上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『関羽、黄忠の企みを阻まんとするのこと』

なかなか良い痛快娯楽時代劇のノリになってきましたねぇ~(笑)。あそこで素直に黄忠の言うことを信じるあたりが、よくある娯楽時代劇という感じで非常に気に入りました。

尚香はリアルに女性なので、やはり戦闘はしないんですね。しかし、尚香が脱ぎ始めて、それに注目する賊というのも、なんか妙にシュールで面白かった(笑)。通常なら関羽(居れば趙雲)の役割という感じがしますが、このメンバーでは今回の配役以外は有り得ませんねぇ。趙雲に言いくるめられて関羽が頑張る場面というのも、面白そうなのでぜひ見てみたいところではあるのですが(笑)。
そういえば、女性がそのまま女性として登場したのって、尚香が初めてですか。

お約束の展開と定番のオチという感じで、いい具合にパターンが作れてきていると思います。こういうベタやマンネリを嫌う人も居るかもしれませんが、「痛快娯楽」という点を重要視するなら、非常に良くできた作品だと思います。単純なドタバタでもなく、ギャグ一辺倒でもない。人情味的な要素をしっかりと演出しつつ、ギャグとコメディーをバランス良く織り込んだ、まさに「痛快娯楽」作品だと思いますよ。
このノリであれば、たぶん2クールあっても面白く見られます。正直、1クールというのは寂しい感じもしますね。

シリーズとしては折り返し地点を過ぎてしまいましたが、これからも変わらず応援していきたいと思います。これ、DVD買っちゃおうかな(笑)。

そういえば、前話から登場の華蝶仮面って、思いつきで出てきたキャラじゃなくて、スピンアウトでそういう展開があるんですね。しかし、趙雲は、なんでわざと合流しないんでしょうか。まあ、たいした理由は期待してないんで、どうでもいいんですけどね(笑)。
スポンサーサイト
2008.08.30 Sat l アニメ l コメント (3) トラックバック (5) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。