上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『魏延、命を狙われるのこと』

今期は、こういう話が多いなぁ。最初のシリーズは、もう少し娯楽調のコメディー主体でしたが、どちらかというと人情コメディーに近いでしょうか。ただ、メインキャラはどちらかというと蚊帳の外で、脇キャラが頑張ってるって感じですね。ストーリーを描くことをメインに置いた『真』第1期とも異なり、シーズン毎に見せかたを変えているように思えます。
今期の場合は、展開に引っ張られる形でキャラクターが動いている感じもするのと、やはり初期の娯楽感が好きだったので、少し物足りなさを感じずには居られません。ただ、『真』第1期よりは面白いんですが。

「たんに仲が悪いだけの」魏延と蒲公英の演出は、今回の話を作る狙いがあったんですね。だとしたら納得。認め合った上で悪口を言い合える仲になるのなら、この2人は面白いコンビだと思います。
蒲公英の「ここにいるぞー!」は、わかっていても恰好良かった。
スポンサーサイト
2010.05.13 Thu l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
『宗太の憂鬱、小鳥遊家の女達』

今週は小鳥遊家と伊波をフィーチャーしたせいではありますが、ぽぷらが全くと言っていいくらい登場しませんでした。これはこれで寂しいかも。
その分というか、伊波がスゴく可愛くなってきて、回を追う毎に宗太との仲が進展していくのが見て取れて楽しいです。そういう意味でも、ぽぷらは「小さい」意外に特徴がないので、キャラとして損してるかな……と。

あと、なずなが可愛い。良いキャラです。斎藤桃子さんのキャラとしては、かなりポイント高いです。

全般的に、変人とそうでない人の落差が激しくて、かなり「普通の人」のぽぷらは宗太と組み合わせないと(今のところ)キャラが立たないという点で、勿体無いなぁ~と思わずにはいられません。もうちょっと可愛いぽぷらを見てみたい……と、それだけが希望なんですけど。
2010.05.13 Thu l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。