上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『貴方の頭上に光が輝くでしょう』

相変わらずのニヤニヤアニメ(笑)。

五月雨荘のメンツでミュージカル。早くも波乱の予感です(笑)。

主役を買って出た闇絵が相当の音痴で、しょうがないので代役を頼んだら、喜び勇んでやって来た夕乃もかなりの音痴。しかし、夕乃って恐いな(笑)。見た目どおりに腹黒そうです(笑)。
で、闇絵は一念発起して、見張り中の弥生まで巻き込む始末。弥生はかなりノリノリでしたが、見張りばかりでストレスが鬱積してそうなので(紅香が真九郎の肩を持つことにも不満を持ってますし)、良い発散になったかもしれません。

で、全ては紅香が仕組んだ狂言でした。ストレス発散という点では充分な効果を発揮したようですが、紅香自身に血相を変えて乗り込ませるほどノリノリだったというのは、ある意味嬉しい誤算だったかもしれません。

ストーリーも含め、今週は力いっぱい息抜きしたという感じです。蓮丈もちょろっと登場しましたが、なんか和んでましたし(笑)。

ああ、あと、銀子は眼鏡かけてないほうが良いです(笑)。

今週は、作画がかなりアニメアニメしてたかな? 『紅』の今までの雰囲気からすると少し浮いてるようにも思えますが、ストーリーの雰囲気と合わせて考えるとわりといい感じだったかも。次回は後藤圭二さんが作画監督ということで、ちょっと期待。
スポンサーサイト
2008.05.15 Thu l アニメ l コメント (0) トラックバック (5) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。