上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『Favorite Flaver』

謎の解明が新たな謎を呼ぶ……という、いい感じの展開になってきました。

天使のやりよう(専守防衛、あるいは戦線のメンバーを「疑わない」という事実)には、前々から疑問を抱いてはいたのですが、それが解消されたエピソードでした。
結局、天使も役割を演じていた(どちらかというと、演じさせられていた?)だけなんでしょうが、誰が何の目的でそんな役割を与えたか……は、これからこの世界のシステムを解き明かすことで明らかになるんでしょうね。

直井は、登場時点から妙に悪そうな雰囲気はありましたが、ラストで実力行使に出ました。これが、天使と違う存在であることを示しているのか、あるいはたんにやりかたの問題なのかは現時点では不明です。
後者だとしたら、この学校の秩序を守る……みたいな役割が元々あって、生徒会長自体は今回のように常に代替わりしているのかも。そうすると、かなでや直井が生徒会に選ばれた理由があるはずだし、直井が強攻策に出たことにも何かの目的があるはず。次回で、少しくらい見えてくるかな?

Aパートは、普通に面白かった。「こんな展開、ただの天使いじめだ」という感想も見つけましたが、たぶん、そう思わせることが制作サイドの狙いだと思います。音無の言葉どおりになるかはわかりませんが、戦線が天使と一緒になって学校を乗っ取るという展開になるのかなぁ。それは単純すぎるか。
いずれにしても、システムがわからないので、「その先」が見えないんですよね。そこに到達してしまったら、ゆりはどうなるんだろう?
スポンサーサイト
2010.05.01 Sat l アニメ l コメント (0) トラックバック (7) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。