上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
某所で紹介されていたので、物は試しと一切の予備知識なく読んでみました。タイトルくらいは以前にも聞いたことはあるんですが、中身はこれっぽっちも知りませんでした。

感想……

こんなすげえ魔法少女物、見たことがない(断言)

直後に、最新刊まで大人買いしました(笑)。

Wikipedia見れば概要は書いてあるんですけどね、ちょろっと書いてみます。
主人公は、高田厚志(35) 職業:ボディビルダー。少女でもプリティでもないマッチョが魔法少女に変身して戦うという、出オチとしか思えない設定なんですが、これがまた格別に面白い。
とにかく感心するのは、こうした“ネタ”としか思えない設定や展開が満載なんですが、そのひとつひとつにきちんと裏付けがあるんですよね。「頭に“魔法”って付けたら何でも魔法」みたいないいかげんなノリではなく、世界観に沿った理屈がきちんと設定されているあたり、作者の周到さを感じます。

基本的には萌え系魔法少女ですけど、美少女ばかりを登場させるでなく、要所要所に男性キャラクターを配置するあたりにも好感が持てますし、何より敵キャラ(ニャル子さんw)が人間くさくて楽しい。

ところどころ出てくる厨二っぽい“うんちく”に拒否反応が出る人は居るかもしれませんが、そのへんも含めて、作者の語り口調が読んでいて面白いです。よくある作品だと、ひたすら説明を垂れ流しているだけで終わるんですが、本作は象徴するシーンを挟みながら説明するので、ビジュアル的な説得力も兼ね備えてるんですよね。
世界観がただの“設定”になってしまっている作品も多い中、本作は世界観がきちんと物語の中で意味を持ってます。

ひとつ残念なのは、戦闘シーンの描写に力が入りすぎているのか、ごちゃついてわかりにくくなってることが多い点でしょうか。

世界観の書き込みがしっかりしてるので、たぶん、魔法少女を冠さなくてもファンタジー作品として充分成立します。そこをあえての魔法少女……しかも男にしているあたりは多分にウケ狙いがあるんでしょうが、それがただのネタで終わってないあたりに、作者のバランス感覚の良さが出てる気がします。

お薦めする……にしても、たぶん読む人をかなり選ぶ作品であることは事実なので、積極的に推すということはしにくいです。ただ、少しでも興味があるなら、絶対に一度は読んだ方がいい作品であることは間違い無いです。
スポンサーサイト
2012.01.23 Mon l コミックス l コメント (0) トラックバック (0) l top
新アニメを吟味してる余裕が無いので、マンガについて書いてみる。あんま読んでないけど。

■ハンザスカイ
不良が空手をやる王道マンガ。やっぱ王道はいいね。佐渡川先生の勢いのある筆致が、熱い展開によく合ってる。空手はわりかし忠実で、言ってみるなら熱い『帯ギュ』かな。穂波萌え。ヒロインが先輩というのも良い。

■バチバチ
不良が相撲をやる王道マンガ(あれ?)。「不良が」というのは、やや正確さを欠くかもしれない。主人公以外の描かれかたが細かくて好感。相撲の取り組み自体は非リアル系だけど。

■風の大地
大人のゴルフマンガだけど、うんちくと精神論の応酬なので読む人を選びそう。どうでもいいけど、笠崎さんをそんなにいじめるなよぉ~。・゜・(ノД´)・゜・

■ダイヤのA
不良が甲子園目指すみたいな王道でなく、野球好きが野球をやってるだけの言ってみれば普通の野球マンガ。現代的スポ根って感じかな。それはそれとして、落合サンは、いつになったら本領を発揮するのだろう(思わせぶりに登場したわりに動きが無い)。

■侵略!イカ娘
ネタバレ:イカ娘が可愛い。それが全て。アニメは一部の厨から文句言われてたけど、もはや読むと、イカ娘は金元ボイスで脳内変換される。わりかし良いキャスティングだったと思うけどなぁ。
2011.01.13 Thu l コミックス l コメント (0) トラックバック (0) l top
以前は立ち読み(汗)で読んでたんですが、近くのコンビニが『近代麻雀』を置かなくなってしまったので、小泉ジュンイチローが月に飛び立って以降の展開を知らずにこの第5巻を読みました。

で、感想。

やってくれるぜ、大和田秀樹!先生

本当に、どうやったらこんな発想が出てくるのか。もう全てがおかしい。こんな漫画が描けるのは、世界に大和田先生しか居ないのではないかと本気で思えます。

さらに感心するのは、一連のギャグが単なる思いつきではなく、登場人物たちにまつわる様々な事実や逸話などをベースに、きちんと練り込まれている点なんですよね。
ご本人は「ただの思いつきだよ」とか言いそうなんですが、実際に思いつきだったとしても、社会情勢や歴史に対し常にアンテナを張っているからこそ出てくる発想なんだと思います。そして、こういう事実をネタに結びつけられるあたりが、大和田先生の“天才”なんでしょうね。

というわけで、このマンガは読まないと損します、マジで。
2010.11.23 Tue l コミックス l コメント (0) トラックバック (0) l top
『ムダヅモ』目あてで『近代麻雀』を手に取ったら連載がスタートしてて、「何でもコラボればいいってモンじゃねーだろ」と思いつつ心の中で爆笑してたんですが、アーケード → PSP という流れでのタイアップなんですね。
作画が山田J太さんなので、パッと見はぶっちゃけ普通の萌えマンガなんですが、ひぐらしキャラが教室で平然と麻雀を打ってる光景は、なかなかシュールで面白いです。
しかし、『ムダヅモ』と並べると、『近代麻雀』が何の雑誌かわからなくなってきますな(笑)。

しかし、ただの「ベタオリ」をここまで格好良く描けるのは、世界広しと言えど『ムダヅモ』だけではなかろうか(笑)。
2009.12.01 Tue l コミックス l コメント (2) トラックバック (0) l top
chouka05.jpg

なんか、いろいろ買ってきた。

■ダブルクロス・リプレイ・エクソダス 第3巻
熟読中……。そのうち感想書きます。

■ハヤテのごとく! 第19巻
連載読んでるんで、あえて語ることは無いんですが……。連載のほう、最近、線の描きかたが変わった気がするんですが、気のせいでしょうか。バックステージとかチェックしてないんで、何か環境変えたとかあるのかもしれないんですが。

■センゴク外伝 桶狭間戦記 第2巻
私は、桶狭間は義元にとって不運な(信長にとって幸運な)遭遇戦という立場を取っているので、どのように描かれるのか興味を持っています。いずれにしても、『戦国BASARA』もそうですが、義元が不当に無能に描かれることに対しては、ちょっと眉をひそめてます。べつに、義元に対してはさして興味を持ってないですが……。

■オレとメイドと時々オカン
上の3つを買ったついでに、タイトルが無性に気になったので買ってみた。
で、感想としては……爆笑(笑)。コンセプトは、ひとり暮らしの主人公(男子高校生)の家にやって来た(外見は)萌えっ子メイドロボ。ここまでは、よくあるシチュエーション。でも、性格がオカン(大阪のオバチャン)。単純に「オカンみたいな性格」ではなく、リアルに「オカンの性格をコピーした」という設定なので、生まれる微妙な距離感が面白い。たしかに、そんなメイドロボが居たらいろいろ恐ろしい(笑)。
シチュエーションが特殊すぎるのと、通常のメイドロボ物と違って展開的に「先」が無いので(相手が「オカン」なので当然ですが)、この1巻だけでもネタの捻出には苦労している感があります。面白いけど、1巻で完結というのでちょうどいい分量でしょうね。
2009.04.20 Mon l コミックス l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。