上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『大橋高校文化祭【中編】』

ここで実乃梨が出てくるとは思ってませんでした。

思っていたよりもはるかに、大河は父親に対してまんざらではない様子。竜児は、どうも「父親」という存在にかなり強い憧憬を抱いているようで、大河の父親に対する無条件の信頼感はどこか病的にも感じます。
一方の実乃梨は、どういう経緯があったかは知りませんが、大河の父親に対してかなりの不信感を抱いています。

ポイントは2つあって、竜児の「父親」という「存在そのもの」に対する先入観と、実乃梨と「衝突した」ということですね。この2つを切り離して考えるべきか、あるいは合わせて考えるべきかは少し判断しかねるのですが、この事件をきっかけにして、またひとつ転換点を迎えたのかな……という気がします。
初期の感想で、「竜児から実乃梨」と「大河から北村」への感情を「ポエティックな意味での恋愛感情」と表現しました。ここに来ても、「大河から北村」への感情はあまり大きな変化を見てないんですが、「竜児から実乃梨」への感情は確実に「リアル」へ移り始めてるんですよね。結果的に、それが恋愛感情として成就するかは不明ですが、少なくとも、亜美が言うほど竜児と実乃梨の世界はズレてないんじゃないかなぁ~……と、個人的には思います。
少なくとも、「櫛枝実乃梨」というキャラクター自体も、初期の「神様」から「女の子」に変わり始めてるんですよね。以前、某先生の感想で「実乃梨のキャラとしての裏づけの無さがツラい」みたいなのも読んだんですが、結局、この物語は竜児視点で語られており、初期の実乃梨の「非リアルさ」というのは、たんに竜児が持つ「憧れ」の象徴的な演出だったんじゃないかとも思います。

この物語における竜児を示すキーワードは、「実乃梨」と「父親」だと私は勝手に思ってるんですが、2つの幻想が崩れていった先に、竜児のとっての「ほんとの自分」があるのかなぁ~……とも思うんですが、どういう展開に結びついていくのかがあまりイメージできてないんですよね。
竜児×実乃梨という結末は充分にある(許容できる)と私は思ってるんですけど、それが『とらドラ!』という作品にとって幸せなことかというと、やはり疑問もあります。

ところで、話の主眼が大河にあるようでいて実は無く、もっぱら竜児がフィーチャーされるという流れになっているので、大河は少し損な役回りのようにも感じますね。

それはそれとして、この手の文化祭演出に出てくる「ネタ」って実際にやったらドン引きされそうなのがけっこう多い気がするんですが、今回のは普通に面白そうでした。まあ、田中理恵さんの好演のたまものかもしれませんが(笑)。
日常と紙一重のせかい
アニメのストーリーと感想
新・天の光はすべて星
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
ニコパクブログ7号館
まるとんとんの部屋
SERA@らくblog 3.0
電撃JAP
gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
新しい世界へ・・・
日記・・・かも
いーじすの前途洋洋。
八月の鍵
2008.12.18 Thu l アニメ l コメント (0) トラックバック (15) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/1691-138e0945
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
とらドラ!の第12話を見ました。第12話 大橋高校文化祭【中編】文化祭の準備が始まるの中、竜児の勧めもあり、陸郎と再会した大河は、プロレスの衣装合わせの後、娘の信頼を取り戻したいという陸郎の気持ちに懸命に応えようとし、汗臭くないか気にしていた。「あぁ、おっ...
2008.12.18 Thu l MAGI☆の日記
 第12話 『大橋高校文化祭【中編】』  なんだか、よく判らないけど、 この話を3話でまとめる理由がよく判らないです。 正直途中で退屈...
2008.12.18 Thu l まるとんとんの部屋
▼ 第12話「大橋高校文化祭【中編】」 大河は父親と和解し。 文化祭に来るというので、一度でいいから主役をやらせと亜美にお願い。 みのり...
2008.12.18 Thu l SERA@らくblog 3.0
博士「何やら波乱の予感・・・」助手「この作品には珍しい・・・」...
2008.12.19 Fri l 電撃JAP
 2学期に突入して、大橋高校では文化祭の準備が始まった。2年C組の実行委員になった春田浩次が男子生徒に対し、クラス展示として「メイド喫茶」をやろうと持ちかけた。ただ話を聞いた生徒達は、思い思いのお気に入りの衣装を言い出し収拾が付かなくなった。そこでクラ...
『そうじゃない!間違ってるとか、間違ってないとかじゃないの。・・・そんなことより大切なことってあるから。だから謝るとか許すとか、そういうのが必要になってくるの。』 大河の父親とプロレスショー。2つのキーワードがメインでありつつも、思わぬ発言で意外な展開?...
文化祭の準備で忙しい大橋高校。 中庭では大河のクラスが何かをしていた。 「もっと腰を落として!洗脳光線~!ビビビ、ビビ・・・」 「ビ...
2008.12.19 Fri l 新しい世界へ・・・
だんだん人間関係がカオスになってまいりました。前回、再び父親と暮らしていくことになった大河。あれから父親との関係はそれなりに良好のようで大河もまんざらでもない様子。高須君も微笑ましく見守りつつも、どこかいつも寂しげな表情もしております。大河の保護者は彼...
第12話『大橋高校文化祭【中編】』とらドラ! Scene1(初回限定版) [DVD]今回は、文化祭本番。
「ふざけんじゃねえ…」 それは、今回の問題の重さを象徴するかのような響きであった。
今週は文化祭編の中編。 竜児の見る限り、陸郎さんは良い人でしたが、実乃梨の反応は…。
2008.12.19 Fri l 日記・・・かも
とらドラ! 第12話 「大橋高校文化祭 中編」 評価: ── やめてぇぇぇ!切らないでぇぇぇぇ! 脚本 岡田麿里 ...
とらドラ! 第12話「大橋高校文化祭【中編】」の感想です。
2008.12.19 Fri l 八月の鍵
とらドラ! Scene1(初回限定版) [DVD]クチコミを見る 2年C組は文化祭でのプロレスショーに向け、クラス一丸となって練習に励んでいた。大河は陸郎と一緒に食事をするようになってから、練習後にくたくたになって帰宅しても、その表情はどこか明るかった。一度失った大...
「亜美はいい奴だ!!」 みのりんと喧嘩をしてしまった竜児を励ますなんて本当に竜児
2008.12.21 Sun l アニメ-スキ日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。