上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『隊ノ一日・梨旺走ル』

全俺が泣いた・゜・(ノД`)・゜・

ベタベタでも、リオみたいなこういう無償の一所懸命さに弱いんですよ。ただ、同じ一所懸命さでも、理想主義を振りかざされるといきなり萎えるんですよね。このあたりのバランスは、ちと難しい。
今回のリオは、「こうだから、こうあるべき」みたいな理想主義的おしつけがましさが無く、純粋に彼女の正義だけで動けているので、Aパートラストあたりで一気に惹き込まれてしまいました。リオというキャラクターの一途さ、懸命さが伝わってきて、非常に満足度の高いエピソードでした。
もちろん、小林ゆうさんの好演があったればこそ……ですが。
スポンサーサイト
2010.01.23 Sat l アニメ l コメント (2) トラックバック (3) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。