上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『私の生徒会』

時々、この作品がどこを向いているのか、どこに行こうとしているのかわからなくなるときがあるんですが、原作が「小説」という形態を取っていることが影響してるんでしょうか。
ただ、今回のエピソードは唐突というより、今まではラスト4分だけに止まっていたシリアスパートが、エピソードの前面に出てきたことに見ている側として戸惑った……という感じですかね。実際、『私の生徒会』みたいなメッセージは、第1話から第8話に至るまでまんべんなく散りばめられていたわけで、そう考えると、作品としての方向性は全くブレてないんですよね。

知弦の過去話を除くと秋葉原vs.東池袋などお約束のネタトーク満載で、シリアスシーンではネタを一切挟まないなど、そのあたりはきちんと徹底されているあたり、オン/オフがはっきりしているので見ていて安心感があります。

しかし、こういうネタとシリアスのバランス感覚を、アニメで表現するのは難しいのかも。文章は全てイメージとして語られるけど、アニメやマンガはリアルなシーンとして見えちゃうので、根本的に演出論が違うんですよね。(そういう意味でも、『生徒会』と『らきすた』を比較する際、原作が小説と4コマ漫画という前提を無視するのはナンセンスなんですよ)
でもまあ、今のところは上手く回っていると思うので、この調子で最後まで乗り切ってもらいたいところです。
明善的な見方
ボヘミアンな京都住まい
2009.11.28 Sat l アニメ l コメント (0) トラックバック (3) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/1915-b0d4737e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『本を読もう!』 最近、ラノベすら読まなくなってますよ(汗 昔は、週に2、3冊は読んでいたのになぁ~
2009.11.29 Sun l 明善的な見方
アバンはなんかいつになく重~いスタート・・・ 知弦が杉崎を慰めている様子ですが・・・。 この後、川にかかる橋の上に佇んでいた知弦が人の気配に気づくところにシーンが切り替わって、そこからOPに入っていくのですが・・・
スギサキとチズルさんが抱き合うシーンからはじまる。何でキー君なのかとおもったら、名前が鍵だからキーくんだったのか?そして、生徒会にもどり、みんなで本を読もうということ似なる。マフユは、太宰治がbl本だという。会長は赤頭巾を呼んでた。結局原点に帰って来ると...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。