上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

岐阜県と富山県の県境を貫く有料の林道です。北アルプスの雄大な自然を眺めながら走れます。
(写真をクリックするとSkyDriveに飛びます)

↓場所はここ

大きな地図で見る
スポンサーサイト
2013.01.26 Sat l 写真 l コメント (0) トラックバック (0) l top
サブタイトルが、妹ものラノベのパロディーということで、第5話までを羅列すると

ある朝、ヒーローの妹ができまして。
→ある朝、大阪おかんの妹ができまして。

期間限定いもうと。
→配信限定大阪おかん。

妹がゾンビなんですけど!
→妹が大阪おかんなんですけど!

俺の妹がこんなに可愛いわけがない
→俺の妹がこんなに大阪おかんなわけがない

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ
→大阪おかんだけど愛さえあれば関係ないよねっ

妹(マイ)ホーム
→大阪おかんホーム

で、今後のサブタイトルを適当に予想してみる。

・この中に1人、大阪おかんがいる!(これは普通にありそう)
・妹が大阪おかんで困ってます。(わりとしっくりくる)
・俺と幼なじみの仲を大阪おかんが邪魔をする
・大阪おかんは僕に手を出すなっ!
・俺が彼女に迫られて、大阪おかんが怒ってる?
・大阪おかんの妹を魔王の力で支配してみた。
・女子モテな大阪おかんと受難な俺
・ウルトラマン大阪おかん(さすがにこれはマズいな)

他にもいくつかあるけど、さらっと見た感じではこんなところかなぁ~。

ところで、『僕の妹は「大阪おかん」』ってタイトル自体も、『僕の妹は漢字が読める』のパロディーなんですかね。
2013.01.22 Tue l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
X-SMC5-K.jpg
パイオニアのネット接続型ミニコンポです。昨秋くらいに購入しました。

購入に至った経緯は、「HDDにたまっているMP3データをもっと活用したい」という思いからです。……と、これだけ書くと、「そんなんPCで聴けばいいじゃん」と思われるかもしれませんが、さにあらず。
PCで聴く場合、音は前方から聞こえてくるわけですが、顔の正面から音圧を受けるのは意外とストレスになることがあるんです。反面、背後からの音は適度に聞き流せるので、BGMとして音楽を鳴らすのであればPCよりミニコンポの方が使い勝手がいいんです。
また、掃除の時などPCの前以外で作業するときでも、無線LAN+DLNA対応コンポなら場所を選ばず音楽を楽しめます。

というわけで、無線LAN+DLNA対応コンポを探したところ、事実上、この機種くらいしか選択肢が無いんですよね、じつは。意外と需要無いんですねぇ、やはり。

価格は20,000円程度と手頃。ここ価格にしては、しっかりとした音で鳴ってくれるので、音響面でも不満はありません。その上で、DLNAやUSBメモリでMP3も聴けますし、インターネットラジオにも対応しています。私は関係無いですが、iPodなどとも連携が可能です。
その他、FMチューナーも内蔵し通常のCDも聴けますので、コストパフォーマンスは非常に高いです。

使い始めて思ったのは、インターネットラジオが意外と良いという点です。手持ちのMP3データでプレイリストを作って鳴らせるようにしてるんですが、実際はほとんどインターネットラジオを聴いてます。ネットワークさえ使えれば、ファイルサーバ(DLNAサーバ)が起動してなくても問題無いので、たしかにインターネットラジオは手軽なんですよね。
「音楽を垂れ流す」という意味では、やはりラジオが最適なんだなぁ……と、あらためて感じました。

欠点として、とくにDLNA連携でよくハングアップします。インターネットラジオでも、たまに止まります。……と、そんな不安定さはありますが、その欠点を補って余りある音楽環境を提供してくれているので、あまり不満は無いんですよね。

昨年もいろいろと電子機器を買いましたが、これは最も成功したと思える買い物です。
2013.01.21 Mon l 雑談 l コメント (0) トラックバック (1) l top

三重県の河内渓谷です。「かわちけいこく」ではなく「こうちけいこく」と読みます。
年末に実家に帰る際、ふらりと立ち寄ってみました。ここは紅葉の時期に行くべき場所で、本当は昨年の秋に訪れるつもりだったんですが、一身上の都合で行けずじまいになりました。数年前に河内渓谷を訪れた際の紅葉写真があるので、またいずれ機会があれば掲載します。
(写真をクリックするとSkyDriveに飛びます)

↓場所はここ

大きな地図で見る
2013.01.21 Mon l 写真 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ようやくひと通り見終わりました。

■継続視聴(通常枠)
ラブライブ!
みなみけ ただいま
キューティクル探偵因幡
THE UNLIMITED 兵部京介
たまこまーけっと
閃乱カグラ
琴浦さん
まおゆう魔王勇者
ビビッドレッド・オペレーション

■継続視聴(ショートアニメ)
戦勇。
まんがーる!
ヤマノススメ
gdgd妖精s
あいまいみー
僕の妹は「大阪おかん」
ぷちます!

『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』と『僕は友達が少ないNEXT』は悪くないんだけど、飽和してしまったので切りました。継続作品に関しても、『さくら荘のペットな彼女』か『しろくまカフェ』あたりを切らないと回らないんですけどね……。

今期の継続視聴作品は、どれも粒が揃っていて面白い。どの作品も、特徴的な魅力があるんですよね。ここまでラインナップの揃ったクールも久々かも。
2013.01.20 Sun l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
うーん、何が面白いのかわからなかった。

派手な演出の第1話でしたが、こういう派手さで見せないと面白くならないと思わせる時点でダメな気がします。
どうにも新房監督作品って、演出で面白いと錯覚させられてる気がして素直に楽しめないんですよね。『ひだまりスケッチ』みたいな落ち着いた作品だと上手くハマってくれるんですが、こういう派手目の演出が入ると途端に破綻するというか、悪い方の(私が嫌いな方の)新房ワールド作品でした。

あと、新房監督は同じ声優をメインで使い続ける傾向があり、これはやめてほしい。何か縛られている感じがして、発展が見えません。

とりあえず私は、視聴者としてがんばれませんでした。
2013.01.19 Sat l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
これはヤバい。個人的には、今期のダークホースです。

こういう女の子が集まってアイドルを目指す的なノリの作品は、見ているこっちが恥ずかしいと敬遠することが多いんですが、本作はむしろグイグイ引き込まれてしまいます。
私がアニメに求めるのは、「簡潔なテーマ」「わかりやすいストーリー展開」「約束されたハッピーエンド」の3要素で、いわゆる「王道」なんですが、本作はこれらの要素をバランスよく兼ね備えているように思います。こういうのを「ベタ」と呼んで嫌う人も居るのですが、『エヴァ』以降、小難しいテーマをわかった風に押しつけてくる凡百の作品を見てきた(やや)古いアニメファンとしては、本作や『ガールズ&パンツァー』のような王道作品に安心感を覚えるのです。

一見すると日曜朝に放送されてもおかしくない作品なんですが、作品のターゲットは『アイドルマスター』などと同じいわゆるオタク層であり、そのあたりを制作側もきちんと計算してアニメを作っているというのがよく伝わってきます。多分に紙一重な気はするんですが、この作品が実際日曜朝に放送されてたら、かなり違和感を覚えるでしょうね。

これはもう視聴決定。今後の展開が楽しみな作品です。
2013.01.17 Thu l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
xz2.jpg
最近のサブ機材。いろいろ考えて、これを買いました。

元々、コンデジはずっとFinepixを使ってたんですが、F200EXRあたりからぱったりと進化が止まってしまい、ずっと買い換えできずにいました。F770EXRやF800EXRも考えたんですが、ネット界隈ではF200EXRからの買い換え組の評価が極めて悪いんですよね。
でまあ、自分の需要を満たすには高級コンデジに行くしかないと思う一方で、このクラスだとPENとあまりサイズも変わらないし……と悩んだ末に、「欲しいと思ったときが買い時」とばかりにXZ-2をポチってしまいました。

XZ-2はバリアングル液晶ということもあり、このクラスではサイズが大きい方なんですが、一眼はずっとオリンパスを使ってきていることと、PEN用にVF-2も持っているので、これを選択しました。ただ、使い始めてみると、VF-2を使いたくなる場面もほとんど無いので、RX100やLX7でもよかったかな……と思うところもあります。

EシリーズやPENを使ってきた人間として絵作りには不満無し。サイズも、ぎりぎりカバンに入れて持ち歩けるレベルで、4倍ズームであることを考えると、PENよりも実質的にはコンパクトですね。ちなみに、持ち運びを考慮して、付属のショルダーストラップではなく、純正のハンドストラップを別途購入して使ってます。
気になる点としては、電池の持ちがやや悪いところ。あと、メニュー系が一部簡略化されていて、ボタン機能の割りあてでE-M5より制約が多いのは何とかしてほしいです。レンズやセンサーの性能による差は仕方ないですが、ファームの作り込みでどうにでもなる部分はもう少し頑張ってほしかった。

ところで、XZ-2のキャンペーンでFlashAirを貰ったんですが、うちのカードリーダーがどうにも読み取ってくれない……。以前からSDカードの認識ミスが多いカードリーダーなので、これを機に買い換えるべきかなぁ。
2013.01.16 Wed l デジカメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
アニメの『みなみけ』自体は好きなので第1期からずっと見てますが(原作は読んでない)、「こんなに面白かったっけ?」と、『ただいま』の第2話を見て思ったしだいです。
私が知ってる『みなみけ』は、どちらかというと「まったり見られて楽しい」作品で、ここまで「面白い」と思うような作品じゃなかったはずなんですよね。大化けした感じがします。

千秋と内田の演技も元に戻りつつあるようなので、まったく不安無く楽しめそうです。
2013.01.16 Wed l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
椎名高志原作『絶対可憐チルドレン』の登場人物のひとり・兵部京介にフォーカスしたスピンアウト作品です。

個人的に『絶チル』は原作もアニメも途中で脱落したので期待してなかったんですが、コメディー主体の本編とは一線を画す硬派な展開に、かなり興味をそそられました。

中身はかなりの厨二展開でしたが、やはりアニメは「だからこそ」面白いと思うんですよね。いわゆる王道というやつですね。主人公の兵部京介自身は正義の味方でも何でも無いので、その点では邪道の部類に入るんでしょうが、だからこそ厨二展開が格好いいんだと思います。これは、古いアニメファンの考えかたかもしれませんが……。

メインの3人、兵部京介、アンディ・ヒノミヤ、ユウギリを指して、一方通行(アクセラレータ)、幻想殺し(イマジンブレイカー)、打ち止め(ラストオーダー)と一部で呼ばれてますが、まあそう見えなくもないですね(笑)。
2013.01.15 Tue l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
京都アニメーションのオリジナル作品。スタッフは『けいおん!』で揃えてきています。

作品ジャンルとしては、エブリデイマジックに入るんでしょうか。ごくごくありふれた商店街に、1羽の喋る鳥が現れるところから不思議が始まる日常ストーリーですね。この先、ひたすら日常が続くのか、それとも商店街に危機が訪れるのか、いろんな展開が考えられるのも楽しみです。

にしても、鳥の声が山崎たくみさんで、無駄にいい声過ぎて笑いました(笑)。こういうキャラに山崎たくみさんのキャスティングは卑怯だよなぁ。絶対に面白くなるんだから。

作品の雰囲気は良く、私の理想とするエンタテインメントとしてのアニメに近い感じで好感です。このまま安定してくれれば、とても楽しめる作品になるんじゃないかと。
2013.01.15 Tue l アニメ l コメント (0) トラックバック (1) l top
奥大井湖上駅

大井川鐵道 奥大井湖上駅です。前に近くまで行ったとき、きちんと調べておらず素通りしてしまったので、あらためて行ってきました。
鉄道か、鉄橋を徒歩で渡る以外にアクセス手段が無い、いわゆる秘境駅です。とはいえ、鉄橋と丘を越えた向こうに駅前駐車場(?)があるので、駐車場からホームまで遠いだけと言えなくもないのですが。
今回はジオタグがあるのでPicasaで公開です。駐車場は、Googleマップだと道が無いように見えるんですが、ちゃんとした道が県道から延びてます。同じゼンリン地図でも、いつもNaviならちゃんと道が見えます。
(写真をクリックするとPicasaに飛びます)
2013.01.14 Mon l 写真 l コメント (0) トラックバック (0) l top
この作品企画は知らなかったので、アニメが初見です。

OPが力入ってましたねー。ロングは3Dモデルだとすぐわかるんですが、アップは描いてるように見えました。ダンスシーンが全部CGだったら、すげえ進歩だなと思うんですが。描いてるとしたら、かなり細かく動いているのでこれも素晴らしい。

本編は、廃校の危機を救うため学校の人気を高めるべくアイドルを目指すという、非常に飲み込みやすい展開ですね。背景設定の異常さはまあ多少なりともありますが、動機づけと目標感はわかりやすい方が、物語への感情移入はしやすいものです。

作品の形態としては、ミュージカルをイメージしてますね。ラストの「どうすれば」のカットは、完全に舞台演劇の演出です。このあたり、アニメの演出としてどう捉えるかは、好みの分かれそうなところでしょうか。

個人的には切り捨てるつもりで見たんですが、これといって批判するところも見あたらず、背景設定、脚本、演出、作画までどれもレベルの高い仕上がりでした。制作サイドのやる気を充分に感じられるデキだったと思います。
ということで、このまま切り捨てるにはあまりに惜しい。もう少し考えます。
2013.01.09 Wed l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
この作品も第4期シリーズですか。キャラデザ、今までで一番原作に近いかな?

にしても、シリーズが安定して続いているわりに、スタッフが(制作会社も)都度入れ替わるという珍しい作品ですが、おかげで毎度、クオリティーを心配せずにはいられないところが、ある意味で面白いです。
今回は、川口敬一郎監督。筋の良い監督ではありますが、悪ノリするケースがあるので、個人的にはやや心配な面も。と言いつつも、『もえたん』『ハヤテのごとく!』以降は、あまりそういった悪ノリは少ないですかね。『にゃんこい!』や『まよチキ!』などは好きな作品です。

基本的に好きなノリの作品なので、作り方さえ間違わなければ面白く見られるんですが、第1話を見るかぎりまったく心配は無用な感じでした。こんな感じで淡々と続けていってもらえれば、個人的には満足です。世の中の評判を見ても、概ね好意的に受け入れられてるみたいですね。

気になったこととして、千秋と内田の演技が以前から変わったかなぁ~……と。とくに内田は、ちょっと慣れませんでした。
あと、久々に涼子タンの声を聞いた(笑)。以前は、『溝らじ』で毎週聴いてたのに……。
2013.01.08 Tue l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
私がAndroidタブレットを使っているのを見て、親がPCよりも手軽に使えるネット環境が欲しいということを言い出しました。ノートPCを居間で使ってるけど、それなりの重量があるのでやはり使いづらさを感じているらしい。

でまあ、Acerの10インチタブレットが1台余っているので、それを使わせようとセットアップしてるんだけど、日本語入力環境をどうするかで悩んでます。
普段はATOKを使っていて、Passport版をPC2台とAndroidタブレット2台、スマホ1台に入れてるんだけど、そのまま渡すのはライセンス違反になるので入れ替えないといけない。

し・か・し

Google日本語入力、Simeji、Open Wnnを入れてみたけど、正直、(ATOKと比べると)どれも使い物にならない……。ソフトキーは押しにくいし、変換候補は字が小さくて見にくいんです。高齢者に使わせるのは、少々無理がある。
ATOKを作っているジャストシステムが、いかに「わかっている」かがよくわかります。さすがは有料……というより、そもそも培ってきた実績が違いますね。

そもそも、Android自体もアプリを追加しないとシステムフォントを大きくできないし、モバイル用サイトで文字を大きくできない(ピンチで拡大できない)ように作られているサイトも少なくない。

こういう現状を見ると、モバイル環境ってまだまだ発展途上なんだなぁ……と思わずにはいられません。
というか、意外と「わかってる人」が少ないのかも。
2013.01.07 Mon l 雑談 l コメント (0) トラックバック (0) l top
まおゆうのアニメがスタートしました。ニコ動で見た動画(マンガ)で序盤の展開だけ知ってます。

↓これ


どうも、この動画(マンガ)のイメージが強いので、全般的に描写が軽く作られているのが、ちょっと残念というか勿体無いというか、物足りないというか。魔王が戦争経済を語るところがすごく好きだったんですよね。

続けて見るほど面白いかはよくわかりませんが、話題作なので文句を言うためにも見続けようかとは思います。
2013.01.05 Sat l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top

過去に撮った写真の中から、面白そうなものをいくつかピックアップしてみました。
もうちょいいろいろ出てくるかと思ったんですが、意外と少なかったです。もっと気になったものをこまめに撮る癖をつけないといかんなぁ。
(写真をクリックするとSkyDriveに飛びます)
2013.01.03 Thu l 写真 l コメント (0) トラックバック (0) l top
新年あけましておめでとうございます。

旧年中は更新が滞りがちになってしまいましたが、2013年は心機一転、更新していきたいと思いますので、引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

皆様にとって2013年が幸多き年となることを心より祈念申し上げます。
2013.01.01 Tue l 運営 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。