上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ゆっりゆっらっらっらっら ゆるゆり

大☆事☆件

Blu-ray/DVD初動9792枚! 累計1万枚超えは確実。第1話放送直後の低調な評価から考えたら、紛れもない大勝利じゃなイカ。

作品自体、最終話まで安定していたし、第1巻だからと安かったり妙に豪華な特典が付いていたりといった特殊事情は皆無なので、おそらくさほど右肩下がりにはならない。累計平均でも1万枚超えはいくんじゃなかろうか。

これでまた、2期実現に近づいた。
スポンサーサイト
2011.09.27 Tue l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
『みんなでポカポカ合宿へ』

最終回も素晴らしい神回だった。この作品の神回率は半端無いな。

メインキャラ総出でそれぞれのキャラの個性を活かしつつ、最後はきちんとあかりオチでまとめるあたり、スタッフの愛が感じられる展開だった。

yuruyuri.jpg

ところで、放送も無事に最終回を迎えたので、原作を大人買いしてきた。そして、一気に読んだ。

これを読むと、アニメが上手くエピソードを拾いつつ、さらにオリジナル要素も加えながらしっかり構成されていることがよくわかった。
日常系アニメだと、原作エピソードに基本的に忠実だったり、間を作って(演出で埋めて)実質的な展開を遅くしたする手法になることが多いけど、本作は原作のイメージを踏襲しつつ、アニメ独自要素を加えていっているあたり、スタッフの本気が感じられた。

さらに、驚異の単行本3か月連続刊行も含め、アニメ未収録エピソードもまだまだたくさん残っているので(あかり姉はもちろんのこと、ひまさく関連のエピソードをもっと映像化してほしい)、これは第2期を期待せざるを得ない。
Blu-ray/DVD販売数予想スレでは、初動8,000枚程度の予想が出ているので、この調子なら来年あたりの第2期は間違い無いんじゃなかろうか。

それはそれとして、原作は結衣がやたら可愛い件。アニメだとそこまで可愛いとは思わなかったんだけど、何が違うんだろう?

あと、京子と『苺ましまろ』の美羽がよく同キャラ扱いされてるけど、個人的には、櫻子の方がよっぽど美羽に近い気がする。まあ、どーでもいい話なんだけど。
2011.09.24 Sat l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
sanin01OLYMPUS E-620
ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4-5.6
ISO100 9mm F5.6 1/800秒
余部橋梁(兵庫県香美町)


余部橋梁から眺める日本海。残念ながら、旧橋梁の供用は終了しており、一部分が残るだけ。

sanin02FUJIFILM FinePix F200EXR
ISO100 6.4mm F9.0 1/160秒
餘部駅(兵庫県香美町)


左側が旧線で、正面の立入禁止部分が旧ホーム跡。

sanin03FUJIFILM FinePix F200EXR
ISO100 6.4mm F3.3 1/85秒
餘部駅(兵庫県香美町)


餘部駅へ通じる唯一の道(写真左手の上り坂)。いわゆる秘境駅というやつです。

sanin04OLYMPUS E-620
ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4-5.6
ISO100 14mm F5.6 1/1000秒
城原海岸(鳥取県岩美町)


浦富海岸の中の城原海岸。奥の岩場に釣り人が。この時間帯、満潮で岩場まで渡れないんだけど、どこでも釣り人はたくましいですな。

sanin05OLYMPUS E-620
ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4-5.6
ISO100 9mm F5.6 1/800秒
城原海岸(鳥取県岩美町)


左がたぶん菜種島。

sanin06OLYMPUS E-620
ZUIKO DIGITAL ED 14-54mm F2.8-3.5
ISO400 14mm F3.5 1/100秒
鳥取砂丘(鳥取県鳥取市)


鳥取砂丘の日の入り直後。正面が馬の背で、右手に見えるのが漁火。

sanin07OLYMPUS E-620
ZUIKO DIGITAL ED 14-54mm F2.8-3.5
ISO100 14mm F5.6 1/1600秒
鳥取砂丘(鳥取県鳥取市)


鳥取砂丘の風紋。
2011.09.18 Sun l デジカメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
『わたしたちのごらく部』

くそー。これでまた、京子の人気がうなぎ登りだよ。

どうでもいい話だけど、あの年齢で4人の体格がだいたい似通っているあたりを見ると、京子と結衣は比較的年度の遅い時期に生まれたのかな。

後半は微妙にシリアス路線をたどりながらも、随所でお約束を忘れず、いつもどおり2828が止まらない。それぞれのキャラがしっかりしていて、なおかつスタッフが作品のツボをしっかり押さえているから、どういう展開になっても作品の方向性がブレない。
構成・演出に相変わらずソツが無く、作画も良かったし、今話も間違い無く神回だ。

そして、安心のあかりオチ。やっぱり、これが一番収まりいいな。
2011.09.16 Fri l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
hokuriku00OLYMPUS E-620
ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
ISO100 14mm F5.6 1/500秒
旧奥飛騨温泉口駅(岐阜県飛騨市)


北陸ではないが。神岡鉄道の廃線跡。レールをバイクで走ったりするアトラクションで使われているので、廃駅のわりに状態が非常に良い。

hokuriku01OLYMPUS E-620
ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
ISO100 20mm F5.6 1/500秒
有峰湖(富山県富山市)


有峰湖。水が綺麗だと、こういう撮り方をしたくなる(ありがちですが)。風景写真はピーカンだとつまらないけど、やや水蒸気が多くてオリンパスブルーが出にくいのが残念。

hokuriku02OLYMPUS E-620
ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
ISO100 14mm F5.6 1/1000秒
有峰湖(富山県富山市)


この近辺(というか、もっと東側だけど)で、ママチャリに乗った大学生くらいの旅人とすれ違ったのだけど、彼はどこから来てどこに行ったのだろう。

hokuriku03OLYMPUS E-620
ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
ISO100 19mm F5.6 1/400秒
称名滝・ハンノキ滝(富山県立山町)


立山連峰の雪解け水が作り出した絶景。正直、滝そのものよりもこの地形にビビる。正面がハンノキ滝で、雪解けの時期にしか出現しないけど、この日は台風の影響か申し訳程度に水が落ちていた。左上にちょろっと見えるのが称名滝。

hokuriku04OLYMPUS E-620
ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
ISO100 14mm F8.0 1/50秒
称名滝・ハンノキ滝(富山県立山町)


正面が称名滝で、右がハンノキ滝。近づいてしまうと、比較対象が無いから写真だと大きさが伝わりにくい。

hokuriku05FUJIFILM FinePix F200EXR
ISO400 13mm F4.0 1/90秒
湯涌温泉 白鷺の湯(石川県金沢市)


湯鷺湯涌温泉にも行ってきたよ(通りかかっただけだけど)。聖地巡礼の人が多くて鬱陶しそうだったので、近くの別の温泉施設に入ってきた。源泉掛け流し+露天風呂で380円だった。
2011.09.11 Sun l デジカメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。