上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
プロ野球の「通説」は錯覚? 名大教授ら846試合分析

ちょっと気になったので。

気になったのは、「チャンスを逃すとピンチあり」に対する考察。
「走者が二塁以上に進んだチャンスがあったのに得点できなかった場合……」という条件でのデータで分析したらしいんですが、何という意味の無いことを……。

野球はよく「メンタルスポーツ」と言われますが、前の回まで好投していたピッチャーが、ちょっとしたことがきっかけで、いきなり3人の打者にいずれも初球を3連打……なんて話も珍しくないです。
野球で言うところの「流れ」というのは、まさにこのメンタル部分であり、試合の流れがメンタルに与える影響、そしてメンタルが試合の流れに与える影響を分析しないと、意味のあるデータなんて取れるはずもない。
なので、「走者が二塁以上に進んだチャンスがあったのに得点できなかった場合……」という条件だけではなく、さらに「何回」「何対何」「シーズンの序盤か終盤か」「優勝争いしているか」……といったデータを加味しないと、「チャンスを逃すとピンチあり」という言葉が持つ本当の意味を肯定も否定もできないんじゃないだろうか。

本を読んだわけじゃないのであまり偉そうなことは書けないんですが、もし上に書いたとおりの内容だったら、ほとんどトンデモ本の類ですよ、これは。「熱狂的タイガースファン」という触れ込みらしいですが、タイガースばっか見てて野球を見てなかったのかも……。
本屋で見つけたら、ぱらぱらとめくってみます。
2008.09.26 Fri l 雑談 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

お久しぶりで~す

確かにメンタルなスポーツですね!
今回の分析は、単純に点が取れなかった場合、
気落ちしてピンチを招くのかという点だけで、
分析したんじゃないですかね~

これにプラスして、点を取ってもらった後、
どれくらいの確率で失点するのかっていうのも考察する必要がありそうですね。
よく投手は、点を取ってもらったあとに失点するのはNGと言いますしね。
案外、読んでみると詳しいことが書いてあるかもしれませんね^ ^
あ、阪神ファンだとダメか(マテ
2008.09.27 Sat l 明善. URL l 編集
どうもです。

>明善さま
本屋に行ったんですが、すっかり探すのを忘れてました(汗)。
よく「データ野球」とは言いますが、そこに判断する力が入らないとただのデータなわけで、案外詳しく書いてあったとしても、さして役立たないような気もします(笑)。
2008.09.29 Mon l MyS. URL l 編集

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/1597-60ac9c0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。