上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『えがいてあそぼ』

業界人に大ウケなんだろうか?……とか、どうでもいいことを考えてました。

それにしても、桜井演出の威力が遺憾無く発揮された第1話ですね。しかし、4コマ原作をこんなスピード感で演出して、この先息切れしないだろうかと心配です(笑)。
『かなめも』でも『きらら』系作品の演出についてちょろっと思うところを書いたんですが、本作の場合、『ひだまりスケッチ』のような「奇をてらった」感も『けいおん!』のような「4コマから一歩引いた」感も無い、4コママンガ本来の小気味よさを殺さない正統派の演出スタイルが生きてますね。桜井演出のスピード感は、本当に見てて気持ちいいです。

また、声優陣もけっこうしっかりしたところを選んでいるので、この活きのいい演出に全く負けていません。ここで声優陣が……だと、一気に萎えてくるんですが。

正直、これはレベルが高いです。問題は、桜井監督がコンテを切らない回が同じレベルで面白いかという点と、途中で息切れしてしまわないかという点ですね。ちょっと心配になってしまうくらい、第1話は面白かったです。

それにしても、戸松遥さんが能登麻美子さんに聞こえてしかたなかった……。第1話の冒頭を見てから公式サイトでキャスト表を見たんですが、戸松さんだと気づきませんでした……(汗)。

あと、個人的に沢城みゆきさんの歌は、かなーり昔に聴いたプチ・キャラット以来なので、マトモに歌っているのを聴くのはじつは初めてだったりします。ED、かなり良いですね。キャラ声で歌うのが上手い。
スポンサーサイト
2009.07.15 Wed l アニメ l コメント (0) トラックバック (1) l top
『学園と再会』

うーん、面白い……というか、個人的に非常に好感が持てる作品です。

原作ゲームは知らないんですが、ギャルゲー原作の作品で似たような背景設定ってよく見るんですよね。主人公が、なんかよくわからないけどセレブなことに巻き込まれる……というやつです。そういう作品の場合、ギャグやドタバタであしらわれることが多いんですが(よくあるのが、セレブパワー?で非常識なことが巻き起こる……というやつ)、この作品は、主人公の立ち位置や周囲の環境について、非常にナチュラルに説明や展開を流してるんですよね。
道を馬車が突っ走る……みたいな、「セレブである」ことに由来するいろんな「おかしなこと」が、作品内では非常に自然なこととして描かれていて、ツッコミどころのはずなのに話が普通に流れていくんですよね。その一方で、コメディーやギャグ描写は一般的なラブコメとほぼ同じレベルで描かれているので、展開に嫌味や違和感が無いんです。

セレブネタのラブコメって、ギャグや嫌味な演出に向かうケースが多いように思っていて、本作のようにナチュラルに描いてくれる作品を新鮮に感じます。「セレブである」ことで、たしかにおかしなことは起こってるんですけどね。でも、そこで「セレブ」をネタにすること無く、しっかりラブコメ路線を歩んでくれると、かなり好感できる物語になりそうな気がします。

あと、かなりステレオタイプではあるんですが、普通に女性キャラが可愛いです。いや本当、柚木涼香さんと松岡由貴さんは最高です。まだまだ若い演技ができますねー(笑)。

かなり切り捨てるつもり満々だったんですが、現時点ではけっこう優先順位高いです。こういう素直なラブコメが、最近は大好きなんですよ(笑)。
2009.07.15 Wed l アニメ l コメント (0) トラックバック (8) l top
『魔物』

OPもEDも本編も、やりたい放題ですな(笑)。

さて、東横桃子のステルスモードがあっさりと和に破られ(和本人には、そういう意識は無いですが)、風越の脱落がほぼ確定し、咲の嶺上開花が3連続で爆発……あたりでかなり萎えてきたんですが、そのとき!

いやもう、これだから『咲-Saki-』は面白いです。「こういう展開はちょっと……」という不満が脳裏をよぎった瞬間、それを(良い意味で)裏切るような展開が待ってるんですよねー。第15話の面白さは、ED前ラスト1分半に凝縮されてると思います。
鶴賀の加治木ゆみが、槍槓で見事に咲の3連続嶺上開花を阻止。天江衣を意識し過ぎている華菜とは異なり、咲の打ち筋も冷静に判断して待ちを切り替えたあたりに強さが見えます。槍槓自体は彼女自身が言うように偶然でしょうが、ゆみの強さを演出するという意味では、非常に効果的な展開ですね。
これで、咲がゆみを意識するようになれば、単純に「咲×衣」という展開にはならないかな……という展開上の期待も持てるので、ストーリー演出の観点から、第15話のラストというタイミングも非常に効いてきますね。

作品としては、いずれにせよ「魔物(衣) vs. 怪物(咲)」という構図に持ち込まれるとは思いますが、ゆみと華菜にも効果的な見せ場があると嬉しいな……と思います。もしかしたら、ゆみは今回で見せ場を使い切ってしまったかもしれませんが(笑)。
2009.07.15 Wed l アニメ l コメント (2) トラックバック (6) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。