上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『姫宮の鬼姫様』

すげーアニメだなぁ。
優歌と千花のエピソードをここまでシリアスに引っ張って、最後にはあっさりと姫宮崩壊。ここのプロセスに全く時間を割くこと無く、ほとんど痛快娯楽時代劇のノリで見事なまでのカタルシスを演出してくれました。
結局のところ、姫宮云々は本筋ではなく、その上で成り立っている優歌と千花(+銀夏)の物語に意味があるわけで、無意味に姫宮を引っ張る必要は無いんですよね。それでも、ここまで潔く姫宮を切り捨てられるあたりが、この作品の強さかもしれません。

いえね、中盤まで、優歌と千花のエピソードがかなり深刻な形で進んだので、個人的に少し心配してたんですよ。「この作品、舵取り大丈夫かなぁ……?」と。しかし、凶華の「姫宮と戦争を始めるぞ!」のひと言で、不安が一気に吹き飛びました。……と同時に、「ああ、これが『狂乱家族日記』なんだなぁ」と得心したわけです。

シリアスに演出すべきシーンは、徹底的にシリアスに演出する。一方で、カタルシスを演出すべきシーンは、荒唐無稽とも思える演出手法を使ってでも痛快さを演出する。このあたりのメリハリの付けかたが、今週は本当に心地良かったです。
ギャグとシリアスは決して相容れないものではなく、ただバランスを間違えると「お前は、どっちをやりたいんだ?」というツッコミを受けてしまうので、どうメリハリを付けるかがやはり重要だと思います。その点で、『狂乱家族日記』はバランスの取れた構成になっていると思います。
ストーリーのロジックも単純で、ポイントをわかりやすく突いてくるんですよね。凶華の台詞回しはとくにそうなんですが、意味深な台詞で煙に巻くような演出がほとんど無いので、見ていて爽快感を覚えるんですよ。
加えて、前回の感想でも書きましたが、キャラクターの役割分担をかなり早い段階で構築できているので、視聴者がどこに視点を置くべきかがわかりやすいんですよね。

えらく賞賛してしまってますが(笑)、見れば見るほどきっちり作られているので、「ほー」と感心してしまうわけです。

というわけで、構成技法面ではよくできているので、あとは作品の「中身」自体がこれから面白くなってくるかどうかの問題ですね。期待してます(笑)。

で、最近まで知らなかったんですが(汗)、EDは2週単位で変わるんですね。しかも、放送局によって流れるEDが違うということで。
我が東海テレビは、第1弾が凶華で第2弾が千花。最初に凶華様を引きあてたあたり、なかなか幸運だったのかもしれません?????
Hiroy's Blog
荒野の出来事
アニメを中心に語ってみるブログ
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
よう来なさった!
メルクマール
Dream of hetare the world 跡地
ラピスラズリに願いを
アミューズエイド
LUNE BLOG
シュージローのマイルーム2号店
2008.05.02 Fri l アニメ l コメント (0) トラックバック (6) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/1478-b032484d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 前回でクラスからのイジメ問題が解決されたと思った矢先に再び虐めに遭う優歌。 銀夏:「泣かないでとは言わない・・・。泣きなさい。思いっきり泣いてスッキリしなさい。」  優 し い な お 姉 兄 さ ん w  第3話 姫宮の鬼姫様  再び優歌が?...
2008.05.02 Fri l アミューズエイド
あれ?なんか先週も似たような話だった気がする。 デジャブだろうか・・・
2話に続いてシリアスな話でした。実はこの作品って、これが本来のカラーなのでしょうか? てっきり1話のような電波アニメと思っていまし...
2008.05.02 Fri l メルクマール
 前話で、ようやく優歌の虐め問題が終了した……と思ってたら、特定の男児2名に未だに虐められている上に、なんと黒幕がいました!!!  黒幕...
前回で目出度しで終わらないのが並みのギャグじゃないところ。 「壊していい」と子供を唆(そそのか)す、いい歳したオバさんが直接対決です...
今回は、またしても優歌が虐められるというお話でした。 全ては姫宮千子の差し金。 こいつもまた姫宮では悲惨な目にあってるらしいですが、ホントこの家狂ってます。 またしても虐められる優歌は、今度はあの2人だけ見たいですけど前以上に酷くなっているような。 ...
2008.05.06 Tue l パズライズ日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。