上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『駄弁る生徒会』

メインキャスト、近藤隆さん以外知らないなぁ~。

メタな演出、嫌いなんですよね……。
たぶん、10年前くらいだったらこういうのも楽しめたんですが、アニメ作品に対する趣向というか自分なりの志向が固まってきた昨今は、どうもこういう導入について行けなくなりつつあります。要するに、「何を求めてアニメを見るか」の問題なんですよね。
さらりと流してくれる分には堪えられるんですが、こうもあからさまにやられるといきなり拒否反応が出てしまいます。こういうのが好きな人も居る……のかなぁ?

Wikipediaをちらっと見ると、どうもこの導入自体、ちゃんと原作の意志を踏襲しているようですね(この生徒会が、今回のアニメ化を働きかけた……という流れかな?)。だとしたら、もう少し上手く説明しないと、また原作未読者あたりから「アニメ化で、いきなり狙った演出か」と思われないか心配です。

本編のノリはわりかし面白いというか、あまり世界が広がらなければ(←意外とここが重要)、こういうのもアリかなと思います。
たぶん、杉崎の存在がこの作品のキーのひとつで、第1話を見るかぎり、彼がボケ役を一手に引き受けることで、話の展開がわかりやすくスピーディーになってますね。『らきすた』のようなまったり感は無くなると思いますが、女子ばかりで構成した際の妙なベタベタ感は無くなると思います。
尤も、杉崎というキャラ自体、嫌いな人は徹底的に嫌いかも知れませんが、彼を嫌った瞬間、この作品を見る意味は無くなるような気がします。

杉崎は、いちおう主人公という扱いにはなってますが、あくまで立ち位置は狂言回しに近いと思ってまして、彼が本当に話の中心になってしまうと、作品に対する印象がかなり変わるような気がします。第1話のラストを見ると、原作未読者として、そこがやや不安なんですよね。

原作の狙いがどこにあるかについてはWikipediaレベルの知識しかありませんが、この作品は、ちゃんと原作を知った上でアニメを見たほうが、もしかしたら面白いのかもしれません(逆に、不満も募るかもしれませんが)。アニメだけ見てると、うわべの演出でスルーしちゃって、「彼ら(スタッフ)が本当にやりたいこと」を見落としてしまうんじゃないかと、見る側の立ち位置として難しさも感じたしだいです。

久々に愛知最速なので(2分後にBS日テレで全国ですがw)、それを理由に見続けたい気持ちもありますので、しばらくは視聴したいと思います。
明善的な見方
2009.10.05 Mon l アニメ l コメント (0) トラックバック (3) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/1882-38560838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
生徒会の一存―碧陽学園生徒会議事録〈1〉 (富士見ファンタジア文庫)(2008/01/19)葵 せきな商品詳細を見る秋の新番組第2弾! ビジュアル的にもタ...
2009.10.05 Mon l 明善的な見方
娘TYPEの表紙がこれ↓だったので気にはなってたんですけど・・・
ドラマCDで十分。アマゾンの指標はどの巻も同じとか自虐ネタから始まった。もしかして、この原作って部屋のそとからでないのか?そして、タイトルを考える、涼宮・・・ゆううつってどうやてかくんだっけ・・・そして、いくでがんす。ふんがー。怪物君のパロディーのパロ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。