上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『先輩と、僕らの。』

上手いまとめ方だなぁ。最後の新キャラが登場しなかったら、2週連続で最終回って感じでした。

クールを気取りながらも終始行動が一貫しなかった哲朗ですが、最後は海人の主人公力に屈したって感じですかね。
海人が何となくヘタレっぽさを漂わせながらも自分に対し真面目に行動しているのとは違い、哲朗は自分を傷つけたくないばかりにずっと偽っていた。そんな対照的な2人がものの見事に表現されたエピソードでした。今回に限って言えば、哲朗の方が(成長するという意味での)主人公でしたね。

すべてが丸く収まったわけではないですが、皆が皆、それぞれに自分の思いを貫いたわけで、あふれ出る青春が見ていて爽快でした。
個人的にここ数年で最も王道の“ラブコメ”だと思っている『とらドラ!』も、それぞれの思いがぶつかっていましたが、どちらかというともっと泥臭い感じのラブコメなんですよね。それ以外でも、アニメでやるラブコメって、『メイド様』みたいなベタベタしたものや『パパ聞き』みたいなぬるい感じの作品が多いんですよね。
そのへんと比べると、『なつまち』みたく爽やかなラブコメって、なかなか見ないですねぇ。

本当にもう、これでまとめちゃってもいいくらいの第9話、第10話でしたが、まだひと波乱あるんですね。彼らの関係性にまた動きが出てくるのか、それともオマケの残り2話なのか。ちょっとビクビクしながら見ます(笑)。
スポンサーサイト
2012.03.14 Wed l アニメ l コメント (0) トラックバック (3) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。