上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『エイプリルフール』

『ゆるゆり』はどのエピソードも、録画とニコ動を合わせて最低6回ずつは見てる。我ながらアホだな(笑)。

う~ん、あかりオチじゃないと何か物足りないなぁ。

千鶴が標準語なのはなぜとかいうツッコミはたぶん不要なんだろうけど、それはそれとして千鶴可愛いな。学校でぶっきらぼうな千鶴もいいんだけど、家で千歳と二人きりの千鶴はかなり破壊力があると思う。何より、千鶴の千歳好きっぷりがいい。
このアニメは、どのエピソードも本当に2828が止まらんなぁ。

でまあ、劇中は1年経ったわけだけど、どうやらこの作品はサザエさん時空らしいのでエンドレスエイトなんだよなぁ。
しかし、それは好都合というか、DVD(Blu-ray)も初動5,000枚行きそうな雰囲気が漂ってるので、この調子ならたぶん2期は間違い無い。ネタを詰め込みすぎず原作の消化ペースもゆっくりらしい上、原作者のなもりさんが速筆なので、ストックには余裕があるはず。『ゆるゆり』大勝利じゃなイカ。

でまあ、よく「『ゆるゆり』は『けいおん!』のパクリ」みたいなアホなこと言う人が居るけど、それを言ったら『けいおん!』は『あずまんが大王』のパクリだとか際限が無くなるから、そんな無意味な論争してもしょうがない。面白いと思えれば、それでいいんだ。
だから私は、『けいおん!』は嫌いだけど否定はしない。よく自分基準で特定の作品を「お薦めしない」とか評価するも居るけど、他人の好みを自分の基準で縛るなよな……と。まあ、これも言っても詮無いことだけど。
スポンサーサイト
2011.08.26 Fri l アニメ l コメント (0) トラックバック (1) l top
『くり済ませり』

うにーっ!

一分の隙もありゃしねえっ!

緩急の付け方が上手いなぁ。第5話、6話あたりはテンポの良さで見せていたけど、この第7話は落ち着いた展開でキャラの面白さを上手く引き出していた。
第3話以降のテンポの良さに面白さを感じていた人には物足りないエピソードだったかもしれないけど、まあ、ゆりゆりした展開を望まない人が本作を見るのはそもそも間違いなのかもしれない。
個人的には、最初から最後まで2828して見てた(笑)。

原作読んでないけど、少なくともスタッフは、原作をどうアニメにすればウケるかをきちんと理解している。たぶん、ここが『日常』とは決定的に違うところなんだろうなぁ。京アニは、『らきすた』と『けいおん!』がなぜウケたのか、じつはちゃんと分析できてないんじゃなかろうか。
とりあえず、アニメが終わったら原作買うよ。

クリスマスの話は、ペアリングが面白かった。
京子とちなつをペアにして、京子に対するちなつの見方に変化を与えたところが心憎い。結衣と綾乃もこの空気が見てて面白かったし、向日葵と櫻子は完全に熟年夫婦というか、この2人で世界が完結してるので他の組合せは無いんだよね。
その意味では、物語演出的には、あかりと千歳が余った……と、そんなふうに見えたけど(笑)。実際、演出上は京子はちなつか綾乃、千歳はあかりか結衣としか組めないので、あまり選択肢が無い。

たしかに、ひまさく(向日葵×櫻子)は最高だな。「あ~ん」は真面目に2828が止まらなかった(笑)。

にしても、もう正月になったけど、このまま最終回までに卒業しちゃったら、2期はどうなるの?(今のBlu-rayの予約状況なら、2期の実現ラインは余裕でクリアするだろう)
2011.08.19 Fri l アニメ l コメント (0) トラックバック (1) l top
『あーと☆あーたー☆あーちすと』

毎週神回かよ(笑)。30分がすげえ短く感じられた。

今回のメインはちなつということで、ちなつのキャラクターが上手く表れた良いエピソードだった。第5話でかなり黒化が進行したけど、今回のエピソードで黒い部分に深みが増したので、人気が上がりそうだなぁ。

とりあえず、Blu-ray第1巻はポチり済み。このままなら、今期No.1は間違い無い。「好き」な上に「面白い」作品って、なかなか無いんだよねぇ。どのエピソードも、録画とニコ動を合わせて5回ずつは見てる(汗)。
amazonランキングも順調に伸びてるので、初動でもけっこうイイ線いきそうな気がする。2巻以降の予約が伸びてないのは、初回限定版の告知が無いからかな。公式の案内に従えば、少なくとも4巻まではピンコレ付き限定版が出るはずだけど、特典の案内が出てないから様子見してる人が多いのかも。

それにしても、あかりの台詞少ないなぁ~(笑)。
2011.08.12 Fri l アニメ l コメント (0) トラックバック (1) l top
『あかりとかミンミンゼミとかなく頃に』

やべえなぁ。回を追うごとに面白くなっていく。

前半は2年生チームのコミケ話。
こっちはまあいつもどおりというか、ほとんど前回の海話を引き継いだ感じかな。基本的に京子と綾乃が絡んで、千歳が妄想しつつ結衣がツッコミに回るという構図は前回と変わらない。お約束というか、本作における様式美みたいなものか。

後半は1年生チームで、こっちのあかり×ちなつ話は少しイカレてた(ほめ言葉)。
いやもう、ちなつの衝撃発言にあかりが驚いたシーンは、4回見て4回とも爆笑した(笑)。スタッフは完璧に、視聴者の期待を理解してるなぁ。
そのあとの追いかけっこのシーンは、テーブルを挟んでのあかりの逃げ方がリアルで良かった。ああいう作画にこだわってくれるアニメって、意外と少ないんだよねぇ。中割が崩れてたけど、そこは目をつぶろう。(動きの多いアニメではよくある事故さ)

そして、最後……。うーん、ここまで不憫な主人公もマジで珍しいな(笑)。
2011.08.05 Fri l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。