上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『略奪の梟雄!双竜月下の真剣勝負』

なんか、えらくカッコ良くなってきました。小十郎、半端無くかっけえ。この忠誠心はたまりませんねぇ。主君を思うからこそ、容赦無く主君を叩きのめす。政宗も、今の俺を止められるなら……という想いで剣を振るったのかも。
戦場での決闘より、こういうぶつかり合いのほうが個人的には大好きです。小十郎が政宗を叩き伏した瞬間は、「ぶっとび感」以外の点で、『戦国BASARA』の中で最高に面白いと思えるシーンでした。

あと、信玄も相変わらずかっけえ。今まで、幸村を殴りつけるのはギャグっぽい演出も含めてだったけど、今回はマジ殴りでした。こうなってくると、かすがひとりが空気読めてない感じが……(笑)。
スポンサーサイト
2009.05.14 Thu l アニメ l コメント (0) トラックバック (17) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。