上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『神籬(ひもろぎ)の娘』

やっと見ました。(放送開始も先週なんですが)

面白かったけど、なんかよくわからんかった。つまり、演出技術的には小気味よくて面白いんですが、全体としてこの作品がどこを向いているのか判断しにくかった……ということです。なんか、お話の全体像そっちのけで、ひたすらキャラクターだけを描写したという感じでしょうか。あえて悪く言うと、小手先アニメという感じ。
過去の経験から、倉田英之さんの構成は「小手先」と感じられる流れ(面白いんだけど、面白さが宙に浮いた感じ)になることが多いので、ちょっと心配している部分はあります。

あえて第1話をそうしたのか、あるいは作品の方向性としてこうなったのかは次回以降を見てみないとわかりませんが、ひとまず面白そうではあるので見続けます。

沢城みゆきさんが普通のヒロインをやるのって(私が見ている作品では)珍しいので、そこにはちょっと期待(笑)。
2008.10.21 Tue l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/1627-04287b78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。