上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『学園都市』

「いつの時代のかたですの!?」

台詞が挿入されたタイミング的に、アドリブかなぁ。さすがはさとみっこ(笑)。この演技が、やはり見ていて楽しいアニメです。

固法先輩は、いろいろな意味で良いなぁ。お話自体は、イマイチでしたが。
スキルアウト時代のジャンパーを着ているカットで、やたら胸を強調した作画だな……と見ていて気になってたんですが、ちゃんと演出意図があったんですね。

先週から登場のキャパシティダウンについては、前半のレベルアッパーとは対極の位置づけにある技術ですが、蛇谷の様子から見ても色々と裏がありそうな気配です。
結局、脳の演算能力に介入するという点では発想は同じに見えるので、このあたりで木山先生の活躍の場があるのかもしれませんが。あの技術を広範囲で使われたら、それはそれでたいへんでしょうし。

どうでもいいけど、やはり佐天さんの立ち位置が微妙になりつつある気が……。
明善的な見方
2010.01.28 Thu l アニメ l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿










トラックバック

トラックバック URL
http://mys.blog2.fc2.com/tb.php/1960-a0c1446e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
前回、能力者狩りを行うスキルアウトを捜査中に現れた黒妻、 今回はそんな黒妻と固法先輩、それを第三者視点でみる美琴の話。
2010.01.30 Sat l 明善的な見方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。