上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
微妙に安定してないかなぁ~……といったところです。

VistaはSP1から使ってますが、「重い」「(とくにネットワークが)遅い」ということ以外、じつは動作そのものは安定していました。(たまにIEが止まってたんですが、あれはどの部分の問題なのかなぁ)
7はたしかに全体的に動作が軽くなってるんですが、まだ「不具合?」と思しき点がちらほらと見受けられます。

よくあるのが、普通にIEを起動したらいきなり「異常が発生したので再起動」したり(起動しただけなので、再起動も何もあったモンじゃないんですが)、(とくに32bitの古い)アプリが突然全く反応しなくなったりといった現象です。
また、Virtual PC使用時に、VistaではVGAカードが故障したとき以外に見なかったブルースクリーンが発生しました。仮想PCではなく、ホストOSの7自体が死んだんですよね。
仕事でVPNを使っていて、通常使うPCにクライアントを入れるのが嫌なので仮想PCから接続してるんですが、7と新しいVirtual PCと使用しているVPNクライアントが、非常に相性が悪いです。仮想PCもすぐブルースクリーンになるんですが、まさかホストOSまでブルースクリーンになるとは……。仕方無いので、ファイルサーバ(Xp)にVirtual PCを入れて、そこから繋いでいます。
たんにエラー(異常終了)になるだけならまだ許せますが、ブルースクリーンはちと困る……。

そういう意味では、じつはVistaのほうが古いアプリとの親和性が高かったんじゃないか……と、そのようにも感じています。7はXpモードという新しい武器を手に入れましたが、それゆえに7自体の互換性が下がったのだとしたら、ちょっと残念な感じです。
2009.12.25 Fri l PC/スマートフォン l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/1940-4db6bd09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。