上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『馬超、悶々とするのこと』

今期一番の期待作(爆)。アグミオン……じゃない、十勝の最小兵器ことGTOさんの登場です。

ゲームは全く終わってないわけですが(汗々)、やはり前作の続編という扱いなんですね。前作が黄巾の乱で終わったので、『真』で劉備を登場させるにはちょうどいい具合という感じでしょうか。展開の都合上、五虎将軍のほうが先に登場してますが。
ただ、劉備は登場するものの、OPを見るかぎり、あくまで主人公は関羽なんですかね。あるいは、劉備が正式に登場する次回以降、差し替えるのかな?

とりあえず、曹操と馬超が活躍してくれれば個人的には満足なので(笑)、前作からの続きとなる今回の第1話は、ちゃんと楽しめました。
『三国志演義』という意味でのキャラ付けが不要という点は、構成的には楽なのかも。話の中心となる五虎将軍+αの現状と、この作品の重要システムである「真名」を説明できただけで、第1話は充分に役目を果たしたように思います。

前作のときも感想で何度か書いたんですが、この作品の面白さは、『三国志演義』を美少女アニメにするという点でイロモノ感を出しつつも、実際のキャラクター配置やストーリー構成は非常に王道というところにあると思ってます。
単純なドタバタでもギャグ一辺倒でもない、人情味の要素をしっかりと演出しつつギャグとコメディーをバランス良く織り込んだ、「痛快娯楽時代劇」あるいは「新喜劇」なんですよね。
前作のそういった良さを潰すことなく、『真』も最後まで突っ走ってほしいです。

でまあ、OP/EDを見ると、ゲームに登場したキャラが網羅されてるんですが、実際はどこまで登場するんでしょうね。とりあえず、個人的には馬岱の登場を希望しますが。
ただ、この作品はやはり関羽と張飛が話を引っ張っていくキャラクター主体アニメだと思うので、あまりキャラ数を増やして散漫になることだけは避けてほしいと思います。とくに、1クールでキャラとストーリーの両方を追いかけ始めると、絶対に収まりませんからね。
そのへんの評価は、劉備がどういうキャラ付けで登場するかを見てから……ですかねぇ。パッと見、原作ゲームから微妙にキャラ付けを変えてきている雰囲気も見て取れたので、ちょっと期待半分不安半分ってところです。原作ゲームでの劉備はどちらかというと典型的な正統派ヒロインなので、一刀(原作ゲームの主人公)が居ない状況で、この個性的な面々を相手に、どこまでキャラクターとして成立するかはやや疑問を感じているところではあります。

真面目な話、『真』は今期一番の期待作で、前作どおりに作っていれば間違い無く面白いと思うんですが、新主人公の劉備が一番の不安材料というのが、なんとも悩ましいかぎりです。
2009.10.07 Wed l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/1886-2fe21c4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。