上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『炎の個人教授ランナー』

今週も、千鶴さんが素敵すぎます(笑)。
この登場のしかたといい、残していく台詞といい、出番なんてここのところほとんど無いのに、やたらキャラが立ってて存在感があるんですよねぇ。
本作は全般的に言えるんですが、キャラ立ちが明確で、脇キャラでもちゃんと存在感があるんですよね。出番が少なくても立ち位置を主張できているので、空気みたいなよくわからないキャラがほとんど居ない。そういったキャラクターデザインとキャラクター演出という面では、非常に素晴らしい出来だと思います。

で、今週の注目ポイントは、河原で凪が横から「楓」と呼びかけたとき、潤平に下の名前で呼ばれたと勘違いしてスゴく嬉しそうな表情を見せた楓でしょう。ここの楓は、最高に可愛かった!
……と私は思うんですが、世のblogを見るとそのあとの凪のインパクトが強いせいか、このシーンについて全く触れられてないんですよね……。ここはきっちり押さえて然るべきシーンだと思うんだけどなぁ~。

とまれ、楓は潤平に下着を盗られても、嫌うどころか「仕方無い」と許せてしまう域に達しており(彼女の元々の性格もありましょうが)、遊園地の件からわりとゴールは見えてきてますが、呪いの件もあるのでもう少し波乱はあるんでしょうね。

ところで、朱莉はわりかしスタンダードな戸松遥キャラなので声の判別もつきやすいんですが、琴音は微妙にわかりづらいんですよね。うーん、相変わらず多芸だなぁ~。
2009.12.04 Fri l アニメ l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/1923-edb0d412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ジュンペイがブラジャーをもってるのをカエデにみつかる。そして、カエデさん逃げていく。郵便局の仕方ないわよね、お姉さんにお年頃だものといわれる。そして、ジュンペイが家に帰ると、双子がきてた。双子、馴染んでた。ジュンペイは、二人の手をひっぱて外にいく。それ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。