上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
触れておかねばなるまい(笑)。

さすがに、これは見に行けんなぁ~(爆)。

今回の劇場、無印をベースにするという話ですが、今までメディアによってストーリー軸を変えるパラレル展開を避けてきた同作が、劇場においてもポリシーを貫くのかが気になるところです(完全新作という話もあるようですが……)。個人的には、『A's』のあと、なのはたちが地球に居る間の空白を埋めてくれると嬉しいなぁ~……と思うんですけどね。

ところで、この劇場がどういう戦略で出てきた話なのか、気にしている向きも多いようで、無駄な邪推など(笑)。
『なのは』という作品自体、『StS』まで3シリーズ作られたわけですが、ファン層を見ると、巨大な無印ファンのセグメントと、それより小さな『A's』ファンのセグメントがあって、この2つだけで固定ファンの大部分を占めてしまいます。ぶっちゃけ、(blog界隈では)『StS』の評価はDVDの売上ほど芳しくなく、ファンの間でも賛否は二分されています。もう少し書くと、無印と『A's』で獲得した熱心な固定ファンが(なぜだか、『なのは』の固定ファンはやたら熱心な人が多い)、DVD売上の底上げをしている……という感じでしょうか。
で、『StS』が商業的に成功したかどうかは置いといて、この劇場が無印をベースにするというのは、展開的な意図なのか商業的な意図なのか……というところに、少し勘繰りを入れたくなるわけです。

ぶっちゃけ、展開を睨むのなら、素直に『StS』アフターをやりゃあいいと思うんですよ。いちおう、サウンドステージ(ドラマCD)は出るみたいですね。3年後ですか。なのはも、もう22歳ですよ(笑)。未成年ですらありませんがな。
そうなってくると、もはや『魔法少女リリカルなのは』というコンセプトを生かしたまま「高町なのは」を主人公とすることにも無理が生じていて、ここを変えないかぎり、『StS』アフターは有り得ないと思うんですよね。そう考えると、劇場版であえて無印の新作をやるというのは、展開ではなく商業的な損得で出た結論なのかなぁ~……と思えてしまうわけです。

正直に申しますれば、私、『StS』の序盤を見たとき、「(主人公としての)なのはを切り捨てたか!」と思ったんですよ。しかも、好意的に。最初、スバルが主人公であるという点に、私は『魔法少女リリカルなのはStrikerS』の「本気」を感じたんですよね。
ところが! フタを開けてみれば、ヴィヴィオなんてキャラがいきなり登場して、なのはが中途半端に主人公ヅラするモンだから、どんどんストーリーがおかしなことになってしまい……(以下略。このへんの愚痴は、こちらの記事に書いてますんで、お暇なら読んでみてください)

私は常々、『魔法少女リリカルなのは』という作品コンセプトは、キャラ萌えだけで終わらせるにはあまりに勿体無いと思ってるんですよ。男性向け魔法少女作品として、現状考えられる様々な要素がきちんと完成した形で作品世界に組み込まれているので、ベースがすごくしっかりしてるんですよね。だから、もっともっとスピンアウトがあってもおかしくない作品だと思っています。要するに、「高町なのは」が主人公やってるだけじゃ勿体無いということです。
そういう意味で、『魔法少女リリカルなのは』という作品コンセプトをもっと生かすのであれば、「高町なのは」という主人公にこだわる必要はどこにも無くて、新たな主人公がスバルでも他の新キャラでも何も問題無いと思っています。むしろ、そういう展開が無いことが不思議でしょうがない。

……と、ここまで考えて思ったんですが、こういう発想って、アニメや小説的なものではなく、むしろTRPG的な考えかたなんですよね。
TRPGって、コンセプトありきでキャラは全てあとづけなので、物語毎に主人公が変わるというのは「あたり前」の話です。だから、テレビアニメ版『ナイトウィザード』の主人公は柊蓮司でしたが、柊以外の既出キャラはもちろん、全くの新キャラが主人公だったとしても、原作(リプレイ)のファンは誰ひとりとして怒りも驚きもしなかったと思います(むしろ、柊が主人公であることに驚いたかもw)。だって、TRPGではそれが「あたり前」だし、そもそも柊は「『ナイトウィザード』という作品コンセプト」の主人公じゃないんですよね。

そう考えると、我々のようなアナログゲーム的発想に慣れた人間ではなく、アニメや小説のように「固定化されたストーリーとキャラクター」に慣れ親しんだ人たちにスピンアウト的な作品展開を提案するっていうのは、すごく難しいのかなぁ~……とも思います。
でも私は、ひとつの作品コンセプトの中で、どんどん新しい物語と主人公を提案していくという作品展開をもっともっと見てみたいです。『魔法少女リリカルなのは』という作品コンセプトが好きだからこそ、『なのは』にはそういう展開を期待してしまうし、もし第4期が「新しい主人公」で実現するのならば、力の限り応援したいと思っています。

あー、最後に、この記事は全て妄想で書かれているので、つまらないツッコミは無視します(笑)。
2008.07.30 Wed l アニメ l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

書き込みさせていただきます。
そういう展開もアリだと思います。
個人的には、なのは達が50代あたりで次の世代を、
育てるような話でも良いと思いますし。

どちらにしても観に行くのは難しいと思うのでDVD待ちでしょうか?
2008.07.30 Wed l mop3. URL l 編集
ついにこの話題が現実になる日が来ましたかw
しかしながら、三期を作った時点で原作者が作品を投げてしまっているのでどうなることやら

無印の頭の数話を放送した時点で「カードキャプターさくらじゃん」との多数の投稿があり、今の熱いバトル路線へ行った経緯もありますから、元ストーリーをやってくれても楽しかと思ってまーす
2008.07.30 Wed l キッド. URL l 編集
初めて書き込みをします。

「なのは世界」のシェアワールド化ですか…・・・、実際難しいところでしょうね。キャラクター商品と言う側面がある限り、簡単に数字を上げるのは難しいかと。とは言え、「なのは世界」は非常に作りこまれた世界観であり、シェアワールド化に耐えうるとは思います。

……個人的には、「今から50年前、高町なのはとフェイト・テスタロッサの打ち立てたミッドチルダ式におけるカートリッジシステムの導入は近代魔術における革命的な考えであり……」と言う歴史の教科書のくだりから始まるのもありだと思います。
2008.07.30 Wed l ウナル. URL l 編集
どうもです。

>mop3さま
>育てるような話
私はどちらかというと、スバルのようになのはに憧れつつ、接点の無いキャラが成長していく話など見てみたいなぁ~……と思っております。

>どちらにしても観に行くのは難しい
たしかに(笑)。DVD待ちです。(どうせ、すぐに出るので)


>キッドさま
>カードキャプターさくらじゃん
これについては、↓こちらで私見を書いてますので、よろしければご参照ください。
http://mys.blog2.fc2.com/blog-entry-1133.html
私は、『さくら』に似た展開っていうのは完全にミスリードを狙ったもので、本当は最初っからバトルをやりたかったんじゃないの?……と思ってます。その意味では、作品的に重要なのはキャラ萌えじゃなくてコンセプトのほうじゃないかなぁ~……と思いつつ、でもやはり商業的にはコンセプトだけで売るのは難しいですよね……。


>ウナルさま
>キャラクター商品と言う側面
たしかに、そうですね。固定ファンを取ってしまえば、キャラクターを売り続けるほうが商業的には有利だと思います。ただ『なのは』の場合、商業面だけを見れば『StS』で10年後にする理由もよくわからず、制作側の意図と販売側の意図が上手くかみ合ってないのかなぁ~……と思えるフシもあります。

>シェアワールド化に耐えうる
耐えうるどころか、管理世界がいっぱいあるわけで、これって「シェアードワールド化しろ!」と言ってるようにしか見えないんですよ(笑)。
2008.07.30 Wed l MyS. URL l 編集
あれは、CCさくらに似ているとの投稿を受け、作者がキレて
本来熱いもの好きな作者が、今までのプロットを全て破棄、あの展開へ

本来ならさくら風に進み、ラスボスは鬼の末裔であるアリサと戦うことになっていました


なんて制作秘話を知りませんか?
2008.07.31 Thu l とおりすがり. URL l 編集
どうもです。

>制作秘話
これは冗談と受け取るべきなんでしょうか……。
「つまらないツッコミは無視する」と書いた手前、真面目に応じますが、1クール作品の放送途中にプロットを破棄するというのは、スケジュール上、どう考えても不可能です。わかりやすい例として、アニメのアフレコが通常、放送の1か月前に行われることを考えれば、いかに不可能なことか容易にわかると思います。
そもそもアニメ製作は集団作業なので、作者ひとりのわがままでプロットが破棄されることはありません(現場が混乱して製作が進まなくなる)。作者がスポイルされて終わりです。

以上、いちおう「釣られて」おきました。
2008.07.31 Thu l MyS. URL l 編集

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/1559-296c83cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。