上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『発生:genesis』

Aパートはつまらなかったけど、Bパートは持ち直した。

そこそこ面白かったんだけど、なんか引っかかる。たぶん、「どっかで見たようなアニメ」をいくつか組み合わせると、これになる気がするんですよね。とりあえず思いついたのは、『コードギアス』(日本が置かれている状況)と『セイクリッドセブン』(主人公とヒロインの能力的なところ)かな。

まあ、続けて見るかは2話を見て決めよう。
スポンサーサイト
2011.10.22 Sat l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
『舞踏会の殺人』

まず第一に、會川昇の脚本……とくにオリジナル要素が入った脚本を面白いと思えない。『ハガレン』も原作準拠の間は面白かったけど、アニメ独自ストーリーに突入した瞬間、一気につまらなくなった。
この人の、「ほら、面白いだろ?」と言わんばかりの自己陶酔しきった脚本は、鼻についてしょうがない。そのくせ、華美装飾に走りすぎて肝心のストーリーに中身が無いから始末が悪い。

でまあ、それはそれとして、原作は知らんのですが、アニメを見たところ、世界観も物語展開も矮小すぎてBパートでは飽きてました。
「近未来」という点で独自性とか世界の広がりを見せようとした雰囲気は感じるんですが、ちょっと無理がありすぎるし、それ自体が本作の「本格探偵ストーリー」と結びつかなくて、完全に設定だけが浮いてる感じです。
原作は明治維新後の物語だそうですが、たぶんこっちの方が飲み込みやすいんじゃないかな。本気で探偵物をやるんなら、架空世界でなく現実世界の方がそぐう気がします。第2次世界大戦後の高度経済成長期を迎えたところ……とか、そっちの方がわかりやすい。

設定に困ったら、日本で戦争(内戦)が起こった近未来……とか、凡百の設定にもそろそろ飽きてきた。
2011.10.22 Sat l アニメ l コメント (0) トラックバック (1) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。