上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2008年度となって半年ということで、上半期を振り返ります。対象は、2008年4月1日~2008年9月30日に東海地区で受信可能な地上波・衛星波で1話以上が放送された週連続アニメです。今回の対象は、上半期で放送が終了した作品のみです(10月1週目までに放送終了するものは、上半期分として扱います)。10月以降も継続して放送される作品は、下半期に総括します。

■途中まで観て切った作品
『我が家のお稲荷さま。』『ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~』『ゴルゴ13』『絶対可憐チルドレン』
いちおう作品数飽和のためなんですが、いずれもなんか途中で飽きてしまいました。『絶チル』は、演出手法そのものに飽きが来たという感じ……。『ハヤテ』の第2期が心配です(汗)。

■とりあえず観た
『ヴァンパイア騎士』
ほちゃの魔力(汗)で、なんか最後まで惰性で見てしまった……。

『あまつき』
ちょっと淡々としすぎた感じで、実際には途中で飽きてきてたんですが、かなり終盤になってからだったんで、勢いで最後まで見ました。その程度です。

『マクロス FRONTIER』
これって実際には、シェリルの物語だったんですかね。最終回間際の作りは、シェリル視点でアルト×ランカを描いたという感じで、完全にシェリル主人公でした。話の好みという問題から個人的な評価は低いですが、展開の持っていきかたは面白いと思いました。最後のランカとシェリルが一緒になって歌うところとか、上手い締めかたですね。

『隠の王』
最初は面白かったんだけど、途中から壬晴と宵風が鬱陶しくて……(滝汗)。そういう青臭さを楽しむ作品だとは思うんですが、個人的にはあまり面白いとは思えませんでした……。

『乃木坂春香の秘密』
まあ、よくあるラブコメということで、特筆すべきことはあまり無かったです。

『アリソンとリリア』
気づいたら最後まで見てました。途中、切ろうか切るまいかかなり悩んだんですが……。そこそこだった……ということで。

『仮面のメイドガイ』
まあ、コメントにも困る作品ですな(汗)。きゅいんきゅいん。

『スレイヤーズREVOLUTION』
やはり、『スレイヤーズ』の魅力を語るに、1クールでは短すぎます。面白くなってきたかな……というところで、(構成面でも演出面でも)消化不良のまま終わってしまった感じで、かなり不満が残りました。往時のイメージを残したままアニメ化してくれたことに対しては、文句無く評価したいのですが……。


■面白かった
『紅』
面白かったというより、紫をひたすら愛でることに意味のある作品だったのかもしれません(笑)。

『鉄腕バーディー DECODE』
存外に面白かった。原作(あと、『パトレイバー』以前に連載していたやつ)をちょろっと読みましたが、上手い具合に設定を引き継いで構成されてましたね。ゆうきまさみ色がかなり薄まってましたけど、それを差し引いてもよくできた作品だったと思います。

『しゅごキャラ!』
歌唄がイースターから離脱して以降の展開が低調でキツいんですが、そこまでの流れは面白かった。後半かなり失速したので、10月以降、見続けるかは少々難しいところなんですが……。

『コードギアス 反逆のルルーシュ R2』
終盤の展開の無理無理さかげんに一時はどうなることかと思ったんですが、上手くまとめたと思います。「討っていいのは、討たれる覚悟のある奴だけだ」という台詞が、まさにこの作品を象徴していた感じですね。『DEATH NOTE』のライトと比較されることもあるルルーシュですが、この1点において、ルルーシュはライトを確実に凌駕していたということでしょう。両作の結末を比べれば、自ずとわかることではありますが……。

『夏目友人帳』
地味によくできた作品でした。淡々とした展開ながら、エピソード毎に話のポイントを変えつつ、飽きさせない構成になっているところが面白いですね。ひたすら名前を返していくだけ……の話だったら、たぶん5話くらいで飽きていたと思います。第2期も期待してます。

『恋姫†無双』
見た目は派手でも(笑)、意外と中身は地味によくできた作品です。『三国志』をベースにして、「痛快娯楽時代劇」と「新喜劇」に「萌え」を加えると、こういう作品になるということでしょう。「萌え」部分に目を奪われるとたぶんキツいんですが、構成や演出をきちんと楽しめると、意外とよくできた作品であることがわかると思います。


■名作
ありませんでした。


『狂乱家族日記』『RD 潜脳調査室』『ひだまりスケッチ×365』は、東海地区では放送がまだ終了していないので、下半期に回します。
スポンサーサイト
2008.10.05 Sun l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
『わが拳は天のため!』

原作未読。

存外に面白かった。私自身、ダイレクトに『北斗の拳』世代ですが、バットとかリンみたいな子供が居なくなって、ひとまず登場人物がひととおり大人で揃っているあたり、少年誌向けだった設定をきちんと青年誌向けにリファインしてるんだなぁ~……と。当時の読者なり視聴者なりも大人になっているわけで、そのへんを上手く変えてきてますね。(作品カラーが往時と違って見えるのは、そのへんの問題だと思います)
描写もまずまず。作画について批判的な意見もちらほらと見られますが、あまりに本質的じゃない。

で、世のblogを見るに、「なんでラオウが内海さんじゃなくて宇梶さんなんだ?」という意見もあるんですが、なんという短絡的な意見……という感じです。だって、内海さんだと(声質も相まって)「ケンシロウの仇敵として君臨するラオウ」というイメージが強すぎて、この作品に登場する「まだまだ青二才」っぽいラオウには馴染まないだろうと、なんでイメージができないのか……と。宇梶さんが正解かについては言及しませんが(個人的には、決して悪くないと思うんだけどなぁ~)、少なくとも内海さんは正解じゃないと思いますよ、私は。
2008.10.05 Sun l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
『天使再臨』

ひとまず、驚いたことが3つ。

なんで、ルイスが連邦でモビルスーツに乗ってるの? いくらなんでも……という展開に、まず驚いた。沙慈が乗ってるんだったら、まだわからんでもないんだけどなぁ~……という感じ。

あと、白鳥哲さんが普通のキャラをやってることに驚いた(笑)。谷口監督だと確実に「変人」を演じることになるので、このキャスティングは逆に新鮮でした。

それはそれとして、成長したソーマがめっちゃいい感じになっていて驚いた(笑)。以前のギラギラした目つきが柔らかくなって、大人になったという感じですね。しかし、「例の件」って何だっ!?

でまあ、展開がいろいろあったわけですが……

自分が乙女座であったことを、これほど嬉しく思ったことは無い

この台詞に全て持っていかれました(笑)。台詞に存在感が有り過ぎだよ、仮面で顔を隠してもその存在感は消せないよ、グラハム・エーカーっ!!(笑)
2008.10.05 Sun l アニメ l コメント (0) トラックバック (5) l top
ようやくLv11になれました。集中して遊ぶ時間が無いので、なかなか進みません。コントローラーが壊れそうで心配なんですが(汗)、まだまだ頑張ります。

Amazonのカスタマーレビューでも大絶賛の本作ですが、ゲーム進行の切れ目がはっきりしていて、1ダンジョンをだいたい10~20分くらいでクリアできるので、アクションRPGながらゲームする時間があまり無い人でも遊びやすいんですよね。
操作性、スピード感、難易度……etc.、どれを取っても申し分無し。本当に、ファルコムのアクションRPGにはハズレが無いです。アクション苦手な私が買って遊んで「面白い」と断言できるんだから、その面白さに偽りはありません。『ぐるみん』の続編か、あるいはああいうぐりんぐりんな3DアクションRPGがまたファルコムから発売されたら、迷わず買いますよ。

とりあえず、ピピロに再会できたので嬉しかった(笑)。相変わらずのやる気無さっぷりがたまりません(笑)。

アルウェンの可愛さは異常。いや、マジで。
2008.10.05 Sun l ゲーム l コメント (0) トラックバック (0) l top
『クロガネと少年』

原作未読です。

『ロミオ×ジュリエット』以来のCBC制作アニメですな(『のらみみ』もありますが、見てない)。その前の『ウィッチブレイド』とか『砂ぼうず』とか、GONZOと組む作品ばかりですね。佳作が多い枠ですが、今回は久々の原作モノ(『ウィッチブレイド』は実質的にアニメオリジナル作品)ですが、はたしてどんな作品になるのやら。

ヘタレ主人公がヒロインと出会って成長していく……という展開も、さすがに食傷気味だなぁ~……と思ったら、主人公がいきなりやる気になった(笑)。展開早っ!
ただ、ヘタレではあるものの、安寧を求めていたわけではなく力を欲していたという点で、力無き者が力ある者に生まれ変わったことで発生する歪みのようなものを、物語の中で上手く昇華できれば面白くなるかなぁ~……と思います。あとは、浩一がすでに「死んだ」という点で、あまり鬱展開にならないことを祈るばかりです(笑)。

なんとなくやる気の浩一がカズマに見えなくもないわけですが(作画的に)、鬼門の巨大ロボット作品ではあるものの、それなりに面白くは見られそうな感じです。
2008.10.05 Sun l アニメ l コメント (0) トラックバック (16) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。