上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『結託』

もはや麻雀じゃねぇ(笑)。しかし、今週は全く目が離せない展開でした。

咲の存在感の無さも異常なんですが(笑)、加治木ゆみの存在感は異常ですなぁ。無名で始まった鶴賀ですけど、まさかここまでの存在感を示すとは。もはや、風越が風前の灯火。

咲とゆみは衣の気配を感じ取れるんだけど、華菜はまだその域に達してないんですね。冷静さと打牌の確実さ、読みの的確さを考慮すると、ゆみの実力は咲や和にも充分匹敵するクラスなんでしょうか。思うに、デジタルに打ち込む和とはいい勝負だけど、咲に対しては精神面でかなり分があるように見えますね。
正直、ゆみを見てるだけでも、この第16話は面白いです。衣が非常識に強すぎる(そのオーラでツモまで支配してしまうくらい)ので、お話を作る上では必要な要素なんですけど、ゆみ・咲・和・透華あたりで卓を囲んでもらえると、それはそれで面白いかも。

衣の“怪”進撃はどこまで続くのか。咲はどこから巻き返すのか。華菜に見せ場はあるのか。ゆみの見せ場はどこまで続くのか(笑)。次回も楽しみです。
スポンサーサイト
2009.07.21 Tue l アニメ l コメント (2) トラックバック (2) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。