ですね(笑)。
2009.06.24 Wed l ARA l コメント (0) トラックバック (0) l top
『狼の魂、竜の光』

GM:久保田悠羅
PC:ユンガー/矢薙直樹(声優)
PC:エルザ・ブルックス/吉村清子(脚本家)
PC:ツヴァイ/菊池たけし(F.E.A.R.)
PC:ダイン/遠藤卓司(F.E.A.R.)

なんという格好良さ。『アリアンロッド』のリプレイがこんなに格好良いなんて、まるで『アリアンロッド』じゃないみたいです(笑)。
『アクロス』シリーズは、他2作のようにこれから新しい歴史を作るのではなく、すでにある歴史の裏づけを作っていく形になるので、社長のようなドラスティックな演出はなかなか難しいとは思いますが、その分、地味ながらもしっかり面白い展開になってますね。

矢薙さんは、やっぱりこういうキャラをしっかりやってくれるほうが読んでいて楽しいです。ユンガーに関しては、声は脳内再生ですよ(笑)。

他の2作とは異なり、明確に「主人公」が定義されていない本作ですが、第4話で初めてハンドアウトとシーンプレイヤーが導入されました。とは云え、これは進行を明確にすると云う意味以上のものは見られないので、「4人みんなが主人公」という雰囲気は相変わらずです。私としては、これが『アクロス』の味だと思うので、ここだけは第3巻でも変えてほしくないな……と思ってます。

それにしても、ARAの女性プレイヤーの女性PCはたくましいですねぇ。
ピアニィのたくましさは、ピアニィ自身というより大竹みゆさんの殺意の高さに負うところが大きい気がしますが(笑)、エルザは無印に登場した母親にも負けないくらいのたくましさを発揮してくれています。「ブルックス商会の女」というポジションがたんなる設定だけでなく、キャラとして立ってますね。吉村さんには一度、社長のセッションに参加していただきたいくらいです(笑)。
なんか、この2人とナーシアを比べると、やけにナーシアの影を薄く感じるのは気のせいでしょうか(笑)。これは、『ブレイク』次巻での活躍に期待するしかありません。
2009.05.24 Sun l ARA l コメント (1) トラックバック (0) l top
『最強のフィアンセ』

GM:菊池たけし
PC1:ピアニィ・フェリタニア/大竹みゆ(TRPGサークル「ルティナス」部長)
PC2:アル・イーズデイル/矢野俊策(F.E.A.R.)
PC3:ベネット/大畑顕(F.E.A.R.)
PC4:ナヴァール/鈴吹太郎(F.E.A.R.)

「最強のフィアンセ」って、そういうことかよ。面白すぎるよ、きくたけさん(笑)。
社長が演じたリシャールを、きくたけさんがやるとああなってしまうのか……。さすが、全てのキャラが怪しく、そして死に際にいい奴になるきくたけさんならではの演出です(笑)。

さて、今回は『ブレイク』で起こったメルトランド戦役を、グラスウェルズ側ではなくフェリタニアとレイウォールの視点から描く構成になっています。いやもう、社長の大活躍もあり、アルディオンの地図が変わりまくりですよ(笑)。
この『サガ』シリーズ自体が大規模な戦役を題材にしているおかげで、通常は自分のPC内にしか生かされない社長のダイナミックさが、シナリオを越えて背景世界に多大な影響を与えているという感じです。ここまでできれば、そりゃあ気持ちいいでしょうな。
これから『ブレイク』も含め、社長が突然何を言い出すか、まさに目が離せない状況です(笑)。

あと、今回はなぜかラブコメ展開が多かった。ピアニィとアルはデフォルトとして、ナヴァールも某NPCとの展開に巻き込まれました。まあ、ベネットにはそんな展開有り得ないでしょうが(笑)。

ピアニィの決意(不覚にも泣きそうになりましたw)をアルとナヴァールが上手くフォローしつつ、PCの関係が上手く築かれていく様子が読んでいて楽しいですね。矢野さんの、あえてピアニィが進みたい方向の反対を指し示して大竹さんの決意を誘導するロールプレイが、非常に上手いです。
あとは、そう……。こういう展開になると死んでしまう王子PCの呪いが、アルに降りかからないことを祈るのみ……(笑)。

それにしても、大竹さんはゲーマーですなぁ(笑)。
2009.03.22 Sun l ARA l コメント (0) トラックバック (0) l top
『ルーズ・ソードマスター』

『アリアンロッド・サガ』シリーズ小説版第1巻です。作者である矢野俊策さんがプレイヤーを務めるアル・イーズデイルを主人公に、リプレイの無印第1巻の2か月前に起こった事件が描かれています。
アル以外に、『ブレイク』のPCヒロインであるナーシアが登場し、このあたりでも無印とブレイクの関わりが演出されています。ただ、無印や『ブレイク』の段階ではまだこの小説は出来上がっていなかったらしく、リプレイでの小暮英麻さん(ナーシアのプレイヤー)の言動と設定レベルで一致しない部分があり、このへんは今後のセッションで修正されていくものと思います。

小説としては、少ない登場人物ながら、無印やブレイクとの関係を持たせつつ、物語の中でのアルの立ち位置がよくわかる展開で、なかなか面白かったです。さすが、作者自身が主人公を演じているだけあって、王子がどういう意図を持ってアルを演出していこうとしているかがわかり、ゲーム的にも楽しめる内容になっていると思います。
一方で、ナーシアもまた、英麻さまのプレイスタイルを上手く拾ったキャラに仕上がっていて、このあたりは過去に何度もセッションで競演した王子の観察眼が生きていると感じました。

ただ惜しむらくは、せっかく『アリアンロッド・サガ』という企画を背景にしているわりには「引き」が少なく、敵役となったエーデン伯やバルムンクの物語内での位置づけが不足していて、この小説から入った人をリプレイにまで引き込むには少し物足りないかな……と感じました。
どちらかというとアルを演出することに傾倒していて、「リプレイのノベライズ」の域を出ていないように感じられたのが残念です。もうちょっと、背景説明を丁寧にしても良かったんじゃないでしょうか。

いずれにしても、アルとナーシアの関係性、無印直前のアルの行動が明確になったことで、今後さらに、無印とブレイクがどう推移していくかが気になり始めました。ピアニィとナーシアが「ああいうこと」になってますんで、ここでアルがどう行動するかが、物語を大きく動かす鍵にもなりそうな予感です。
2009.01.01 Thu l ARA l コメント (0) トラックバック (0) l top
『ファントムレイダーズ』

GM:鈴吹太郎
PC1:ナーシア・アガルタ/小暮英麻(声優)
PC2:カテナ・アウレア/久保田悠羅(F.E.A.R.)
PC3:ゼパ・フリンジコルト/長田崇(F.E.A.R.)
PC4:アソソソ・マンンン アンソン・マンソン/菊池たけし(F.E.A.R.)

サガ・シリーズ、第3弾。

社長を筆頭に、各シリーズのGMが結集しました。

無印(いちおう、『ふぃあ通』でもそう呼ばれたましたので)の裏にあたる、グラスウェルズの特殊部隊《ファントムレイダーズ》を主人公にしたストーリーです。ピアニィが、光のあたる表の主人公なら、ナーシアが光のあたらない裏の主人公というところですね(どういう意味かは、本編を読めばわかります)。
また、カテナは『アクロス』でレイウォール側のNPCとして登場し、無印と同じ5年後を舞台にした本シリーズでGM自らがPCとして参加するという演出。今後、シリーズがどうクロスオーバーしていくのか、期待させてくれます。

社長のリプレイを読むのはおそらく初めてなんですが、セッションは派手さは無いけど地味にクレバーな展開ですね。第1話のラス戦闘で、敵側のユニット数が55(モブは1ユニットで換算)って、やろうと思って本当にやってしまうところがさすがです(笑)。文体は、きくたけさんや王子のような派手さが無く、わりと落ち着いた感じですね。
PCの側では、英麻さまが社長GMということで緊張してたんでしょうか、かなり控えめな感じがしました。ナーシアというキャラ自体、例えばカミュラみたいなノリで動くキャラではないので、普通に進めるとこういう感じのプレイになるような気はしますが。

ネタバレになるので細かなことは書けませんが、このあと、ナーシアがどう動くのか、社長がどう動かしていくのかがかなり気になります。こちらの動きによっては、かなり早い段階で直接対決……みたいな話になりそうな予感もありやなしや。
2008.12.23 Tue l ARA l コメント (0) トラックバック (0) l top
『天に月、地に剣』

GM:久保田悠羅
PC:ユンガー/矢薙直樹(声優)
PC:エルザ・ブルックス/吉村清子(脚本家)
PC:ツヴァイ/菊池たけし(F.E.A.R.)
PC:ダイン/遠藤卓司(F.E.A.R.)

サガ・シリーズ、第2弾。

(おそらく)基幹ストーリーになる(と思われる)無印『サガ』(なんと呼称すればいいんだろう? ひとまず「無印」と書きます)とは変わり、5年前を舞台とした物語です。現在の物語も進行している状況で、過去の物語がどうリンクしていくのかが気になるところです。
また、無印と大きく異なる点がもうひとつあり、上に書いたとおり、『アクロス』ではPCの順位付けをせず、個別ハンドアウトも導入していません。無印が基本的にピアニィを主人公とした物語であるのとは異なり、『アクロス』では明確な「主人公」というものが定義されていません(便宜上、ユンガーが「リーダー」という位置にはありますが)。導入部分も、無印が物語の流れでパーティーを組んだのとは異なり、『アクロス』は最初からパーティーが組まれています。
要するに、無印は4人の登場人物がそれぞれに物語を持っていて、その集合体として全体の物語があり、中心位置にピアニィが居るという構造なんですよね。一方の『アクロス』は、4人が「傭兵団(の小隊)」というひとつの統一意志の中に存在していて、シナリオ自体もこの統一意志がどう動くか……で進められているので、ユンガーをはじめとする4人が合わさって「主人公」という形になります。このあたり、見せかたを変えてきた点など、上手いなぁ~……と個人的には思いました。

物語の詳細は実際にリプレイを読んでいただくのが早いと思うんですが、個人的に気になったのは、植田亮さんのキャラデザが非常に魅力的で、エルザが(吉村さんのロールプレイも相まって)必要以上に萌えキャラになっているのが印象的でした(笑)。
あと、矢薙さんのユンガーは、久々の(笑)ヒットじゃないですかね。『白御子』や『あわせみこ』とか『神薙ぐ御剣』あたりのキャラは、きくたけリプレイっぽいおふざけが入っている分、微妙に外しているところがあったんですが、今回は久保田悠羅GMの戦記物というあたりを意識したのか、ユンガーは渋く落ち着いていながらもしっかり存在感のあるキャラに仕上がってます。矢薙さんはたぶん、普通にカッコいいPCをやったほうがハマると思いますよ。

総評として、『アクロス』は無印のような爆発的な面白さは無いんですが、しっかりまとまった読み応えのある内容に仕上がっていると思います。この先、どのように物語が展開していくのか、かなり楽しみになってまいりました。
その一方、次回『ブレイク』は社長GMということで、どんな見せかたをしてくるのか、こちらにも期待したいところです。
2008.10.19 Sun l ARA l コメント (0) トラックバック (0) l top
『戦乱のプリンセス』

GM:菊池たけし
PC1:ピアニィ・レイウォール/大竹みゆ(声優TRPG部部長)
PC2:アル・イーズデイル/矢野俊策(F.E.A.R.)
PC3:ベネット/大畑顕(F.E.A.R.)
PC4:ナヴァール/鈴吹太郎(F.E.A.R.)

サガ・シリーズ、ついに開幕!

内容は、まさに『サガ』を名乗るに相応しい濃さです。400ページ超えは当然でしょう。第2話の濃厚さなんか、今までのリプレイの比ではないと思います。

『ふぃあ通』でも語られていた、「リプレイを読んでから、『アルディオン大陸ガイド』を読んでください」の意味がわかりました。絶対に『大陸ガイド』を先に読んではいけません。第2話エンディングの演出が台無しになってしまいます。社長は、本当にこういう演出が上手いですね!

今回のリプレイで光ったのは、まず私が言いたいのは、社長が放つ華麗な演出の数々。適当な伏線を張ってきくたけさんに無茶振りしたかと思えば、的確な演出でシーンをまとめ上げ着実にセッションを進行していく様は、まさに「みんなのお父さん」です(笑)。とくに第2話のラストは、素晴らしい持っていきかたです。その考えは無かった!
もちろん、すでに『ふぃあ通』でもさんざっぱら語られている“ゲーマー”大竹みゆさんの凄さは、ぜひリプレイを読んでください……という感じです。ひとつ例を挙げるとすれば、力丸乃りこさんは『ルージュ』で「ノエルの設定や演出を詳細に考えて、きくたけさんを圧倒」したわけですが、大竹さんは「ピアニィのデータを詳細に考えて、きくたけさんを圧倒」しました。いや本当、このハマりかたはスゲーのひと言です(笑)。

ついに、サガ・シリーズの開幕となったわけですが、その第1弾である『戦乱のプリンセス』は、期待に違わぬ面白さでした。単純に爆笑した……という意味ではなく、これからの展開を期待させてくれる面白さを持っています。
ピアニィがこれからどうなっていくのか……そして、並行して展開していく『アクロス』と『ブレイク』がどんな展開を見せるのか……。ますます期待がふくれ上がっていくばかりです(笑)。

ところで、相変わらず素晴らしすぎる佐々木あかねさんのイラストについて、2点。
1つめ。爆天童さんの描くベネットに慣れていたせいか、佐々木さんが描く「普通の美少女っぽいベネット」にえらい違和感を覚え、思わず吹き出してしまいました(笑)。
2つめ。331ページのシーンは、ぜひイラストを起こしてほしかったっ!!
2008.08.23 Sat l ARA l コメント (4) トラックバック (0) l top