上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『彼女が水着に着替えたら!?』

水島努監督(+この制作スタッフ)は、声優の独特の使いかたが非常に上手いですね。『ドクロちゃん』の千葉紗子さんや『大魔法峠』の佐藤利奈さんなどは最たるものですが、「この声優は、普通こういうキャラにあてるだろー」というのを上手く外してきて、しかもしっかりハマっているのが面白いです。
今回だと、川澄綾子さんや釘宮理恵さんといった水島監督作品で「よく知れた」人たちの使いどころが、非常に面白い。一方で、白石涼子さんや高橋美佳子さんなどは定番を押さえていたりと、配役のバランスが良いです。

で、今週は先週とは打って変わって、完全なドタバタでした。時折シリアスなシーンを挟みながらの展開でしたが、演出にリズム感があるので安心して楽しむことができました。このへんの出し入れが上手く回ると、基幹の物語がシリアスに展開しても楽しく見られそうな気がします。
あとは、ドタバタの起点が常にケメコなので、ケメコ抜きでこの面白さを演出できれば完璧なんですが(ケメコの中身がエムエムだというのが、演出上、どうにも引っかかるんですよね……)、作品の方向性としてそれが正しいかどうか……は、ちと微妙かもしれません。

それぞれのキャラがそれぞれに見どころを演出するので、ポイントを挙げていくとキリが無い(笑)。基本的に三平太“だけ”をツッコミ役にして、各キャラがけっこう好き勝手やってるんですよね。
あとは、シリアスに傾倒し過ぎず、無意味にドタバタするだけで終わらなければ、かなりの名作になりそうです。
幻影現実 私的工廠 ブログ
失われた何か
電撃JAP
2008.10.30 Thu l アニメ l コメント (0) トラックバック (2) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/1659-aad3dcdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
博士「原田知世ですね、わかります」 助手「またそれかいwww」
2008.10.31 Fri l 電撃JAP
 「ケメコデラックス!」OP&EDテーマ: ケメコデラックス! 公式HPのストーリ解説では 第四話目は サブタイトルに「!?」がついてますが、アニメ内では ついてないのは ワザと? 『 うるさい、うぜろ、目障りだ。 』 ケメコとしてセリフ言うよりも エムエムのセリ?...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。