上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
0115231644.jpg

『その 笑顔のお客さまは…』

今日は、どんな笑顔に出会えるんだろう……。

灯里を指名した笑顔の婦人・アマランタ。彼女は、灯里の思うままにネオ・ヴェネツィアを案内してほしいという。

でも……

アマランタは、素敵を知り尽くしたネオ・ヴェネツィアの達人。灯里が知っている以上に、ネオ・ヴェネツィアの素敵を知っている。

でも、アマランタは言う。

本当に大切なのは、ネオ・ヴェネツィアを愛し、この地を訪れる人にネオ・ヴェネツィアの素敵をもっともっと知ってほしいと願う心。
そんな心があって、初めて、ネオ・ヴェネツィアの素敵は、本当の素敵になる。

そう……

ネオ・ヴェネツィアの素敵は、ずっとそこにあるんじゃない。
きっと、本当の素敵は、この街を愛する人たちの笑顔が運んでくる。

だから、笑顔の数だけ……ネオ・ヴェネツィアを愛する心の数だけ素敵がある。

ネオ・ヴェネツィア……ここは、笑顔が創り出した奇跡の街……。



いちおう作品テーマをイメージしながら書いてますが、大枠としては、「ネオ・ヴェネツィアの素敵再発見」という感じかなぁ……と。

で、どうでもいいことですが、アマランタの狙いを知っちゃったら、彼女は藍華とアリスのゴンドラには乗れないのかなぁ~……と。まあ、こうして灯里のあとをついてきた2人の姿を見れば、その必要は無いのかもしれませんが(笑)。
スポンサーサイト
2008.01.15 Tue l アニメ l コメント (0) トラックバック (25) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。