上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
サンプルはすでに上げてるので、そちらで(汗)。

まず、なんでGX200を買ったかというと、E-520を持ち出すには大袈裟だけど、F100fd(F31fd)よりしっかりと撮りたいというときに使えるカメラが欲しかったんですね。F100fd(F31fd)は完全にフルオート機として使ってるので、それよりも使い手のあるカメラを……ということで、GX200を選択しました。
LX3とも比較しましたが、正直、LX3は使い勝手が悪過ぎ。店頭で触って、まるで意味不明でした。画質だけを見ると、たぶんLX3のほうが良いとは思うんですけどね。

GX200は、パッと見はプラスチック筐体でショボさを感じますが、持ってみると形状もバランスもよく手に馴染みます。2点注文をつけるとすると、レリーズボタンとアップダウンダイヤルは位置が逆のほうが良かったというのと、Fn1ボタンとフラッシュのポップアップスイッチは位置が逆のほうが良かった。形状的に、私の手だとレリーズがやや手前過ぎて、微妙に持ちにくいです(なので、レリーズ時にカメラがブレやすい)。

反応はキビキビしていて、充分軽快。昔、リコーのデジカメを使っていたことがあり、当時のトラウマがあったんだけど、何も心配することは無かった。
背面液晶がとにかく綺麗。VF付き買ったけど、正直VFいらないくらい(汗)。

機能はとにかく豊富ですね。マイセッティングで、焦点距離も記憶させられるのは便利です。私は、28mmスタートで、1段絞ったF3.8を基本設定にしてます。
ADJレバーで呼び出せる設定や、Fnボタンの機能割り当ても柔軟性が高いので、メニューに設定項目が多くても、設定に手間取るということは無いです。このあたりのカスタマイズ性の高さは、手慣れてるなぁ~といったところ。

画質は、全体的に解像感が高いです。つーか、カリカリ。とくに光源が強いと硬めの絵になりやすく、このへんは好みが分かれるかも。
ノイズの多さは相当で、ノイズ嫌いな人にはツラいかも。私は、色味とディテールに影響しない範囲であればノイズをあまり気にしないので、GX200の絵でも充分許容できます。ただ、実用感度はISO200まで。ISO400以上になるとノイズが色味に影響を与え始めるので(全体がノイズで白っぽくなり、コントラストが落ちる)、高感度撮影はオマケ程度と、夜間や室内撮影向きのカメラではないですね。(私基準で)ISO1600が使い物になるF31fdと比べると、高感度画質は雲泥の差です。3段分か……。手ぶれ補正効果をさっ引いても、暗所撮影ではF31fdのほうが有利ですね。
GX200はおそらく、風景写真用と割り切ったほうがいいかも。実際に人物撮影はしてませんが、このカメラで人を撮るのはちと怖い(笑)。

あと、前にも書いたけど、わりと露出オーバー目傾向で、とくに逆光ではハレ気味になりやすいので注意が必要。このへんのクセを早い段階で見極めないと、思い通りの絵を作るのが難しいかも(私は、まだよくわかってません)。ただ、私はこのクセを「悪い」とは思ってなくて、人間側の使いこなしの範疇だと思います。

総評としては、良いカメラです。ただ、費用対効果で価格だけの価値を持ったカメラかどうか……と考えると、GX200はやはり「趣味で使うカメラ」なんでしょうね。
細かい話だと、せめてISO400まで常用できるレベルに持っていってほしかったというのが1点と、JPEG保存の圧縮率をもう少し低めに取ってほしかったというあたりでしょうか。

ああ、そうそう。噂のキャップは、もちろん付けてます。これは素晴らしい。
2008.09.09 Tue l デジカメ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/1584-279b3d2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。