上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
第5回総選挙 第2次中間発表

なんだか、安定した上位3人とその他大勢みたいな状態になってきましたね。
2次投票期間で4位の花陽が1ランクしか上がってないとか、5位の凜が3ランク上がってるあたり見ると、4位以下はかなり団子状態みたいです。2年生トリオは鉄板かと思ってたんですが、にこの不振と合わせてちょっと意外です。

でまあ、まきえり派ではありますが、穂乃果のセンターを目指して微力ながら投票したいと思います。
スポンサーサイト
2013.04.15 Mon l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
私自身はまきえり派ですが、アニメを見返すと、少なくとも次のセンターは穂乃果でないといけない気がしてきます。正直、アニメの最終回を見たあとだと、穂乃果がセンターを取ってる絵しかイメージできないんですよね、不思議なほどに。
2013.04.09 Tue l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
第5回総選挙 第1次中間発表

メールアドレス2個あるんで絵里と真姫に投票しましたが(投票規定は「1メールアドレスにつき1回」)、その2人が1, 2位という結果。で、3位が穂乃果なわけですが、まあ順当な結果ですね。穂乃果の人気は安定しているとして、アニメを見るかぎり、絵里と真姫に人気が集まりそうな作り方だったので、この3人に票が流れるのは自然な気がします。
絵里と真姫は、アニメ化以前の総選挙ではずっと下位組だったので、アニメから入ったファンの人気がこの2人にいかに集中したかがわかります。

意外だったのは、にこにーが6位だったこと。アニメでは絵里と並んで非常に重要な役どころを演じ、なおかつキャラも特徴的だったのでもうちょい上に行くかと思ってたんですが、逆にキャラが濃すぎて引かれたんだろうか。

実際の票差がどれくらいあるかはわかりませんが、2次投票は絵里推しでいきます。……と言いつつ、やっぱセンターは穂乃果がいいという思いもあるのですが。
2013.04.08 Mon l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
気になったところだけまとめてみます。

■ガールズ&パンツァー
文句なしの面白さ。王道中の王道。最終回を見てBlu-rayの購入を決意しましたが、残念ながら再販待ちです。3巻はポチれましたが、発送されるかは不明。まあ、特典にはさほど興味が無いのでダメなら通常版でもいいんですが、通常版だとスタッフコメンタリーが入らないみたいなんですよね。キャストコメントより、スタッフコメントを聞きたい。それが残念。

■THE UNLIMITED 兵部京介
すげーよくできてたけど、予算的に大丈夫なんだろうかと余計な心配をしました。最近の萌えアニメに飽きた人には文句なくお薦めできる佳作です。個人的には、本編の『絶対可憐チルドレン』より楽しめました。

■たまこまーけっと
面白くないわけではないんですが、最終回の引き方に生温かいプリンのような気持ち悪さを感じました。日常系なのかストーリーものなのか、そこの曖昧さが受け入れにくかったですね。

■ビビッドレッド・オペレーション
序盤は期待したんですけどねぇ。後半の失速ぶりには目を見張るものがありました。序盤はシチュエーションへのツッコミがえらく楽しかったんですが、後半はストーリーにツッコミどころが多く、気楽に楽しめませんでした。

■ヤマノススメ
これ、たとえば『アザゼルさん』みたいな15分枠のアニメとして見たいです。5分枠は短すぎる。

■あいまいみー
これはもう「見てみて」としか言いようがない。序盤のエピソードに唖然としたにも関わらず、そのまま最終回まで見てから序盤を見直すと、普通に見えてしまう不思議。慣れって恐ろしい。
2013.04.08 Mon l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
『μ'sミュージックスタート!』

ラストのシリアス展開には賛否両論あるようですが、私としては第12話の展開はむしろ胸躍りました。いやもう、こういう展開は大好きです。そして、ラストまでの予定調和。これぞ王道です。

私はかねてより、エンタテインメントとしてのアニメに必要な要素として「約束されたハッピーエンド」を挙げてるんですが、何より大事なのはハッピーエンドに至る手前の“試練”なんですよね。この試練が重ければ重いほど、ラストのハッピーエンドが輝くわけです。
その意味で、手を抜くこと無く彼女らに試練を与えた制作陣には拍手を贈りたい。むしろ、これよるぬるい試練では、最終回の面白さが半減したと思います。

展開が唐突という話も、展開を匂わせるシーンはそこかしこに散りばめられてましたし、穂乃果と序盤の絵里との対比を考えても、ストーリー展開的に不自然さはとくにないです。まあ若干、キャラがストーリーに振り回された感じはありましたが、穂乃果が置かれた「ライブで倒れる→ラブライブ辞退→ことり留学」という流れを考えると、これで普通の精神状態である方が逆に不自然な気はします。
そう考えると、中途半端な追い込み方で同じ展開に持ち込むと、穂乃果の言動に不自然さが目立つ結果になると思いますので、徹底的に追い込んだスタッフの判断は間違ってないと私などは思います。

最終回Aパートは少し展開を急いだ感じというか、穂乃果覚醒のトリガが少しわかりにくかったので、そこは少し残念でした。絵里が序盤のようにもう少し強気に動いてくれた方が、私としては好みです。ただ、序盤の絵里が見せた強気は彼女の弱気の裏返しなので、強気に穂乃果を引っ張り上げるのはなかなか難しいところですが。

穂乃果覚醒以降の展開は、お約束というか王道パターンというか、とくにケチを付けるところはありません。満足のいく流れでした。

『ラブライブ!』といい『ガールズ&パンツァー』といい、やっぱり王道はいいですね。

全体を見ても、満足のいく作品でした。作画も全編通して良かったし、μ'sの歌もどれも素晴らしいです。
第2期をやるのかはわかりませんが、Blu-rayの売上も好調のようなので、期待せざるを得ません。次はやはり、ラブライブ出場を目指す展開でしょうか。サザエさん時空に入りますが(笑)。

ところで、『START:DASH!!』の9人バージョンいいですね。買わねば。
2013.04.03 Wed l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top

季節なので、撮ってきました。
まあ、私、ハチが死ぬほど嫌いなのですががが。それでも、撮らずにいられないあたりが悲しい性ですな。
(写真をクリックするとSkyDriveに飛びます)
2013.04.01 Mon l 写真 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。