上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
萌えキャラ認定中:ラゼル・アナディス

0126234243.jpg

『かくもささやかな子守唄』

今週は普通の話でした。ここで、ラゼルの過去を語る展開。

それにしても、ラゼルは可愛い。髪型とか衣装が毎週変わってるんですが、このあたりも見てて楽しいですねー。作画スタッフも頑張っているようです(笑)。
ラゼルは、ツンデレというより、何か少し違う表現が合うように思うんですが、いいのが思いつきません。

で、最後はいつもどおり最強の3人。このあたりは、勧善懲悪時代劇的展開で良いですね。ただ、結末は物悲しいものでしたが……。

次回はまた、破天荒になるのかな?(笑)
スポンサーサイト
2008.01.26 Sat l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
scryed.jpg

神アニメ、キターーー(゜∀゜)ーーーッ!!

常々、「『スクライド』のDVD-BOXが出たら買うよー」とほざいていたんですが、思わず買ってしまいました(笑)。あとは、すでに発売済みの『おね2』のDVD-BOXも買おうかなぁ~……と画策中。『ハレグゥ』も、出たら買いますよ(笑)。DVD-BOXで持っておきたい作品は、ひとまずこれくらいです。

それにしても、かなみが可愛すぎる(笑)。放送当時は、あんまりそうは感じてなかったんですが。あと、シェリスが無駄にエロい件(笑)。
当時はどちらかというと、水守でした。

つーことで、ぼちぼち見ていくことにします。
2008.01.26 Sat l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
nw02.jpg

えー、まさか2巻も出荷数絞ったの? 発売日に某それ系ショップに行ったんだけど、1本も置いてませんでした……。ちょっとこの状況は異常じゃないかなぁ……。Amazonでもまた、初回限定版なのに次回出荷待ちという状況に(笑)。
受注締めの関係で第1巻の状況を第2巻に反映できなかった可能性はあるので、第3巻からは多少なりとも改善されるとは思うんですが。

さて、とにかく面白いオーディオコメンタリー。
1本目は、きくたけさんと監督、それに矢薙直樹さん。さすがに矢薙さんは、こういうトークの進行に関してはプロですね。全編、矢薙さんペースで話が進みました。矢薙さんの萌えポイントがいろいろとわかって、楽しかったです(笑)。次回のコメンタリーは、英麻さまが登場するようです。
2本目は、きくたけさんと王子、それに英麻さま。英麻さまのテンションが、なんか妙な感じでした(笑)。第3話は、柊が色々と非道い目に遭うお話なので、矢野さんの反応もなんか妙な感じでしたが(笑)。

それにしても、『月刊ナイトウィザード』の4コマ、みかきさんは、くれはの胸をネタにしすぎ(笑)。個人的にウケたのかなぁ(笑)。

リプレイの感想は別記事を立てます(笑)。
2008.01.26 Sat l NW l コメント (0) トラックバック (0) l top
萌えキャラ認定中:石動乃絵

0126002517.jpg

『どうなった? こないだの話』

愛子が絡んできた。しかも、かなりストレート!(笑)

相変わらず、展開も乃絵も掴みどころが無いですなー。

前回は、自己解決していくヒロインたちの中心で眞一郎が右往左往している展開でしたが、今回は乃絵を起点に巻き起こる典型的なラブコメ展開。愛子も参戦の基調で、ますます混迷の度合いが深まっていきそうな予感です(笑)。

現状だと、中心人物であるはずの乃絵だけが、どうにも位置づけが定まらないという、そんな感じになってますかね。ひとりだけ奔放気ままに動いていて、その影響が周囲に及んでいるという流れで、「乃絵の到達地点」がどこになるか……というあたりが、まだまだ見えてきません。たぶん、ここがはっきり見えてくると、物語が一気に展開するように思うんですが。

一方で、乃絵兄が物語に参戦で、少なからずお話にも絡んでくる気配です。こちらの兄も、少し難物のように見えました(笑)。

乃絵が最終的な「答え」を持っているかどうかはわかりませんが、ヒロインだけが「確信」を持って行動しているという構図は、今までにあまり見なかったパターンだなぁ……と思います。
というか、乃絵はヒロインなのかなぁ? そこもまた、判然としないところです。眞一郎と比呂美の物語の中での位置づけがどうなっていくか、このあたりも個人的には気になるところです。

それにしても、乃絵が可愛すぎます。
2008.01.26 Sat l アニメ l コメント (0) トラックバック (5) l top
萌えキャラ認定中:川添珠姫、千葉紀梨乃

0126000227.jpg

『キリノの欠席と予選大会』

紀梨乃の件は、思っていたよりも深刻な展開になりました(笑)。まあ、母親当人はどうということも無く、どちらかというと紀梨乃個人の問題で、このあたりは虎侍の言うとおり鞘子の存在が上手く機能してました。
やっぱ、紀梨乃と鞘子は見てて楽しいですねぇ。鞘子は本当に紀梨乃が好きなんだなぁ……と。

このあたり、おちゃらけた中に上手い具合にシリアスを混ぜるやり口が、『BAMBOO BLADE』流という感じです。演出のさじ加減が、気が利いてて面白いんですよね。

さて、展開は珠姫が敵校の策略にハマり、倉庫に閉じ込められました。まあ、予告ではきちんと復活していたので、どうやって脱出したのか……がちょっと気になりますけど。
いずれにしても、珠姫の正義魂爆発ということで、本気の珠姫が登場するのかもしれません。カッコいい展開になれば嬉しいなぁ……。
2008.01.26 Sat l アニメ トラックバック (9) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。