上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『星は、遠く』

ここから、大河と北村が頑張るフェーズでしょうか。個々のエピソードで疑問符が付くところも多々あるんですが、竜児×大河→竜児×実乃梨→大河×北村という形でメリハリを付けて進行していく構成は、どこに注目すべきかわかりやすくて良いですね。
最初の頃、神様のように見えていた(超越していた)実乃梨や北村も、次第に竜児や大河が居る位置へと降りてきています。これは、彼らが住む世界が近づいている……ことを示唆しているんでしょうか。
一方で、亜美が実乃梨や北村と立場を入れ替えて神様視点になりつつあり、そういう点で、亜美というキャラクターの存在が上手く機能してるのかな……とも思います。序盤の印象では、亜美は竜児・大河側のキャラだと思ってたんですが、完全に逆ですね。

で、不良になった北村ですが、本当に彼が生徒会長になりたくないのなら、自らの言葉で「ならない」と言い切ればいいだけのはずで、彼がそれをしないというのは、「生徒会長になりたくない」というのが彼自身の絶対的な意志ではないからでしょう。その意味で、亜美の指摘は的を射ており、北村の行為はかなりマッチポンプ的にも見えます。
一方で、今回の亜美の言動は「客観」というより「達観」していて、その点で(実乃梨視点から)かなり偶像化してきてるのかな……とも思いました。本音を言いながら白眼視する(態度を取る)「大人」って、どちらかというと偶像的な意味合いが強いように感じます。ただこれは、今回の(大河と北村の)エピソードに、亜美は本質的に不要……という構成上の問題が原因かもしれません。

でまあ、北村を引っ張り出すため、大河が生徒会長選挙に立候補するわけですが。どんなことになるのやら、次回に期待です。
ニコパクブログ7号館
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
日常と紙一重のせかい
WirepullerofAnime~アニメの傀儡師~(旧:日々、徒然)
八月の鍵
全て遠き理想郷?なブログ
ラピスラズリに願いを
ゼロから
明善的な見方
2009.01.16 Fri l アニメ l コメント (2) トラックバック (9) l top

コメント

お久しぶりです。いや、ほんとにお久しぶりになってしまいました(笑)。

とらドラ!の感想を読ませていただきました。おおよそ私も同意見です。

この文化祭によってとらドラ!の世界は大きく変化しました。竜児は父親に対する理想をある程度払拭しました。大河はいろいろと吹っ切れたようです。

ですが、一番大きな変化は実乃梨でしょうね。今ままで感情的な面を見せなかった彼女が怒鳴り、無視し、泣きました。
13話で「私普通にしゃべってる」と自分でも不思議そうにしていたところを見るとやはり実乃梨は自分を偽りつつ生きている少女なのでしょうね。それが大河パパの一件で一気に崩壊しました。その辺の理由についてはまだ明確ではありませんが、素直に自分を出せる大河が羨ましいのかな、と思います。いわば理想の少女像を大河に抱いているのかもしれません。それを壊されたくないので、大河を思い大河を悲しませるであろう、大河パパに拒絶反応を起こしたのではないかと思っています。

心境を竜児に話したことで実乃梨は竜児と同じ地点に下りてきました。これは竜児にとっても大きな意義でしょうね。


さて、今度は北村が壊れました(笑)。これも予想以上の展開でした。世界の崩壊第二波ですね。
事情がまだ明確ではないので、はっきりとしたことは言えませんが、北村は物語の中心に座るのが嫌なのではないでしょうか。今まで北村はずっとサポーターでした。傍観したり、支援したり、火種を投じてみたりと活躍してきましたが、実際のところ北村本人のためのことはやっていません。それが、どうにも自分のためにやらなければならないことと直面したのではないかと思っています。


亜美はずいぶんと位置づけが変わりましたね。14話での写真のくだりから亜美は写真(外面)を見て思いを寄せられてもまったく関心を抱かず、写真の中(本性)を知ってなお、近づく人にのみ関心を抱くように思えます。竜児と大河に好意を抱くのも、それに起因しているのでしょう。それは同時に仮面の自分と本心の自分をきっちり分けれていると言うことにもつながります。この辺の割り切り方が実乃梨や北村にはできない部分で、そこを実乃梨は大人と認識しているのかもしれません。


状況は大きく変化しました。それぞれのキャラクターの立ち位置ががらりと変わるのはなかなか面白いです。
本当に飽きさせないアニメです。

だいぶ、長文を書きなぐってしまいました。申し訳ありません。
今後は北村の大河の心境の変化に期待したいです。
2009.01.20 Tue l ウナル. URL l 編集
どうもです。

>ウナルさま
長文、おつです(笑)。

>実乃梨は竜児と同じ地点に下りてきました。
逆に今度は、竜児が実乃梨と同じ場所に上がる番……かもしれません。今回の件で、大河も北村も大きな一歩を踏み出すでしょうけど、肝心の竜児はまだこれからなんですよね。その意味でも、竜児にとっての意義はものすごく大きいと思います。

>亜美はずいぶんと位置づけが変わりましたね。
個人的に、この物語の中で、最も意外だった点でもあります。ただ今思うと、亜美エピソードで「ほんとの自分」というタイトルを持ってきたのは、ちゃんと意味を持たせてるんだな……と感心します。
ただちょっと、洞窟での一件(正確な台詞は忘れましたが、竜児と実乃梨の見ている世界が違うとかなんとか、そんな感じの忠告です)で、ちょっと達観しすぎかな……と感じ始めてはいます。そうは言うけど、子供だって頑張って生きてんだ!……という意味合いでの「大人」かもしれません。亜美としては、ちょっと損な役回りですが。

キャラの位置づけが極端に変わり続けるので、唐突過ぎて逆についていけないという意見もありそうで、たしかに演出的に足りてない部分は多いんですが、この少ない登場人物できちんとメリハリをつけていく構成は、さすがに上手いと思います。無駄なエピソードが無いんですよね。たしかに飽きさせないアニメです。
2009.01.20 Tue l MyS. URL l 編集

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/1713-8ed2f3c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
第15話あらすじ 生徒会長選挙が来週に迫り、北村は生徒たちの間で次期生徒会長候補ナンバーワンと噂されていた。だが、その北村が突然、選...
北村いろいろと壊れるw まぁもともと少し壊れているけど(ぇ ではとらドラ感想です。 とらドラ! Scene1(初回限定版) [DVD](2009/01/21)釘宮理恵間...
家出してきた北村祐作。ああ、逢坂大河の作った目玉焼きを食べちゃいましたよ。なんとか大丈夫だったみたいだけどね。
2009.01.16 Fri l ゼロから
とらドラ! Scene1(初回限定版) [DVD]クチコミを見る 文化祭にまつわる大河の噂も収まり、次の一大イベント、生徒会長選挙が控えていた。竜児のクラスでは第一候補はもちろん北村だと盛り上がるが、当の北村は覇気が無く、立候補しないと言う。その翌日、北村は髪を金髪...
第15話『星は、遠く』とらドラ! Scene1(初回限定版) [DVD]今回は、北村がグレる話。
とらドラ!の第15話を見ました。PSPとらドラ・ポータブル!超弩級プレミアムBOX【特典付き】(2009年4月30日発売)第15話 星は、遠く「それで亜美ちゃんは受け入れたの?その大きいの…」「だってお仕事だし」「大きいたって大体こんなものでしょ?」「違うの、もうこ~んな...
2009.01.16 Fri l MAGI☆の日記
とらドラ! 第15話「星は、遠く」の感想です。
2009.01.16 Fri l 八月の鍵
今回こそ新OP!! かと思ったらまだ変わらず…プレパレードも好きですけど、変わる変わる思っていざ変わってないと何か微妙な気持ちですね(^...
とらドラ! Scene1(初回限定版)(2009/01/21)釘宮理恵間島淳司商品詳細を見るきっとチワワのことだよね?w
2009.01.16 Fri l 明善的な見方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。