上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
年度の区切りということで、下半期を振り返ります。対象は、2008年10月1日~2009年3月31日に東海地区で受信可能な地上波・衛星波で1話以上が放送された週連続アニメです。今回の対象は下半期に放送が終了したもの(4月2週目までに放送終了するものは、前年度下半期分として扱います)、および来期まで継続する作品です。上半期で放送終了した作品については、こちらをご覧ください。

■途中まで観て切った作品
『天の覇王 北斗の拳 ラオウ外伝』『ヴァンパイア騎士 Guilty』『空を見上げる少女の瞳に映る世界』
優先順位が低かったので切りました。

■とりあえず観た
『狂乱家族日記』
結果的に、私が求めていたのとは方向性が違っていたようです。作品としてはきちんとできていたと思うんですが。

『ケメコデラックス!』
結局、作品の狙いがよくわからなかった……ということでしょうか。この作品がどこを目指してどう歩んだのか、そこに納得を得られませんでした。何か大事なモノが欠けていた……と、そんな感じです。

『今日の5の2』
まあ、この作品はこれでいいんですが。テーマや話の作りが、どうにも馴染めなかった。アニメの問題というより、単純に『みなみけ』のほうが親しみやすい作りになってるんじゃないかと思います。

『喰霊 -零-』
全体的によくまとまった佳作だと思います。衝撃的な第1話に繋がる最終回もきちんとまとまっており、決着のつく形で終わらせられたのが良かったです。「つづき」が、ありがちな「未完結」的演出ではなく、新章という期待を持たせるまとめかたなのも良かったと。

『夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~』
よくまとまった物語だとは思いますが、途中からキャラものとして見てました……(汗)。

『鉄のラインバレル』
中身のあまり無い作品でしたが、それなりには楽しめました。

『機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン』
結局、何がやりたかったのか、よくわからなかった……。ハム様の出番も少なかったし(笑)。

『とある魔術の禁書目録』
だらだらと説明台詞が鬱陶しい作品でしたが、キャラものとして見るとわりと面白かった。あと、2クール作品なんだから、短編集みたいな構成をもう少し工夫してほしかったです。

『鉄腕バーディー DECODE:02』
よくまとまってはいるんだけど、第1期に比べると印象が薄い……。第1期がつとむの物語、第2期がバーディーの物語……という形なんですが、自分的にバーディーがあまり好きじゃないのかも知れない。

『宇宙をかける少女』
1クールじゃなかったんだ……。半ば秋葉が可愛いから見てる状態なんですが(汗)、ここから面白くなることを期待します。

『黒神 The Animation』
すぐに切るつもりだったんですが、惰性になりつつもそれなりに楽しみながら見ております。


■面白かった
『RD 潜脳調査室』
お話的にわかりにくい部分も多かったんですが、どちらかというとミナモを中心とした人物関係の物語のほうが個人的には好きでした。

『ひだまりスケッチ×365』
まあ、原作も好きなので。普通に面白かったです。

『CHAOS;HEAD』
妄想妄想妄想……という繰り返しがかなりウザかったんですが(汗)、それなりには楽しく見られました。

『あかね色に染まる坂』
湊しか見えてません(爆)。それだけで価値のある作品でした(笑)。

『かんなぎ』
全般的に何をどうしたかったのかムツカシイ作品でしたが、キャラの動きを追ってるだけでも楽しい作品でした。

『まりあ†ほりっく』
1クールでやろうとすると、きっとこうなっちゃうんでしょうね……。いちおうラブコメという触れ込みだと記憶してるんですが、「どこが?」という感じ。まあ、面白かったからいいです(笑)。

『とらドラ!』
久々に正しいラブコメを見た……って感じですね。実乃梨の件で気持ち悪さが残るなど、ところどころ構成の不備が目立ったんですが、トータルバランスの良い作品でした。

『タイタニア』
もう少し演出に力を入れてほしかった……というところですが、総じて楽しめました。艦隊戦にもう少し臨場感があれば、ビジュアル的にも楽しめたと思うんですが。

『ソウルイーター』
最終回のまとめかたはちょっと気に入らないというか、終盤の展開に納得のいかないところはありましたが、総じてよくまとまった楽しい作品でした。

『みなみけ おかえり』
こういう作品は、脱力しながら見ていられることに価値があると思います。

『CLANNAD ~AFTER STORY~』
少女とロボットの演出を見るに、やはりこうなるのか……というところですが、こういう終わらせかたは正直納得がいきません。作品としては面白かったんですが……。

『鋼殻のレギオス』
正直、序盤はあまり面白いと思わず、フェリだけ見てればいいか~……と思ってたんですが(汗)、話数をこなしていくにつれだんだんと物語のほうも面白くなってきました。後半に期待です。


■名作
『続 夏目友人帳』
本当に上手くできてる作品ですよね。作品としての雰囲気もいいし、構成・演出も非常にレベルが高く安定してました。作品そのものとしても非常に魅力的なキャラが多いし、毎週登場する個性的な妖怪を見てるだけでも楽しいです。第3期があって同じスタッフが作るなら、間違い無く見ます。

『マリア様がみてる』
名作ですよ。OVA見てないんで、導入部分でちょっとついていけない部分があったんですが……(汗)。それでも面白いんだから、非常に良くできた作品です。
2009.04.11 Sat l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/1775-b68e1678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。