上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『学園都市』

「いつの時代のかたですの!?」

台詞が挿入されたタイミング的に、アドリブかなぁ。さすがはさとみっこ(笑)。この演技が、やはり見ていて楽しいアニメです。

固法先輩は、いろいろな意味で良いなぁ。お話自体は、イマイチでしたが。
スキルアウト時代のジャンパーを着ているカットで、やたら胸を強調した作画だな……と見ていて気になってたんですが、ちゃんと演出意図があったんですね。

先週から登場のキャパシティダウンについては、前半のレベルアッパーとは対極の位置づけにある技術ですが、蛇谷の様子から見ても色々と裏がありそうな気配です。
結局、脳の演算能力に介入するという点では発想は同じに見えるので、このあたりで木山先生の活躍の場があるのかもしれませんが。あの技術を広範囲で使われたら、それはそれでたいへんでしょうし。

どうでもいいけど、やはり佐天さんの立ち位置が微妙になりつつある気が……。
スポンサーサイト
2010.01.28 Thu l アニメ l コメント (0) トラックバック (1) l top


これ見て思ったんですが、

「半径85センチがこの手の届く距離」
The radius of 85 centimeters is the distance I can swing around.

「半径250センチはこの手の届く距離」
The radius of 250 centimeters is the distance I can swing around.

助詞の「が」と「は」の使い分けを、英語では表現できないんでしょうか。訳した人のセンスの問題かもしれませんが、この「が」と「は」の違いに強い意味が込められているだけに、惜しいと言わざるを得ない英訳です。
2010.01.25 Mon l 雑談 l コメント (0) トラックバック (0) l top
GM:秋田みやび
PC:ジーク(人間)
PC:エア(エルフ)
PC:メッシュ(ルーンフォーク)
PC:ニゲラ(人間)
PC:イスミー(タビット)

ムーテスはどうでもいいんですが(汗)、ソラがパーティーから抜けてしまった……。まあ、企画としての意向はわかるし、前シリーズでも中盤で入れ替えましたしね。
いちおう主人公格のジークは交代させられないし、エアを抜くとツッコミ役が居なくなる(エアが「歯止め」役になることで会話のリズムを作っているので、エアが居ないと商業リプレイとして成立しなくなる)。ムーテスは元より途中参戦なので交代させやすいとして、メッシュかソラか……という選択になると難しいところですね。プレイヤー側の都合はわかりませんが、PCの配役面で選ぶとするとソラを外すというのは判断としては自然のように思います。

ニゲラは、キャラが立ってくるのはこれからかな。エアもかなり「ぞんざい」になってきたので(笑)、パーティーの良心として上手く立ち位置を見つけてもらえれば、良いキャラになる要素は持ってると思います。

展開のほうは、いきなりの「ぱりーん」とか、第19話ラストから第20話にかけてとか、やはりこのパーティーからメッシュを抜くのは難しいですね(笑)。
ARAの『サガ』でも、PCの行動でシナリオが大きく変わったりしてましたが、本作でもキャンペーン3~4話分くらいの展開をすっ飛ばすハメになってみたり、こういう予期しない事態が起こるからTRPGは面白いです。

最終的に、全10巻くらいになるんでしょうか。とりあえず、ジークがルーフェリアを嫁にできるか期待します(笑)。
2010.01.25 Mon l SW l コメント (0) トラックバック (0) l top
『死んで花実が咲くものか!』

GM:田中信二
PC:アキナ・ブルックス/酒井香奈子(声優)
PC:ドラン・ベレレン/菊池たけし(F.E.A.R.)
PC:マルセル・ベルトラン/たのあきら(F.E.A.R.)
PC:ギィ/鈴吹太郎(F.E.A.R.)

高速機動部隊エンジェルファイヤー!

実質的にアキナが主人公ですが、PC番号とは関係していないので序列は付けてません。あと、続刊確定ではないので(文庫タイトルにも「1」の表記が無い)、巻数は書いてません。

酒井香奈子さんは、こじまめ以上に台詞に「!」が付く人ですね(笑)。なんというか、「ゲームを遊ぶのが好き」という感じがストレートに伝わってきて、どちらかというと「ゲーマー」の匂いがする大竹みゆさんやF.E.A.R.の面々には無い新鮮さを感じました。
アキナについても、「アルの義妹」といういかにもウケを狙いにきたキャラ付けで、個人的には微妙かな……と思ってたんですよね。ですが、プリプレイで「受けそうだから!」と自ら断言するあたりに、「ウケ狙い」を超えた「やる気」を感じてしまいました(笑)。リプレイを読んでいて、非常に気持ちのいいプレイヤーです。
あと、きくたけさんが「めっちゃ頭の回転が速い」と言っていたとおり、随所に感性の良さを感じさせる台詞回しが見られ、こちらも読んでいて楽しかったです。

セッションの内容は本を買って読んでいただくとして(笑)、この手の文庫にしては異例なイラストの多いリプレイです。読者投稿NPCがたくさん登場するということもありますが、メインキャラについても随所に顔イラストが挿入され、これだけでもけっこう見てて楽しかったです。
進行デスマーチだったらしい猫猫 猫先生も、お疲れ様でした。「はきゅーん」とピアニィコスのアキナがめっさ可愛いです。

冒頭にも書きましたが、他の『サガ』シリーズとは違って続刊確定企画ではないようなので、ぜひとも続編を出していただきたいと願う他ありません。「アキナの活躍をもっと見たい!」と、純粋にそう思いました。ここまで楽しいと思えたキャラは、最近だと『エクソダス』のエミリアくらいかなぁ。

とりあえず、これでアルを取り巻く(?)女性は、お姫様(今は女王ですが)に腐れ縁、実姉と義妹ということで、もはやギャルゲ道を一直線という感じです(笑)。このあたりの展開も、『サガ』ならではですねぇ。
2010.01.24 Sun l ARA l コメント (0) トラックバック (0) l top
『隊ノ一日・梨旺走ル』

全俺が泣いた・゜・(ノД`)・゜・

ベタベタでも、リオみたいなこういう無償の一所懸命さに弱いんですよ。ただ、同じ一所懸命さでも、理想主義を振りかざされるといきなり萎えるんですよね。このあたりのバランスは、ちと難しい。
今回のリオは、「こうだから、こうあるべき」みたいな理想主義的おしつけがましさが無く、純粋に彼女の正義だけで動けているので、Aパートラストあたりで一気に惹き込まれてしまいました。リオというキャラクターの一途さ、懸命さが伝わってきて、非常に満足度の高いエピソードでした。
もちろん、小林ゆうさんの好演があったればこそ……ですが。
2010.01.23 Sat l アニメ l コメント (2) トラックバック (3) l top
『スキルアウト』

第15話の感想……というより、第15話を見た上での、第2クールに対する期待など。

第2クールは事件を追うというより、人間関係を追うほうが主軸になるんですかね。
第1クールは基本的に美琴、黒子、初春、佐天さんの4人で話を回す格好でしたが、第2クールは最初に新キャラ・黒妻綿流が登場して固法先輩が絡んでくる上に、OPを見るかぎりでは木山先生や小萌先生も含め全体的に事件関係者が増えそうな感じです。反面、当麻の役割はもう終わった感じですが(笑)。

一部では死亡説(笑)も流れた佐天さんも無事にレギュラー枠で継続のようですが、事件関係者が増えてきて主眼がそっちに移ってしまうと、立場的にやはり出番は少なくなるんでしょうね……。ただ、「能力者vs.無能力者」という作品の流れ自体は(今のところ)変わっていないので、レベル0としての佐天さんのポジションは変わらず重要な気がします。

あとは、黒子がどれだけ美琴に絡んでいってくれるか……かなぁ。やはり、ここでの新井里美さんの怪演こそが、本作の魅力のひとつと言っても過言ではないので。
2010.01.21 Thu l アニメ l コメント (0) トラックバック (2) l top
再インストールから10日が経過しましたが、ブルースクリーンは発生していません。ほぼ、原因は特定できたかな……という感じです。
問題がCPUの省電力管理だけで収まるのかはわかりませんが、また頻発するようなら潔くCPUを買い換えます。

ノウハウを残す意味で簡単に書いておきますと、Windows 7のインストール時には0x0000007F(UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAP)、Vistaのインストール時には0x0000001E(KMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED)が発生しました。コードが違うのは、そのまま内部処理の違いによるものでしょうが、いずれにしてもCPUに問題があるとわかるようなエラーではないです。
ブルースクリーンが出るとまずメモリが疑われますが、CPUの特定機能でエラーが出ているような状況だと、メモリチェックのように一定負荷をかけ続けるような処理ではまず再発しないんですよね。また、発生パターンが一定にならないので、原因の特定はかなり難しくなるような気がします。
今回の問題を調査する中で、「CPUに問題があるのは極めてまれ」という意見をいくつか見たんですが、実際に現象を追う際には、BIOSでいろんなものをDisableにして様子を見る……というのが、手間はかかるけど原因を特定する一助にはなると思います。

それはそれとして、新PCが(おそらくマザーとの相性で)長年愛用しているYAMAHAのUSBスピーカ(YST-MS35D)を上手く認識してくれなくなったので(10回に1回くらいは認識するんですが……)、道楽でオーディオカードを買ってしまいました。いやまあ、いちおう、オンボード音源があるんですけどね。
購入したのは、Audiotrak PRODIGY HD2 ADVANCEというやつで、はっきり言って猫に小判です(笑)。ただ、聴き比べればオンボード音源との違いは明瞭で、USB音源としてのYST-MS35Dと比べても好印象です。
ついでにスピーカ自体も換えようかと思ったんですが、YST-MS35D自体もスピーカとして悪い物ではないので、こちらはしばらく使い続けます。
2010.01.21 Thu l PC/スマートフォン l コメント (0) トラックバック (0) l top
『ハウリング』

レベッカかぁ~。これは懐かしい。

これは完全に好みの問題なんですけど、新房監督はかなり斎藤千和さん大好きみたいですが、私は斎藤千和さんの演技を評価してないというかあまり好きではないので、三枝由紀はかなりイマイチだったりします。もっと言ってしまうと、『化物語』の戦場ヶ原ひたぎも、斎藤千和さんで無ければもっと良かったのに……と思ったことは、一度や二度ではありません(ひたぎというキャラそのものは大好きだったんですけどね……)。
あ、念のために申し上げておきますと、斎藤千和さん個人を嫌いとか、そういう意味ではありません。あくまでも演技の問題です。

でまあ、今週は、ちょっと展開が雑だったかも。
ヴァンパイアバンド設立宣言後の人間側の様子から、鏑木アキラ覚醒までの流れ。第2話は基本的にアキラ視点で物語が進みましたが、前回は端役としての登場だったのに、今話のラストでいきなり覚醒してしまったので、あまり感情移入してる余裕が無かったです。アキラと由紀の視点を行ったり来たりで、安定してなかったのも原因のひとつかもしれません。ちょっと残念かな。

でもまあ、それでもヴァンパイアを信じてない人間社会や、ヴァンパイアバンド設立に合わせて動き出した諸勢力など、物語の大枠という意味では必要な描写はできてたのではないかと思います。

その他、映像的にはいろいろとツッコミどころ(?)満載でしたが、そのあたりは他のblogさんのほうが詳しいと思うので、ここでは割愛します(笑)。

悠木碧さんの演技って、沢城みゆきさんを意識してるのかなぁ~。『あにゃまる探偵』などを見るかぎり「地の演技」という感じにも聞こえるんですが、ちょいちょい気になる箇所があります。次回以降も、注意して追いかけていこう。
2010.01.20 Wed l アニメ l コメント (0) トラックバック (1) l top
放送自体が遅れてる作品も多いので、あまり見れてなかったりしますが。あと、東海地区の地上波・衛星波で見られない作品は無視してます。『聖痕のクェイサー』と『れでぃ×ばと!』はネット配信でも見られますが、PCでアニメを見る気はあまり無いです……。
最初から見る気無いやつは、見てません。

■ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド(第1話だけ)
正直、まだ作品の中身はよくわかってないけど、第1話だけで雰囲気や方向性はだいたい表現できてたと思います。その辺の見せかたには、あまり不安は無いかな。あとは、お話そのものが期待に沿うレベルのものになるか……というところでしょうか。こういう色気のあるキャラを、悠木碧さんがどこまで演じ切れるかに期待します。

■はなまる幼稚園(第1話だけ)
まあ、まったり見るにはいい感じの内容ですかね。葉月絵理乃さんの声にはいつも癒されますわ。「何かを期待して」見るような作品ではないと思うので、雰囲気を楽しむ感じで。

■ソ・ラ・ノ・ヲ・ト(第2話まで)
辺境の小さな部隊を描いた物語……ということで、日本語や日本人名が普通に登場するので世界観を飲み込むのにやや戸惑いを覚えますが、そういう瑣末なことを抜きにすれば、全体的には悪くないと思います。展開は見えにくいけど、方向性はなんとなく理解したつもりです。この雰囲気のまま進んでも面白いと思うけど、中盤で何かサプライズがあると嬉しいかな。

■デュラララ!!(第1話だけ)
原作読んでないし『バッカーノ!』もアニメしか知りませんが、原作もスタッフも同じであれば、ほぼハズレは無いかな……と期待の作品です。第1話の見せかたも、登場人物を順々に増やしながら最後の「首無しライダー」に至らせるシークエンスに無理が無く、いきなりたくさん人が登場しましたが、あまり混乱すること無く楽しめました。今期の最右翼でしょう。

■バカとテストと召喚獣(第2話まで)
はっきり言って、ネタとしてはアリだと思うけど、作品としては面白いと思えない。前の記事でちょろっと書いたんですが、作品の性格とスタッフの方向性が微妙にズレてる感じなんですよね。今のところ、(私が見てる作品では)久々に普通のヒロインやってるミズハス以外に見るべきところが無い。

■ひだまりスケッチ×☆☆☆(第1話だけ)
何も心配する必要無いですな。原作既読ですが、展開がわかっていても面白い。なずなが小見川千明さんなのは、ちょっと驚きましたが。キャラのイメージが無い+見ててわからなかったので。

■おまもりひまり(第2話まで)
正直、切ろうかどうか悩んでます……。小清水亜美さんのエロ演技以外に、何も見るべきところが無い……。
2010.01.20 Wed l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
PCのトラブルに手をとられていたので、まだ最終回を迎えれてない作品もある状態ですが……(汗)。

とりあえず、『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』と『デュラララ!!』は継続します。『デュラララ!!』は、かなり良さげな感じですね。
『バカとテストと召喚獣』は、スタッフの方向性と作品の性格が微妙に合ってないように見えます。このままだと、ちとツラいかな……。『おまもりひまり』は、正直頭が痛い……(汗)。

一気に作品数が減りましたが、くだらない作品は切り捨てる方向で。余った時間は、旧作やOVAを物色する時間に充てよう。
2010.01.15 Fri l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
今のところ、ブルースクリーンにはなってません。もう少し様子を見てみないと、判断はできませんが……。前回、インストール完了から初めてブルースクリーンが発生するまでに12日ほどを要しているので、月末まで1度も落ちなければ原因判明……でいいかな?

それにしても、寒いせいもありますがCPUが冷えっ冷えですな。
ASUSのマザーなんですが、CPUファンの回転数が500rpm以下になるとCPUファン異常だと認識しやがるんですよね。でも、Core i5自体があまり発熱しないのと、CPUファン自体がわりと優秀なので(リテールじゃないよ)、起動直後なんかCPUの温度が30度以下で、ファンが回転もしてませんし。
暖房で部屋を暖めたあと(室温20度くらい)でも、温度は30度台前半でCPUファンも200~300rpmくらいで安定してます。回ってもせいぜい600rpmくらいなので、かなり静かですね。Athlon64X2で組んでいた前のマシンも充分静かでしたが、ファンの数が2つ増えた(フロント1とVGAカード1)のに新マシンのほうが圧倒的に静かです。

しかし、長年愛用しているYST-MS35D(YAMAHAのUSBスピーカ)が上手く認識されないので、しょうがないのでミニプラグで接続するというイマイチな状態……。なんとか安定して認識させられないかなぁ。
2010.01.15 Fri l PC/スマートフォン l コメント (0) トラックバック (0) l top
東芝、Blu-ray Discレコーダー「VARDIA」を2月発売

取り急ぎ作ってみました……というところかなぁ。位置づけからというと、SシリーズではなくEシリーズの後継に近い感じですかね。
USBハードディスクをサポートしないのはまあいいとしても(あれは、苦肉の策としか思えないし)、HD Recをサポートしないのは有り得ない。既存のRDユーザを取り込む意味では、資産を継承するためにもHD Recは必須でしょう。

まあ、RDファンは多少待たせても出せば買う、それよりもまずREGZAを買う新規顧客を囲い込む……というところでしょうか。戦略としては間違ってないけど、待望している側としてはちょっと寂しい。
2010.01.15 Fri l 雑談 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ひたすらブルースクリーン(0x000007F)と戦っておりました。

ブルースクリーンが高頻度になってきたため、ドライバの原因を払拭するのと、かなりの頻度で落ちているのがどうにも気持ち悪いので、Windows 7を再インストールするという決意をしました。

で、これが波乱の幕開け(汗)。

購入時は何も問題無くインストールできていたのに、今回はインストール中にブルースクリーン(0x000007F)になって全くどうにもならない状況に。現象切り分けのため、以下のような作業をしておりました。

・Vistaをインストールしてみる
・HDDを換えてみる(SATA, IDEの両方を試した)
・メモリを1枚ずつ抜いてインストールしてみる
・DVDドライブを換えてみる
・VGAカードを換えてみる
・電源を換えてみる

たまーにインストールに成功してしまうケースもあり切り分けに苦労したんですが、上記のいずれでも問題が解消しないことを確認しました。
で、この作業中にマザーボードがAHCIでSATAを認識しなくなるという問題が発生し、(それ以前にも挙動のおかしい部分があったので)マザーは潔く交換しました。

でまあ、これだけやってあと換えてないのはCPUだけということで、ここで、いくつかの推論を立てました。

「たまーにインストールに成功してしまうケースもあり」と書きましたが、このケースというのは、「作業間隔を少し空けたあと」なんですよね。成功直後、さらにもう1回インストールしてみると、やはり失敗する。失敗し始めたら、連続で失敗する……と、そんな状況でした。
となると、熱制御か電源制御あたりで何かトラブっているんじゃないか……と考え、BIOSでCPUの熱制御や電源制御の機能を全部OFFってインストールしてみたら……

3回連続でインストールに成功!

ここまで来れば、あとは気合です(笑)。BIOS設定とにらめっこしつつインストールを繰り返し、C-STATEをDisableにすればインストールに成功することがわかりました。

当初から問題になっているブルースクリーンの原因がこれかどうかは、これから継続してマシンを使ってみないと不明ですが、とりあえずひとつ片がついたことで、ホッと胸をなでおろしたところです。
本当は、もう一度交換前のマザーを引っ張り出して試さないといけないんでしょうが、もうそんな気力も起きません(汗)。

しかしまあ、ここまでたどり着くのに、3連休で30回くらいWindows 7をインストールしました(汗)。3連休をほぼ潰したと言っても過言ではないですな(爆)。
2010.01.12 Tue l PC/スマートフォン l コメント (6) トラックバック (0) l top
東芝、BDレコーダー発売へ
発売されたら速攻で買って、使い物にならないパナのBDレコーダーなんてすぐさま撤去だ!
2010.01.07 Thu l 雑談 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ブルースクリーンに悩まされています。前のマシンでは、VGAカードが壊れたとき以外、ブルースクリーンなんて見なかったんだけどなぁ。

発生頻度は比較的まれなのですが、今年に入って、少し頻度が上がってきているような気もします。特定の操作で発生するなど規則性があればまだ原因を究明しやすいんですが、規則性はほとんどありません。

・ニコニコ動画視聴中
・デスクトップガジェットをドラッグ中
・BIOS設定を変更した直後のブート時
・ブルースクリーンの原因を調査するためMiniDumpを開いているとき
・何も操作してないとき、突然

とまあ、てんでバラバラ。

メモリとVGAカードのメモリはひととおりチェックしてみましたが、今のところとくに問題無し。ただ、発生頻度の低さを見ると、レアケースでビット反転などが起こっている……ということも考えられます。なので、もうちょい時間があるとき、気長にメモリチェックをかけてみようかと思いますが。
2010.01.06 Wed l PC/スマートフォン l コメント (2) トラックバック (0) l top
masumida01.jpg

今年は元日から名古屋に居たので、せっかく近くに住んでいるのだからと、市名の元にもなった尾張国の一宮・真清田神社に行ってきました。
熱田神宮も考えましたが、三が日に70万人しか来ない伊勢神宮でさえあの混雑なのに、あの閉鎖空間に200万人以上も来たらどんなけ混雑するんだ……と考えるだに恐ろしいので、そこそこの規模の手ごろな神社にしたという感じです(汗々)。

真清田神社は初めて来たんですが、正直申しますと、何も無い普通の日に来れば良かった……と、心底思いました。
なんでって、拝殿の目前にまで出店が出てきてるので、落ち着いて参拝する気分になれないんですよ。お祭りの日なら、まあそういうこともあるでしょうが、初詣でこれでは何しに来てるのかわからない。神社側も、もう少し常識的に考えるべきじゃないですかね。金儲けに走ってるとは思いませんが、「尾張国一宮」を冠するにはあまりにもお粗末な印象です。
神社自体も思いのほかショボかったので、余計にがっかりな初詣でした……。

初詣には行ったことないけど、受けた印象としては、これならまだ南宮大社(美濃国一宮)のほうが雰囲気は良いと思うし、椿大神社(伊勢国一宮)とは比べるべくも無いといったところです。
2010.01.03 Sun l 雑談 l コメント (2) トラックバック (0) l top
2010年が皆々様にとって幸多き年となることを心より祈念申し上げます。

平成22年 元日 MyS
2010.01.01 Fri l 雑談 l コメント (3) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。