上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ひたすらブルースクリーン(0x000007F)と戦っておりました。

ブルースクリーンが高頻度になってきたため、ドライバの原因を払拭するのと、かなりの頻度で落ちているのがどうにも気持ち悪いので、Windows 7を再インストールするという決意をしました。

で、これが波乱の幕開け(汗)。

購入時は何も問題無くインストールできていたのに、今回はインストール中にブルースクリーン(0x000007F)になって全くどうにもならない状況に。現象切り分けのため、以下のような作業をしておりました。

・Vistaをインストールしてみる
・HDDを換えてみる(SATA, IDEの両方を試した)
・メモリを1枚ずつ抜いてインストールしてみる
・DVDドライブを換えてみる
・VGAカードを換えてみる
・電源を換えてみる

たまーにインストールに成功してしまうケースもあり切り分けに苦労したんですが、上記のいずれでも問題が解消しないことを確認しました。
で、この作業中にマザーボードがAHCIでSATAを認識しなくなるという問題が発生し、(それ以前にも挙動のおかしい部分があったので)マザーは潔く交換しました。

でまあ、これだけやってあと換えてないのはCPUだけということで、ここで、いくつかの推論を立てました。

「たまーにインストールに成功してしまうケースもあり」と書きましたが、このケースというのは、「作業間隔を少し空けたあと」なんですよね。成功直後、さらにもう1回インストールしてみると、やはり失敗する。失敗し始めたら、連続で失敗する……と、そんな状況でした。
となると、熱制御か電源制御あたりで何かトラブっているんじゃないか……と考え、BIOSでCPUの熱制御や電源制御の機能を全部OFFってインストールしてみたら……

3回連続でインストールに成功!

ここまで来れば、あとは気合です(笑)。BIOS設定とにらめっこしつつインストールを繰り返し、C-STATEをDisableにすればインストールに成功することがわかりました。

当初から問題になっているブルースクリーンの原因がこれかどうかは、これから継続してマシンを使ってみないと不明ですが、とりあえずひとつ片がついたことで、ホッと胸をなでおろしたところです。
本当は、もう一度交換前のマザーを引っ張り出して試さないといけないんでしょうが、もうそんな気力も起きません(汗)。

しかしまあ、ここまでたどり着くのに、3連休で30回くらいWindows 7をインストールしました(汗)。3連休をほぼ潰したと言っても過言ではないですな(爆)。
スポンサーサイト
2010.01.12 Tue l PC/スマートフォン l コメント (6) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。