上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『英霊召喚』

直接的な原作は知りません。『stay night』はアニメだけ見ました。

うーん、面白い。
こういう小難しい作品はどちらかというと苦手で、細かな設定が右から左になりがちなんだけど、少なくとも物語を追いかけられるレベルには理解できた。
私見として、『stay night』を知らなくても、たぶん物語を追いかけるには充分な情報が提示されたんじゃないかな。『stay night』を知ってた方が面白いだろうとは思うけど、前作より前の時代を扱っている関係上、知らなくても困ることは少ない気がします。いやむしろ、中途半端に知ってるくらいなら、知らない方がいいかもしれない。

でまあ、前作は前半は面白かったのに、後半の失速が残念でなりませんでした。スタッフや制作会社が一新され、どうなることかと思ったんですが……。

前作の場合、元が美少女ノベルゲームという出自から、いわゆる“ギャルゲー”的なノリが多分に鼻につくことがあって、その点で「損をしてるなぁ」と思ってたんですよね。
ところが今作は、そういった“しがらみ”から脱却することで、ここまで化けるものか……と感心した次第です。導入部分に関しては、絶対的に今作の方が面白い。

前作はゲーム原作という都合から、どうしても士郎視点が中心になってしまい、いわゆる美少女ゲーム的展開とか、あるいはよくあるラノベ的展開になりがちだった気がします。というか、そういう印象しか無い。
今作の場合は、(第1話に限った話かもしれませんが)聖杯戦争に参加する魔術師それぞれの視点から物語を描くことで、キャラクターが生き生きとするし世界観の理解も進む。アニメとしての作風は前作と大きく変わってないかもしれませんが、方法論とかドラマトゥルギーの面からはまったくの別作品と言っていいと思います。

あとは、この勢いが持続すれば……だけど、ufotableは信頼してるので、あまり不安材料は無いかな……とは思います。
スポンサーサイト
2011.10.03 Mon l アニメ l コメント (2) トラックバック (1) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。