上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『ラストライブ』

個人的には、何かが消化不良……。

アンコールからの『僕らは今のなかで』は期待以上の演出なんですが、どうにも取って付けた感があり、これがラストだったので消化不良に感じているのだとは思います。
ネットで見た感想に、「本当は『僕らは今のなかで』をラストライブの曲にしたかったんだけど、大人の都合で新曲を入れなきゃいけないから、こんな演出になったんじゃないか」というのを見かけましたが、意外と当たっていそうな気もします。

第9話でテーマの回収が終わってしまったので、第10話以降は蛇足感が出ないかと心配していたのですが、『ラブライブ!』という作品が築き上げてきたものは、その程度で語り尽くせるほど浅いものではなかったですね。素直に頭が下がります。
ここまで「終わり」を丁寧に描く作品も、珍しいんじゃないでしょうか。実際、第9話からは、もう毎週最終回なんですよね。これだけ最終回をやってもまだ感動できるって、『ラブライブ!』という作品は本当に奥が深いです。

ところで、ほの父のバルログ持ちは笑いました。ほの父、出番も少ないしひと言も発してないですが、存在感は半端ないですね(笑)。

そして、神モブは最後まで神モブでした。
スポンサーサイト
2014.06.24 Tue l ラブライブ! l コメント (0) トラックバック (1) l top
初動が8万2000枚を超えたそうですね。4thライブ先行で売上が伸びた1期の7巻でも、初動は3万1000枚なので、倍以上の(むしろ3倍近い)伸び率になったということです。
あくまでも5thライブ先行でブーストがかかっているわけですが、逆を言うと、5thライブにそれだけの価値が見出されている証左でもあります。3rdライブのBDも3万枚以上売ってますから、ある意味では当然の結果かもしれません。

2巻以降については、1期の各巻がおおよそ累計で2万5000枚、今年発売された特装限定版についても各巻5000枚ほどが出ているので、単純計算で初動3万枚前後は堅そうです。これだって立派すぎるほどの数字ですよ。
実際、2000年以降、初動が3万枚を超えたテレビアニメ作品は、20作品ほどしかありません。

ちなみに、ラブライブ!2期以前のテレビアニメで初動が最も多かったのは、『化物語』第6巻の7万2000枚、第1巻に限定すれば『魔法少女まどか☆マギカ』の6万2000枚です。5年ぶりに記録が塗り替えられたことになります。
2014.06.24 Tue l ラブライブ! l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。