fc2ブログ
『貴方と私と』

やはり、ニヤニヤアニメではなくなってしまいました……。

真九郎は、なんで「角」を使わなかったんでしょう? 「いずれ見せてしまうことになるかも」と言いつつも、紫の前で「角」を使うことにためらいを感じたんでしょうか。単純に「紫に見られたくない」というのとは、少し違うのかもしれません。
強くなるために「角」を手に入れたけれど、昔の夢ばかりを見る……まるで強くなれない自分に対して、「恐れ」のようなものを抱いているのかもしれません。強くなるために「角」を手に入れたはずなのに、本当は「角」を使うことで強くなれなくなっているのではないか……と。
でも、真九郎が本気で紫を助けたいと思うならどんな力であれ使うべきだし、それを使えないというところに彼の弱さがあるのでしょう。あるいは、真九郎には、紫を「守る」ための「強い」存在でなければならない……という、そんな考えがあるのかもしれません。なので、連れ去られるのが紫でなかったら、彼はためらうこと無く「角」を使っていた可能性もあります。だとしたら、真九郎にとって「紫」という存在は、じつは少し大きすぎたのかもしれません。それすなわち、ここが真九郎にとっての正念場。これを乗り越えられれば、真九郎は本当の意味で強くなれるように思います。

で、紫はこのまま連れ帰られてしまうようですが、救いとしては、蓮丈が紫の幸せを願っていること……でしょうか。そのあたりに、紅香も期待はしているようですね。彼が「その気」になってくれさえすれば、少なくとも「紫」を変えることはできるのかもしれません。
尤も、物語の上で「紫を変える」のは真九郎の役目であり、蓮丈が関わるとしても「最後の最後」になるでしょうけど。ただそのとき、蓮丈がどんな顔をしているのか、個人的には少し気になります。

次回の真九郎は……ちょっとダメ人間ですかね(笑)。一方で、「逃亡」ではなく「奪還」というのは、これはこれで燃えるシチュエーションかもしれません。……と、そんな展開を予想&期待しつつ、次回を待ちたいと思います。
スポンサーサイト



2008.06.05 Thu l アニメ l コメント (0) トラックバック (5) l top
『甘いご奉仕 谷間の中に』

いったい誰が、あのキャラに皆口裕子さんをあてようと言い出したんだろう?(笑) これはこれで楽しそうな仕事だなぁ~……と思ってしまいました。皆口さんの勢いが、たまらなく素晴らしかったです。

普段は感想書いてない作品ですが、今週は、思わず感想を書いてしまいたくなるくらいに面白かったです。この作品は、ノリは好きだけどネタはあまり好きではない……という感じだったんですが(基本的に乳ネタが好きではない)、今週くらいに飛ばしてくれると純粋に楽しめます。つか、アレが皆口さんだということにショックを受けたというのが、かなり大きいんですけど(笑)。

それと、コガラシの「おんぱおんぱおんぱ……」はかなりウケました(笑)。
2008.06.05 Thu l アニメ l コメント (0) トラックバック (1) l top