上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『星詠みの姫』

う~ん。何度も書くけど、やはり、ミルヒというか堀江由衣さんが演じる正統派ヒロインキャラは、可愛さの格が違うなぁ。
私の中で、堀江由衣さん、川澄綾子さん、田村ゆかりさんは21世紀最初の10年を代表するヒロイン声優3巨頭なんだけど、デビューから10年以上が経ってもなおヒロインであり続けてるし、この3人を超える人が出てくるとは当分は思えない。
ちなみに、(Wikipediaによると)3人とも76年生まれで97年から活動を始めている。ヒロイン声優の羽生世代みたいなもんか(笑)。

さて、それはそれとして、シンクが風呂に入ってるあたりでこの作品の方向性を疑い始めてしまったんだけど、最後に意味深な引きをしてくれた。
悲劇の結末を避けるために、誰にも思いを語ること無く茨の道を突き進む。レオ様はなんとマゾい……いやいや、生真面目な人だ。

どんな理由でミルヒやシンクが死ぬ運命に至ってしまうのか。このあたり、もっと世界存亡の危機レベルの話とかに発展していくのかな。
スポンサーサイト
2011.05.13 Fri l アニメ l コメント (0) トラックバック (1) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。