上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
3週目開始が多いので関東地区よりは楽ですが、それでもさばききれてません(汗)。

■前期からの継続視聴(優先度高)
逆境無頼カイジ
CLANNAD -クラナド-
BAMBOO BLADE
キミキス pure rouge
機動戦士ガンダムOO

■前期からの継続視聴(優先度中)
しゅごキャラ!
灼眼のシャナII

■前期からの継続視聴(優先度低)
ハヤテのごとく!
レンタルマギカ

■既定路線(笑)
みなみけ~おかわり~
俗・さよなら絶望先生
ARIA The ORIGINATION

で、すでに12放送枠が確定していて、残りは3放送枠。
『君が主で執事が俺で』と『H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~』は東海地区での放送は無く、衛星で2月放送開始なのでぶっちゃけどうでもいいんですが、9作品のうち3放送枠という厳しい状況になってます(笑)。まあ、優先度の低い作品は、場合によっては容赦無く切り捨てますので。
スポンサーサイト
2008.01.12 Sat l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
0112220234.jpg

『私…涙、あげちゃったから』

ゲーム原作ですが、原作は知りません。

面白そう。なんとなく、『sola』を思い出してしまいました。わりと少ないキャラでお話を回すタイプのアニメですかね。

ヒロインは3人。不思議な雰囲気を持った、「頭が軽くて」飛べそうな乃絵。学校では見せる笑顔を、居候先の眞一郎の家では見せない比呂美。わりと普通な(笑)愛子。ただ、愛子は主人公(眞一郎)の友人(三代吉)の彼女というあたり、この手の作品では珍しい設定かもしれません。

「私…涙、あげちゃったから」という謎の台詞で引いた第1話でしたが、乃絵がどこへ向かって何を目指して「飛ぼう」としているのか、そんな彼女の姿を見て「飛び立とう」とする眞一郎の決意が、このお話のメインテーマになっていくんでしょうかね。
お話に含みを持たせながら、しっかりと方向性を示してくれるあたり、この手の作品としてはきっちりとした第1話ではなかったかと思います。

雰囲気も悪くないし、キャラクターもひと癖ふた癖ありそうで、じっくり見るには面白そうな印象を受けました。とりあえず、新春新番の視聴確定第1号ということで(『みなみけ~おかわり~』『俗・さよなら絶望先生』『ARIA The ORIGINATION』は元々見ていた作品の続編なので、カウントから除外してます)。

西村純二監督の辣腕に期待します。
2008.01.12 Sat l アニメ l コメント (0) トラックバック (6) l top
0112212118.jpg

『はじまりの血』

もうひとつの水樹奈々さんのヒロイン作品。個人的には、もう少し普通に萌え萌えできるキャラが希望なんですが(爆)。

原作はエロゲですが、『ロザリオとバンパイア』と比べればこっちのほうが普通に面白そう。

いかにも嫌いになれる悪役と、戸惑う主人公、そこに現れるヒロインと、この手の作品のテンプレートをきっちり踏襲した第1話でした。こういう作品は、基本をしっかり押さえてくれれば楽しく見られそうな気はします。

ひとまず、次回も継続で。
2008.01.12 Sat l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
0112191809.jpg

『新生活とバンパイア』

えー、これを私にどうしろと?(滝汗)

どうでもいいんだけど、水樹奈々さんがヒロインの作品って、どうしてこうも微妙なのが多いんだろう?(汗々) アニメのヒロイン役って意外と少ないので、多少期待する向きもあるのですが、これはどうなんだろう?
ちなみに、私にとっての水樹奈々さんの最強キャラは、『エレメンタルジェレイド』のシスカです。アレは本当に良かった(笑)。ヒロインじゃないけど。

エロ描写は多少は許すけど、無駄にぱんつ描写が多いのは正直生理的に受付けないです。例えば『いぬかみっ!』みたいに何かひとつ飛び抜けた要素があれば楽しめるんだけど、無意味にシリアスな展開を見るに、そこにも期待はできなさそう。

ストーリー自体のノリは、決して嫌いじゃないんですけどね。むしろ、面白いと思います。ただ、全体の演出パッケージングを見ちゃうと、見るべきところが何も無いなぁ……というところです。何か「もうひとつ」楽しめる要素が無いと、飽きちゃいそうなんですよね、こういう作品って。

次回を見て、評価が変わらないようだったら切り捨てます。
2008.01.12 Sat l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
萌えキャラ認定中:川添珠姫、千葉紀梨乃

0112001125.jpg

『さとりんの決意ともぎゅもぎゅ』

相変わらず面白いなぁ。毎週毎週、本当に心行くまで珠姫と紀梨乃に萌えられる良いアニメです(爆)。

礼美みたいなキャラって、ひとつ間違えるとすごく後味が悪くなっちゃうんですが、ギリギリのところでコミカルに演出して、必要以上にお話にも割り込んでこないので、作品の雰囲気を壊さないむしろバランスのいいキャラになっているように思います。このギリギリかげんが、逆に「味」なのかなぁ……と。

今回は、都の立ち回り(?)のおかげで、無事に聡莉が剣道部に入部しました。まあたしかに、都の台詞はいちいちもっともというか、その言葉のひとつひとつに心を打ち砕かれていく聡莉が面白かったです(笑)。
そうそう、都も、これ以上行くと嫌味なキャラになるよ……という手前のところで、ポロッと普通っぽさというか安心できる一面を見せてくれるので、基本的に好きなタイプのキャラじゃないんですが、だからと嫌いにはなれないんですよね。全般的に、キャラ演出のバランスが非常に良いところが、この作品の面白さという気がします。

お話は、無事に団体戦メンバー5人が揃って、いよいよインターハイ予選。次回は銭湯の話ですか?(笑)

お父さんは心配性(笑)。
2008.01.12 Sat l アニメ l コメント (0) トラックバック (6) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。