上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『踏み出す生徒会』

今まで気づいてませんでしたが、北海道なんですね。だから「内地」ですか。

前半のそれぞれの個性を強調した作りと、後半のあえて個性を崩しにかかった作りのコントラストが、なかなか面白かったです。とくに、知弦のキャラクターの崩しかたが楽しかったですね。キャラの崩れ具合もキャラ毎に色分けがあって面白い。

一方で、結局東京まで出向いて宿で怪談話をしただけで終わってしまった生徒会。でも、おじさんが思うに、学生時代のこういう無意味な時間の過ごし方って大事だと思います。いや、本当に。

中盤までの展開からちょっとしんみりとさせられるラストまで含めて、今回は満足度の高いエピソードでした。
2009.11.14 Sat l アニメ l コメント (0) トラックバック (2) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/1905-69eb5a6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
生徒会の一存―碧陽学園生徒会議事録〈1〉 (富士見ファンタジア文庫)(2008/01/19)葵 せきな商品詳細を見る旅は新たな自分を発見するといいますが、...
2009.11.16 Mon l 明善的な見方
生徒会の一存 第1巻 限定版 [DVD]クチコミを見る ついに碧陽学園生徒会が東京進出! 全国制覇の野望を抱きメンバーが意気揚々と向かった先は札幌駅。 あれ? 会長、千歳空港じゃないんですか? 「あんな鉄の塊が飛ぶわけないでしょ!」 そうですか。そうですよね。 今、...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。