上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『えがいてあそぼ』

業界人に大ウケなんだろうか?……とか、どうでもいいことを考えてました。

それにしても、桜井演出の威力が遺憾無く発揮された第1話ですね。しかし、4コマ原作をこんなスピード感で演出して、この先息切れしないだろうかと心配です(笑)。
『かなめも』でも『きらら』系作品の演出についてちょろっと思うところを書いたんですが、本作の場合、『ひだまりスケッチ』のような「奇をてらった」感も『けいおん!』のような「4コマから一歩引いた」感も無い、4コママンガ本来の小気味よさを殺さない正統派の演出スタイルが生きてますね。桜井演出のスピード感は、本当に見てて気持ちいいです。

また、声優陣もけっこうしっかりしたところを選んでいるので、この活きのいい演出に全く負けていません。ここで声優陣が……だと、一気に萎えてくるんですが。

正直、これはレベルが高いです。問題は、桜井監督がコンテを切らない回が同じレベルで面白いかという点と、途中で息切れしてしまわないかという点ですね。ちょっと心配になってしまうくらい、第1話は面白かったです。

それにしても、戸松遥さんが能登麻美子さんに聞こえてしかたなかった……。第1話の冒頭を見てから公式サイトでキャスト表を見たんですが、戸松さんだと気づきませんでした……(汗)。

あと、個人的に沢城みゆきさんの歌は、かなーり昔に聴いたプチ・キャラット以来なので、マトモに歌っているのを聴くのはじつは初めてだったりします。ED、かなり良いですね。キャラ声で歌うのが上手い。
2009.07.15 Wed l アニメ l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/1846-98f2228c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
GAはじまた。ちなみに、GAといってもギャラクシーエンジェルじゃない。芸術化アードデザインクアスの略である。メガネのキサラギ(ノトマミ)が主人公のようだ。そして、絵画の授業をねたに色々やる。そして、次はピクトグラムをつくる。キョウジュがピクトグラムの説明を...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。