上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
萌えキャラ認定中:清水雷鳴

『選択』

無関心は、肯定や否定よりも罪。その無関心が、肯定も否定も拒否することで自分を守るためのものなら、さらなる罪。たとえエゴであっても、自分の思いを押し通そうとする宵風のほうが、壬晴よりもある意味で「生きている」のかもしれません。
しかし、宵風の望みが「自分が存在したという過去そのものを消してほしい」というのであれば、話は別かもしれません。それって、一面的には究極の「生からの回避」なんですよね。宵風が気羅を会得した経緯や彼の出自……そのへんを紐解いていくことで、このあたりの謎が明らかになっていくんでしょうけど、そうしたプロセス全てが、壬晴と宵風を「生かす」道になるんでしょうか。

これで実質的には、萬天と灰狼衆、そして壬晴&宵風という対立軸に移っていくことになります。ただこの事実は、虹一や雷鳴にとっては精神的にかなり大ダメージですかねぇ。とくに雷鳴は、山背の件であんなことを言った直後なんで、今バレたら相当なショックを受けそうですが。このへんも波乱の要因になっていきそうですね。

しかし、雪見の兄貴も意外といいこと言いますね(笑)。「お前は言われたことやってりゃそれでいいんだよ」はNG台詞ですが、直後の「生きてようが死んでようが、ここの玄関は開いてるんだ」の下りは気が利いてます。宵風が「気持ち悪い」と洩らすのもわかるというもの(笑)。

今週は転換点というか説明エピソードに近いので、ストーリー的に重要な回ではありますが、演出面ではあまり面白味が無かったです。次回の雷鳴たんの活躍に期待!?(爆)
スポンサーサイト
2008.05.13 Tue l アニメ l コメント (0) トラックバック (12) l top
より快適なライブビュー、手ブレ補正内蔵「E-520」

キターー(゜∀゜)ーーッ! ……けど、5月発売って、えらい急ですね。5月発表、7月発売だと思ってたんですが。
とりあえず白トビに強くなって、かつAWBも安定するということで、E-510の致命的とも言える2点が解消されただけでもかなり魅力的な機種ですが、あんまりにも唐突なので購入はひとまず見合わせます。今春は別のブツを購入する予定なので、夏くらいを考えておこう。

それよりも個人的には、

オリンパス、フォーサーズ準拠の小型軽量超広角ズームレンズ

こっちのほうが気になる存在。梅レンズでやや暗めだけど、これだけ広角だと(私は)風景撮りにしか使わないので、望遠端F5.6もあれば充分。しかも、広角端換算18mmの2倍ズームで280グラムは驚異的。梅レンズでも、オリンパスならパーソナルユースで充分な画質を期待できるので、実売5万円以下なら速攻で11-22mmを売り払って買いだな。きちんと予約しておかないと、速攻で品薄になりそうな予感。
2008.05.13 Tue l デジカメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。