fc2ブログ
『恐怖に負けない勇気 ~マカ=アルバーンの一大決心?~』

エルカは、福圓さん。一瞬、大谷育江さんと聞き間違えました……。

桑島さんの悪い声、いいなぁ~。桑島さんの悪い声は、本当に悪そうで良いです(笑)。

さて、メデューサが本格的に動き出しました。そのメデューサの動きを牽制したというか、あからさまにケンカを売ったエルカのへたれっぷりに笑いましたが(笑)、とりあえずしばらくはメデューサにこき使われるのかな? まあ、中盤になったらあっさり殺されてそうですが。
“魔眼の男”という者を引っ張り出すようで、エルカの反応からして相当にヤバい存在なんですかね。それでもメデューサは、「試したいことがある」程度の物言いなので、あるいは黒血の混じったソウルをかなり重要視しているということなのでしょう。ソウル自身が、かなり危険な存在になりつつある……ということですか。

一方で、シュタインはどこまで気づいてるのかなぁ~……と。メデューサに対して牽制ともとれる物言いでしたが、少なくともメデューサを警戒させるには充分な対応だったかと。しかし、気づいているとしたら、メデューサにソウルを診させていることに対して何らかの(物語演出上の)アクションがあると思われるので、このへんの判断はちと難しいかもしれません。

いずれにせよ、メデューサvs.シュタインといったあたりの駆け引きから、マカ&ソウルの成長まで、それぞれがそれぞれに動き出したという感じです。かなり面白くなってきました。

ところで、ブレアは完全にマカの家猫状態ですか?(笑) 相変わらず、ソウルにちょっかいは出してるみたいなんですが……。
スポンサーサイト



2008.06.24 Tue l アニメ l コメント (0) トラックバック (5) l top