上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
■原発いらない運動
活発ですが。長期的に見て、原発廃止は当然の流れだとは理解してます。
ただ、火力・水力は環境負荷が大きいので、長期的に見ると賢明な選択ではない。自然エネルギーは技術が成熟してないので、安定供給が難しい。地熱発電が最も現実解に近いけど、原発廃止運動をしてる人たちは、温泉地を潰す覚悟はもうできてるってことでいいよね(尤も、地熱発電が温泉に影響を与えるというデータは無いけど)。
正直なところ、太陽光や風力での安定供給は、私は無理だと思ってます。蓄電できればいいんだけど、蓄電はコストがかかりすぎる上に危険が危ない。
結局、電力問題は夏の昼間のピークをどう乗り切るかというその1点で、夜のネオンを減らしたところであまり意味は無いんだよなぁ。「節電」と簡単に言うけど、それで熱中症の人が大量発生したら、また文句言う人が出てくるし。
50年後の未来のために今、原発というリスクを負ってる……とは考えられないのかな。まあ、爆発しちゃえば50年後もダメなんだけど。

■中電への原発停止要請
これもべつにいいんだけど、それによる(マイナスの)波及効果はちゃんと分析した上で発言したんだろうか。福島にしろ浜岡にしろ、政府は仕事してるふりをして、責任を東電と中電に丸投げしてるようにしか見えないのだが。これを行政と呼ぶなら片腹痛い。
スポンサーサイト
2011.05.09 Mon l 雑談 l コメント (3) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。