上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『微熱』

演出のほうは、いよいよ本気モードに入ったというか、透華が絡むとノリが変わるので映像的にも面白いですねー。
ただ、対局は原村和オンステージという流れで、透華は完全に空回り。風越はキャラ的に見ても全くフィーチャーされない感満載で(笑)、鶴賀に至っては居るのか居ないのかさえわからない状態。東横桃子って、ひと言しか喋ってないんじゃないですかね(これでギャラは一緒w)。
ただ、大将の言動や次回予告を見るに、鶴賀は次回で何かをやってくれそうな感じです。ネタの仕込みが周到というか、イロモノキャラを集めたチームという感じでしょうか。後半戦で、鶴賀が和や透華のペースをどう乱すのか、あるいは和がいかに対処するのかが楽しみです。透華はきっと和に気を取られすぎて対処しきれず、龍門渕のひとり負け……という展開が、一番ありそうですかね。そのほうが、衣登場に対する引きとしても面白そうなので。

百合が多過ぎなのとエロ描写についてはもはやいちいち語るのも疲れるんですが(汗)、優希のぱんつが見えないのはかなり不思議です(笑)。
スポンサーサイト
2009.06.30 Tue l アニメ l コメント (0) トラックバック (5) l top
『海の心 空の心』

夏新作第1弾。佐藤順一監督作品ということで、期待の一作ではあります。

声のイメージなんですが、過去の役柄とかから普通に考えると、堀江由衣さんがマリンで阿澄佳奈さんがウリンというのが一般的な気がするんですが、逆パターンだったのが個人的にはちょっと面白かった。これはこれで、とても良いです。

さて、中身のほうなんですが……。うーん……。正直、ストーリー的には第1話として見るべき点がほとんど無く、演出だけで乗り切った……という印象です。第1話から受ける全体イメージとして、これを面白く作れる監督って、ほとんど居ないんじゃないかなぁ~……と。

どこかで化けてくれるといいんですが、淡々と見続けるにはちょい厳しいかな……というところです。
2009.06.28 Sun l アニメ l コメント (0) トラックバック (4) l top
『貧乏姉妹の挑戦』

GM:丹藤武敏
PC1:フレア・コロローナ/妹尾絵美(富士見書房)
PC2:セレネ・コロローナ/藤井忍(ゲームライター)
PC3:ドル・ジャマダル/鈴吹太郎(F.E.A.R.)
PC4:ユーノス・ローリングスター/田中信二(F.E.A.R.)

ARAの新リプレイシリーズです。『サガ』シリーズはアルディオン大陸で展開していますが、『レジェンド』シリーズはエリンディルに戻っての冒険(?)です。舞台がクラン=ベルということで、ほんの一瞬だけどウェルチも登場。それと、『ふぃあ通』でも言ってましたけど、「あの人」が縦横無尽の大活躍です(笑)。

物語は、落ちぶれた元セレブの双子のお嬢様が、借金返済のためコロシアムで戦うというもの。いわゆる「冒険」ではないという点で、これまでのリプレイとは少し雰囲気が異なります。「コロシアム」という場所がら「ルールの下に戦う」という制約がある一方で、その「ルール」が戦闘に通常のセッションでは有り得ない「味」をもたらしている点も面白いです。

一般的なセッションに見られる「情報収集」とか「謎解き」みたいなものは無く、第1巻ではただひたすらに戦うことで物語が進んでおり、あえて言うなら「ストーリーのあるダンジョン攻略」のイメージに近いですね。商業リプレイではやはりドラマ性のあるシナリオが好まれるように思いますが、この『レジェンド』は昔ながらのベタなセッションのノリに近いです。
借金返済……という物語背景はありますが、これはあくまでも「戦う理由」を作るための「ひっかけ」に過ぎず、このリプレイの面白さは各戦闘に仕組まれた様々なギミックにあります。これはもう読んでいただいたほうが早いんですが、なかなかバランス良くなおかつ「楽しい」仕上がりになってます。

ただひとつ気になることとして、とくに会話のスピード感など、文章がセッションの盛り上がりに追いつけてないな……と感じる部分が多々あります。どうにも冗長な表現が多く、このあたりをもう少し整理できると、散りばめられた様々なギミックがもっと生きてくるように思います。
このリプレイ、見どころが戦闘シーンに集中してるので、どうしても余計に気になるんですよね。

それにしても、この双子はどう見ても「あの双子」なんですが、『星を継がない者』でドラマをやるときは、フレアの声はこじまめで決定ですね(笑)。
2009.06.24 Wed l ARA l コメント (0) トラックバック (0) l top
『目醒め』

何というか、過去とか因縁とかあるキャラは、試合もしっかりと演出されますなー(笑)。まこの扱いがかなり軽いんですが、まあ、まこは人気が出ちゃいけない役どころなんでしょうね。優希は、いわゆるマスコットというやつですし。

前回からの「引き」のわりには、あっさりとした展開でした。中堅戦後半戦は、結局波風立たずに終わったということで、見ているほうもやや拍子抜けでしょうか。
美穂子と久については、美穂子が一方的に久に対して思いを抱いているという感じで、久のほうはもう完全に忘れているといった様子。これが、今後の展開に影響してくるのかなぁ~……というところは、ちょっと判断しかねますかね。

衣のほうは、和とお友達になる作戦が完全に失敗して、かなり傷心の様子。この影響で、衣がどう化けるかが気になるところですが、大将戦で「そういう展開」になるのかなぁ~。それは、ちょっと安易すぎるかも……とも思いますが。はたして。

試合は、華菜はどう見てもキャラ的に「カラ回り」したり「ワリを喰う」タイプなので(笑)、正直、大将戦で彼女が勝つ要素が見えないんですよね。そういう意味でも、風越はここで終わりかな……と。最終的に清澄と龍門渕の戦いになるのは展開上わかりきってるんですが、ここに鶴賀が絡んでくるのかな……というあたりが、けっこう気になっていたりします。

それにしても、ラストで試合会場に咲が飛び込んできたときに起きたどよめきは、どう見ても「悪意あるカメラアングル」に対する歓声にしか聞こえませんでした(爆)。実際に、あんなアングルで大画面に映ったらどよめくわ(笑)。
2009.06.23 Tue l アニメ l コメント (0) トラックバック (2) l top
普段感想を書いてない作品について、気になったことをちょろっとずつ書いてみます。

■ハヤテのごとく!!(第11話まで視聴)
世の中的には12話まで進んでるみたいですが、東海地区はまだ11話。
第1期シリーズと違い、丁寧に(ときには軽快に)原作を拾っていってくれるので、かなり安心して見てられますね。第1期シリーズの、スタッフの自己満足としか思えない演出ぶりから比べると、雲泥の差と言えるくらい良いデキです。原作ファンとしては、原作の良さがちゃんとアニメで表現されてるのが嬉しいです。第1期はねぇ……、もう思い出したくもないくらいですわ。

■東のエデン(第10話まで視聴)
『TOKYO WAR』かと思った……(汗)。まあ、『東のエデン』の面白さはそういう作品背景ではなく展開ギミック(ストーリー演出技法)にあると思ってるので、あまり気にならないんですが。あの台詞には、ちょっとビビりました(笑)。

■けいおん!(第9話まで視聴)
世の中的には最終回を迎えたようですが、BS-TBSな私はまだ9話。
根本的に、好きだけどさして面白いとは思わない作品で、こいつがなんで世の中で一大ムーブメントを巻き起こしてるのか、じつはよく理解できてないわけです(汗)。
で、第9話なんですが、今まで「箱庭」でのんべんだらりとやってたところに、無理から「いいお話」を突っ込んだもんだから、非常に気持ち悪いエピソードになった……という感じですね。マトモなストーリー作品ならいざ知らず、こういう「箱庭」を舞台にした(コメディー)作品で、作品が自ら「箱庭」の良さを語るのは、マスターベーションに近い行為ですよ。
とまれ、あずにゃんが可愛いので普通に見続けますが(笑)。(つか、個人的には豊崎愛生さんの演技目あてなんですが……)
2009.06.23 Tue l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
『日ノ本ビッグバン』

GM:田中天
PC1:天野真弓/水野暁子
PC2:イクフサ/細野君郎
PC3:山住浄ノ進/矢野俊策
PC4:霧隠才蔵/中村知博

ギャラクシー布武!!

いやもう、天さんの「天才」には嫉妬します(笑)。

根幹のストーリー「だけ」を見れば、非常に印象的でカッコいい展開を見せるんですが、その周辺に散りばめられたギミックが全てを台無しにしてる感じでしょうか(笑)。
細かいことを書くとネタバレになっちゃうんで、注目ポイントにもほとんど触れられないんですが、これを読んでしまうと、『戦国BASARA』の破天荒ぶりさえ可愛く見えてしまうんだから不思議です(笑)。

第1巻でも書きましたが、この面白さは解説不能。とにかく読んでください。
2009.06.23 Tue l DX l コメント (0) トラックバック (0) l top
世のblogを見てやはり思うんですが、E-P1を見て「ファインダーが無いのは残念」とか「背面液晶を覗いて撮るスタイルは納得できない」と言っているような類のマニアな人は、最初っからE-P1の販売ターゲットに入ってないので、いいかげんな文句を言って初心者を迷わせないようにしてほしいなぁ~……とか。

そもそも「マイクロフォーサーズ」という規格自体が、デジタル時代になっても「レフ」に囚われている「一眼」市場に対するアンチテーゼとして、「コンパクトデジカメ」と「一眼レフ」のニッチを埋めることがひとつの目的になってるわけです。
メーカーとしては、コンデジからステップアップしたいけどデジイチの大きさ・重さに躊躇している人が意外とたくさん居て、どうもこの「ニッチ」市場がけっこうデカいんじゃないか……という判断があったかと思います。そういう意味では、あくまでも「コンデジからのステップアップ機」という位置づけが、E-P1には相応しいと思ってます。

E-P1をコンデジからのステップアップか、あるいはGRやDP2といったハイエンドコンデジの置き換えとして考えるなら、やはり「軽さ」「小ささ」は重要というか最優先事項で、そのためにファインダーとストロボを削ったというのであれば、この英断は評価こそすれ批判など有り得ないように思います。
で、繰り返しになっちゃいますが、このコンセプトを理解できないのなら、やはりE-P1のターゲットには入ってないんじゃないかなぁ~……と。性能や機能が「劣っている」のであればそれを批判の対象とすることに意味はありますが、たんに個人的な信条から「受け入れ難いコンセプト」に対して頭ごなしに批判するのは、ちょっと狭量すぎるかなぁ~……と思うところはあります。

でまあ、個人的なことを言わせていただければ、いわゆるデジイチのような大型機であれば、撮影時の安定性なども考慮するとやはりファインダーは必須かと思います。ですが、コンデジに関してはファインダーは「無くても困らない」と思ってまして、実際、GX200の外付けEVF持ってますが、全く使ってません。昨今は、こういうスタイルが「普通」じゃないですかね(市場を見ても)。

ストロボについては人それぞれ意見はありましょうし、撮影スタイルによっても異なる部分なので一概には言えませんが、私個人のスタイルであればファインダー以上に「不要」です。
コンデジに搭載されるようなGN値の小さいストロボは、正直あまり役に立たず、とくに私のように風景主体でやってる人間には必要なシーンがほとんどありません。室内でも余程のことがないかぎり、積極的に「使わない」ようにしているくらいですんで。まあ、これは人それぞれですね。

とまれ、価格に目をつむりさえすれば、とくにパンケーキと組み合わせると非常に魅力的なカメラだと思います。個人的にはちょっと手を出しづらいのでたぶん買わないでしょうけど、売れてほしいカメラですね。
2009.06.18 Thu l デジカメ l コメント (0) トラックバック (1) l top
オリンパス、同社初のマイクロフォーサーズ機「E-P1」

これは、想像していた以上に魅力的だ。

世の評価を見ると、いわゆるデジイチに慣れた人が「所詮コンデジ」とか「ファインダーが無いのは有り得ない」みたいな批判してますが、コンデジ市場の置き換えを狙った機種なんだから、ファインダー外付けは当然の選択でしょう。そもそも「そういう人を相手にしてない機種」であることに、なぜ一部のマニアな人たちは気づけないのか……と。

まあ、それはそれとして、この機種ならパンケーキと組み合わせて、GRの市場をかっさらえるだけの魅力は備えていると思います。さらにレンズ交換ができるので、いろんな使いかたが考えられますね。
これからハイエンドなコンデジを使いたいという人とか、今までセカンドカメラにGRやDP2なんかを使っていた人に充分に訴求できるでしょう。

ただ……高い。もうちょい頑張れなかったものか……と。
2009.06.17 Wed l デジカメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
「たわごと」ですんで、気合の入ったツッコミはご容赦願います。

こういう考えかたをしてる時点で「感性が古い」のかもしれませんが、昨今の『けいおん!』ブームにやや気持ち悪さを感じているMySです。うちの地域はまだ最終回に到達してないので、もしかしたら見当違いのこと書いてるかもしれません。

で、楽器がバカ売れらしいんですが、これって本当に健全な状態なんだろうか……という、余計なところに気持ち悪さを感じています。

例えば『初音ミク』の場合、こちらはわかりやすくて、しょせんは「DTMの1ツール」なんですよね。おそらくメーカーが全く予想していなかった展開になっちゃってますが、『初音ミク』というか『VOCALOID』には「これまでDTMで唯一実現できなかったボーカル」を一定のレベルで実現したという大きな意味があり、「ミクブーム」が過ぎてもある程度のロングテールは期待できるわけです。
また、ミク関連の音楽なり動画の製作者はニコ動では「P」と呼ばれ、これ自体はアイマス文化の流入と理解してますが、この「アイドルを育てる」という系統のゲームはアイマス以前に15年ないし20年くらい前から存在しています。いわゆる「育てゲー」の流れになるわけですが、それが時代の変遷と共に、3D技術の発展で踊らせることができるようになって、ネットが整備されたのでゲームの中で新曲を歌わせることができるようになった……その結果が『THE IDOLM@STER』になるかと思います。
ミクのムーブメントにはアイマスの存在が大きく影響していると個人的には考えていますが、結局、ミクに歌わせるにしろMMDで踊らせるにしろ、この「アイドルを育てる」という発想の延長線上で語れるのかな……と思います。そう考えると、MMDなども含めて、ミクを始めとする『VOCALOID』は広い意味で「音楽」の範疇で語れるんじゃないでしょうか。

一方で、『けいおん!』はちょっと事情が違って、この作品のひとつの面白さは「箱庭」にあると思っています。「箱庭」というのは、閉じられた空間がひとつの「世界」として機能して、その中だけで物語が進んでいく……という作品の演出技法に対して、私が勝手に名付けたものです。
つまり『けいおん!』の場合、「軽音部」というひとつの箱庭の中に登場人物が集まり、その中で音楽やったりお菓子を食べたり遊びに行ったり……という感じで物語が進んでいくわけです。じつはこういうタイプの作品って昔からたくさんあって、『涼宮ハルヒの憂鬱』の「SOS団」もそうだし、私の世代だと『究極超人あ~る』の「光画部」がちょうどあてはまるんですよね。
これらの作品に共通するのは「高校の部活」であり(「高校の部活」以外にも同型の作品はたくさんありますが)、世間(親や授業)から隔絶された箱庭に気の合った仲間が集まって、楽しい時間を思うままに過ごす……という、おそらく中高生が抱くひとつの「幻想」を形にしているということです。それはもう少し言いかたを変えると「秘密基地」なんですよね。こういう「秘密基地」的志向の作品は、アニメやマンガに限らず世代を超えて存在していて、それぞれに思い出の作品があるのではないかと思います。
こういった作品の場合、例えば「『あ~る』のOVAを見て、カメラを持って電車に乗りに行った」なんていうのは、作中登場人物の行動を真似ることで自分をその箱庭に投影する行為であり、別の言いかたをすると「秘密基地に対する憧憬の具現化」なんですよね。

そもそも、『けいおん!』自体、登場人物が「高校生活を懸けて音楽に取り組んでいる」という作品でなく、どちらかというと文化系のまったりとしたノリが重視されています。言ってしまえば、舞台が「軽音部」である必然性自体どこにも無くて、「音楽ブーム」と言いつつも、囲碁ブームを巻き起こした『ヒカルの碁』などとは根本的に作品の志向が違うんですよね。
そう考えると、『けいおん!』が「巻き起こしている」と言われている「音楽ブーム」自体に実体があるようには思えず、このブームやブームに乗っかろうとしている「いろんなもの」がものすごくバブリーに見えてくるわけです。そうなると、ロングテールなどは到底期待できず、ブームが過ぎてあとに残るものは……なんてことになりやしないかと、勝手に心配しています(笑)。

まあ、ムーブメント自体がたいていそういもの……と言われればそうなんですけどね。『けいおん!』は、その中でもかなり異質なものに感じられて仕方ありません。
2009.06.17 Wed l アニメ l コメント (7) トラックバック (0) l top
『悪戯』

面白い具合に……というか、上手い具合にこちらが想像する展開の脇をすり抜けていってくれました。
ペンギンの件は、衣が持っているところを和が発見してひと悶着……という(個人的には嫌いな)展開を想像してたんですが、次回予告を見るに完全に裏の展開になりそうな感じです。一も、もう少し「キワ」まで行くかと思ったんですが、わりとあっさりイカサマを思いとどまりました。部長には悪いけど、清澄の巻き返しっぷりも予想外だったし。鶴賀はそもそも、最終局面までプラマイゼロ狙いが見え隠れしてたので、想像どおりだったのはここくらいでしょうか。

今週はちょっと、勝負の合間に過去の回想シーンがやたら入ったので、演出的にはテンポが悪くて微妙だったんですが、第12話への「引き」としては面白い展開になったように思います。
個人的な最注目は、久と再会(?)を果たした美穂子の動向ですかね。久のほうは、あまりピンと来てないみたいでしたが。さらには、和と衣の邂逅がどんな形で落ち着くか……でしょうか。最終的に衣と対戦するのは咲なので、ここでの交流が対戦にどう影響を与えていくのか……が気になるところです。
2009.06.17 Wed l アニメ l コメント (0) トラックバック (3) l top
『吹雪の夜』

アリシアは可愛いなぁ、もう。
前回、登場が無かった分、今週は目いっぱいアリシア分を補給した感じですな。前話は、アリシアが登場しなかったショックで、感想が書けなかったくらいですし(爆)。
今週は、作画や演出も含め、非常に(妙なところに?)力の入ったエピソードでした(笑)。

Aパートは、アリシアがウェルキンを押し倒しそうな勢いでしたが、ウェルキンが颯爽と回避(笑)。まあ、ウェルキンがヘタレかどうかはわかりませんが、彼の性格からして、その先へ行ってしまうとアリシアを戦場には連れていけないかもしれません。でもまあ、逃げるんでなく受け止めるくらいのことはあってもいいかなぁ~……とは思ったんですが、それはすでにウェルキンじゃないですな(笑)。

Bパートは……いろいろありました(汗)。
よくテンプレ的に使われる台詞ではありますが、アリシアの「悪いのは戦争」というやつ。このへんは個人の思想の問題なのであまり突っ込むと泥仕合になるんですが、戦争を悪者にしても何も解決しないというか、それって戦争を食い物にしてる連中のいいわけにもなるわけです。この台詞そのものを否定するつもりはないですが、もうちょい上手い言い回しは無いものか……と、個人的には思います。

で、ちょっと待て。1話かぎりの無名の兵士(いちおうミヒャエルという名前はありますが)に難波圭一さんって、この作品はベテランを贅沢に使いすぎですって(笑)。

でまあ、もはやアリシア萌えにしか触れていないこの感想で、久々に「視点か固定化されて、周辺キャラの存在感が薄い」みたいなことを書こうかと思ったんですが、次回予告でロージーに言われてしまいました(笑)。
その次回予告で、映像を見て思ったんですけど、アリシアの胸、小さくね?(爆)
2009.06.13 Sat l アニメ l コメント (0) トラックバック (1) l top
『初心者』

なんという百合。……って、今に始まったことではないので、そろそろどうでもよくなってきました(汗)。

次鋒戦。こういうの、『アカギ』でもありましたね。初心者は打ち筋が安定してない上に他人の捨て牌を見ない(見ても手を読めない)ので、変な振り込みかたをする一方で知らない間に高めの役をテンパイしてたりするという。今回、鶴賀はそれが大ハマリした形です。
結果として、一番あおりを喰ったのが清澄で、場を乱されて龍門渕も調子上がらず、風越と鶴賀が上位を行くという波乱の展開。正直、ここまで鶴賀が粘るとは私も思ってませんでした(汗)。もう少し、龍門渕が突っ走るのかなぁ~……と。

続く中堅戦は、何やらスネに傷持つ(?)人たちの登場でしょうか。
久を見て、美穂子がかなり取り乱してましたが、中学時代は鳴らしたかなりの強豪みたいです。あえて清澄を選んで今年団体に挑戦してきたあたり、いろいろと複雑な事情を抱えてるんでしょうか。いずれにしても、美穂子さえも恐れさせるかなりのクセ者のようです。
一方の一は、過去にイカサマでやらかした経緯があるんですかね。一度きりの過ちが、その後の信頼を失うという形に。本人もかなり気にしているようですが。

中堅戦は、クセ者揃いのひと筋縄ではいかない戦いになるんでしょうか。そろそろ、清澄も巻き返し?

それにしても、衣は小さすぎ(笑)。
2009.06.10 Wed l アニメ l コメント (0) トラックバック (12) l top
昨今の腕時計(電波時計)には、「針位置自動補正機能」なるものが付いています。これを「剣ズレ(文字盤に対して、針が正確な位置を指していない状態)」補正機能と勘違いしている人も多いのですが(かく言う私も、最初はそのひとりでしたw)、実際には「秒単位でズレてしまった針を正確な基準位置に戻す機能」です。
針位置自動補正機能を「剣ズレ補正」と勘違いした人が、事実を知って「無意味な機能」などとコメントしているのを価格.comでたまに見かけるんですが、実際に針位置が自動補正される瞬間を目のあたりにすると、「無意味な機能」などと言えなくなってしまいます。

電波時計というのは、所詮は中に基準となる時計を持っていて、その値をアナログ針で指し示しているに過ぎません。針はモーター駆動していて、モーターは磁石とコイルで動きますんで、当然のことながら磁気の影響を受けます。

仕事柄、PCに囲まれた環境で過ごすことが多いんですが、そうすると電磁波の影響を強く受け、たまーに電波時計の秒針が滑るように1秒間に2~3秒ぶん運針してしまうことがあるんですね。そうすると、電波時計なのに正確な時刻を刻んでいない!ことになります。
私が仕事で通常使っている腕時計はSEIKO製ですが、SEIKOの電波時計は秒針を60秒に1回自動補正する機能があります。秒針がズレると、毎分0秒をちょっと過ぎたところで、いきなり秒針が高速(当社比30倍速くらい)で1周して、正確な位置を指し示すようになります。秒針が1周するのは、駆動させるモーターが針を「逆行」させることができないので、進んでしまった針の位置を戻すためには1周させる必要があるからです。

で、こないだ、なぜか5分に1回くらいのペースで秒針がズレまくる日があり(いつもと同じ場所で仕事をしてたんですが)、1日中、秒針が高速でぐるんぐるん回転してたんですね(笑)。なんかもう、このまま壊れてしまうんじゃないかと思ったんですが、翌日以降は正常に戻り、原因は全くわかってません。
しかしあの日、もし針位置自動補正機能が無かった、たぶん1日で3~5分くらいはズレてたんじゃないかと思うに、この機能の重要性をまざまざと体感したしだいです。
正直、よく見なきゃわからない剣ズレを気にするより、こっちのほうがよっぽど重要な機能ですよ。体感すればわかります。
2009.06.05 Fri l 雑談 トラックバック (0) l top
『開眼』

美穂子、えげつない勝ちかたを……(笑)。

美穂子が先鋒というのがいきなり意外だったんですが、先行逃げ切りを狙うなら常套手段ではありますね。

それにしても開眼してからは、一番負けの多い優希を支援してトップを走る純からの振り込みを誘い、点差が縮まったところで連荘逃げ切り。終わってみれば、他家をほぼ均等のマイナスにしてのひとり勝ち。格の違いを見せつけたというか、序盤から突っ走るよりも非道い勝ちかたです(笑)。この人、けっこう黒いですよ(笑)。(ウルトラマンみたく、両目を開いてられる時間に制限とかあるのかな?)

結果として、優希は全く見どころ無しで終わったわけですが(結局、優希だけ自力で上がれてない)、この2人が相手では仕方が無いというか、このあたりの精神的な脆さが彼女の弱さなんでしょうね。和のペンギンは抱えて打てるので、克服できないなら対局に持っていけという荒療治ができますが、タコスに関しては部長も打つ手がなかったということですかね。まあ、治す気が無かっただけかもしれませんが(笑)。

一方、鶴賀は見どころ無しで終わりましたが、次回あたり何かやってくれたりしませんかね。
2009.06.02 Tue l アニメ l コメント (0) トラックバック (13) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。