上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
テレビ東京の伝説的プロデューサー(笑)である東不可止さんが、昨今のテレビアニメ事情を「幕の内弁当」に喩えて、上手いこと言うなぁと思いました。

ちょっと前から感じていることではありますが、最近は昔に比べて佳作が多いけど、名作が少ないという印象。一時期の粗製濫造期に比べ、ダメな作品はかなり減って、及第点を付けられる作品は増えてるんですよね。
まあ、「社会現象にまでなる名作」というのは、作品そのもののクオリティーだけでなく、取り巻く環境も重要になるので、昔の作品の方が今より面白かったとか、そう単純な話でもありませんが。

1クールの作品が増えていることに関しては、必ずしも悪いことばかりとは思えません。2クールだから面白くできるというのはたんなる幻想で、昔の作品でも『覇王大系リューナイト』(4クール)とか『天地無用!』(2クール)とか、テレビで2クール以上やって「う~ん……」てな作品は少なくなかったわけで。
でも、『ふしぎ遊戯』とか『赤ずきんチャチャ』みたいな作品は、もう出てこないんでしょうね。
スポンサーサイト
2011.10.16 Sun l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
『冬木の地』

何このアサシン軍団。

いちおう物語の中心は、切嗣×セイバーと時臣×アーチャーに綺礼を加えたあたりですが、何よりウェイバー×ライダーが和みすぎる。他の人たちがかなりシリアスにしのぎを削っているにも関わらず、ライダーの豪放さとウェイバーの小物さかげんが噛み合ってないあたりに安らぎを覚えます。

前にも書いたけど、“美少女ビジュアルノベル”というくびきから解き放つと、ここまで大化けする作品だったんだなぁ。尤も、『stay night』の時代から人気作だったわけで、たんに持てる実力を最大限に発揮してるだけなのかもしれませんが。

あとの興味は、虚淵クオリティがキャスターでどこまで発揮されるか……かなぁ。まあ、個人的にそれはかなりどうでもいいんですが、世間一般的な期待ということで。
2011.10.16 Sun l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
『サバの味噌煮弁当 674kcal』

やべえ、面白すぎる。魔術師とか、マジで勘弁してください。終始、テレビに向かってツッコミ入れてた。
2011.10.16 Sun l アニメ l コメント (0) トラックバック (1) l top
『Open file』

豊崎愛生さんは、キャラをひとつこなすごとに確実に上手くなっていってる気がするなぁ。悠木碧さんは、どのキャラにも一本筋が通った「あおちゃんらしい演技」が見て取れて好感です。

第1話は、普通に面白かった。この手の作品は、わりと流れで見てしまうんですが、Bパートから手を止めて見入ってしまいました。この調子で2話以降も続いてくれれば、面白く見られそうです。まあ、昨今はどの作品もそうなんですけどね。
2011.10.16 Sun l アニメ l コメント (0) トラックバック (1) l top
番組形態は、ほぼ『スジナシ』。

『スジナシ』のミソは、メインを笑福亭鶴瓶さんが担当しているという点にありました。鶴瓶さんはそれ以前にも『らくごのご』で即興落語を演じており、噺家としての素地もあってトークも上手い方なので、じつは「即興で物語を構成する」という面では番組企画段階でかなり明確な成功イメージを描けていたんじゃないかと思います。
一方でこの番組は、メインを担当する加藤英美里さんと福原香織さんは、新人ではないけれど中堅にも到達していないという点で実力的には未知数。明らかに声優ファンを取り込むことを目的としたキャスティングで、個人的には正直に言って、見るまではまったく番組としての成功イメージを描けませんでした。

そして実際に見た感想としては、じつに厳しいのひと言。肝心のアドリブパートは宴会ゲームの域を出ず、かなり取っ散らかって終わってしまった印象。「こんな風になると怖いなぁ」と思っていたまさにその結末に至った感じです。

キャラクターやシチュエーションを限定してストーリーを制限する一方で、無茶振りなどのゲーム的要素をぶち込んでいるため、結果として宴会ゲームみたくなってしまっているように思います。正直、番組としてどっち向いてるのかよくわからない。

加藤英美里さんや福原香織さんのファンが見てニヤニヤする分にはいいけど、そうでない人には見てて面白く番組とは思えないなぁ……と。
2011.10.16 Sun l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。