上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『黒血の恐怖 ~クロナの中に武器がいる?~』

相変わらず、顔の恐いアニメだなぁ(笑)。

前回のお話でキッドも正式に合流して、物語はここからが本番というところでしょうか。

今回の敵は、体内に武器を持つ(職人であると同時に武器であるというわけではなく、全身の血を武器に入れ替えたということでしょうか)クロナ。坂本真綾さん。全然わかりませんでした(汗)。
背後に居るメデューサがクロナを「そうした」んでしょうけど、目的や狙いは次回以降ですね。シュタインが気づいているようなので、なにがしか過去に因縁のある相手なのかもしれません。

さて、クロナと戦うマカですが。戦闘シーンは、相変わらずカッコいい。もう少し画面カットに凝ってほしいなぁ~……と思うところは何点かありましたが、スピード感や動きの独特さは見ていて楽しいです。
ラグナロクを受け止めるとソウルがダメージを負うから、クロナの攻撃を受け止めることができない。このへんの思考は、やはりまだまだ未熟というか、「信頼」の方向性を少し違っているような気がします。その意味でも、この結末は当然としか言いようがないのかもしれません。しかし、第7話にしていきなりクライマックスですな(笑)。
それはそれとして、「その扉は内側に開く」の意味に、最後の最後まで気づきませんでした……(滝汗)。なるほど、そういうことだったんですね。

で、次回はシュタインが颯爽と登場。武器は、デスサイズですか? これは楽しみかも。
スポンサーサイト
2008.05.19 Mon l アニメ l コメント (0) トラックバック (15) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。