上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『灼熱の暴走特急! ~大魔導師が残した魔道具~』

物語は少しずつ核心へ。でも、マカ(主人公)は登場しない(笑)。

物事は基本的に周辺で動いていて、マカは要所要所で押さえにかかるという感じですね、今のところ。現時点では、「周辺」の人たちに比してマカとソウルの実力が圧倒的に足りてないので、仕方の無いところかもしれません。
しかし、少年格闘系だと主人公がインフレ的に強くなっていく作品も多い中、本作は上手く強さのレベル分けを演出できていると思います。

で、今回はキッドが活躍するお話。
シュタインやメデューサがメインで登場すると笑いの要素がほとんど無く、あっても「笑えない冗談」ばかりなんですが(笑)、キッドやマカがメインになるとしっかりギャグ要素を盛り込んできますね。キャラクターの年齢や立場を意識した演出に好感できます。
魔道具を巡っての三つ巴の戦いは、キッド(死武専)×フィッシャーキング(アラクネ)×ミズネ(メデューサ)という構図になりましたが、基本的にミズネは様子見に送られただけという感じでしょうか。
そして、キッドが魔道具に見た死神様の刻銘。直後に登場したシドの言動といい、死神様やシドが何かを隠しつつ動いているのは間違いありません。一方で、図書館から持ち出されたエイボンの資料は、どうやらメデューサの手に渡っている様子。シュタインだけでなく、キッドにもメデューサの影が忍び寄っているようです。

キッドにとっては、最も信頼できるはずの父親に対する疑念が浮かび、さらにメデューサもエイボンに何らかの興味を抱いているということで、なかなかいい感じで精神的に追い込まれているかもしれません(笑)。尤も、キッドは自分の意志で行動できる力を持っているので、大きなマイナス要因にはならないと思いますが……。逆に、暴走してしまうかも。
スポンサーサイト
2008.10.27 Mon l アニメ l コメント (0) トラックバック (7) l top
というわけで、最右翼の東芝NB100をチェック。

外観は良。作りにも不安は無い。グレアパネルは思っていたほど映り込みは気にならず、I/Fの配置も既報どおり非常に取り回しやすいと思う。
キーボードは、思っていたより打ちにくいかも。タッチは悪くないけど、やはりキーピッチの問題。他の8.9型液晶を採用した機種は、左右にわざと余裕を持たせてキーピッチを確保してたりするんだけど、NB100はきっちりコンパクトに作ってあるので、キーピッチに回せる余裕が無いんですよね。せめてあと1.5センチくらい左右に余裕があれば……という感じなので、非常に残念。Enterキーがかなり押しにくいと感じました。

結論としては、うーん……という感じ。悪くは無いけど決め手に欠ける。ひとまず、エプソンダイレクトが11月に発売するやつを待ってみるかなぁ~。
2008.10.27 Mon l PC/スマートフォン l コメント (0) トラックバック (0) l top
とりあえず撮ってみました。
最初の撮影でISO200に設定して、そのまま戻すのを忘れてたので全部ISO200です。

seki01OLYMPUS E-520
ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
ISO200 9mm F4.0 1/6秒 -1.0EV
関宿(三重県亀山市)


歪みねぇな!(笑) この価格のこの焦点距離でこの歪曲なら、充分許容範囲でしょう。

seki02OLYMPUS E-520
ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
ISO200 9mm F5.6 1/640秒
関宿(三重県亀山市)


日本間のように狭い範囲を直線だけで構成した被写体だと少し歪みが気になりますが、こういう構図ならほとんどわからない。真っ直ぐのものが真っ直ぐに写る喜びを感じられます。

seki03OLYMPUS E-520
ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
ISO200 9mm F5.6 1/500秒
関宿(三重県亀山市)


パースを付けずに撮ってみる。

seki04OLYMPUS E-520
ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
ISO200 18mm F5.6 1/320秒
関宿(三重県亀山市)


マクロ性能も充分。かなり寄れます。

何より、軽いのが嬉しい1本です。こないだ処分した11-22mmは良いレンズなんですが、何より重いのが難点で、スナップ写真が基本の私としてはそれだけで使用頻度が下がってたんですよね。9-18mmにもいろいろと(発売前から)文句を付けている人も居るみたいですが、E-420なんかと組み合わせて手軽に広角撮影を楽しめるという点では、非常に価値の高い1本だと思います。
2008.10.27 Mon l デジカメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。